ゲーミングチェア選びを手助け診断ナビ

AKRacing Nitro V2をレビュー!Wolfとの違いや他モデルとの比較も解説

AKRacing Nitro V2をレビュー!Wolfとの違いも解説
AKRacing Nitro V2評価まとめ

Nitro V2はAKRacingでも人気かつ定番のPUレザー製ゲーミングチェアです。類似機種にOvertureとPro-Xがありますが、その中で価格が最も安いのがNitro V2(約4万4千円)。AKRacingの高水準な標準機能を搭載したモデルです。JIS規格の耐久性試験(8年間使用に相当)と保証期間(購入後3年)からも、安心して購入できる製品です。

メリット
  • PUレザー製で最安値
    類似モデルのOverture/Pro-Xよりも安い
  • AKRacingの標準機能を装備
    他ブランドに比べて高いAKRacingの水準
  • 耐久性と保証からの安心感
    8年使用相当のJIS試験と3年間の保証期間
デメリット
  • 他ブランドに比べると若干高い
    無名ブランドに比べるとAKRacingは高め
  • 製品選びで迷いやすい
    シリーズ間で機能やデザインに差が少ない

AKRacingは日本でも人気トップのブランドであり、耐久性や保証期間からも、信頼性が高いメーカーです。

そのAKRacingのPUレザー製ゲーミングチェアの中でコスパが高い製品がNitro V2です。

Nitro V2を徹底レビューしていくよ。

AKRacingは主要なゲーミングチェアとして5種類を展開しています。

これらのAKRacingの全般的なゲーミングチェアの種類に関してはこちらの記事「AKRacingのおすすめゲーミングチェア」で解説しているので参考にしてみてください。

本記事では、AKRacingゲーミングチェアの中でも人気のNitro V2を徹底レビューしていきます。

似た製品のPro-X V2Overtureとの違いも解説するので、参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

Nitro V2とWolf/他モデルとの違い

Nitro V2をレビュー

AKRacingのゲーミングチェアは主に5種類あります。

その中でPUレザー製で標準的なモデルNitro V2です。

PUレザーではNitroが最も安いよ。

スクロールできます
Nitro V2WolfOverturePro-X V2Premium
製品写真
特徴PUレザー製
標準モデル
ファブリック製
標準モデル
PUレザー製
ゆったりモデル
PUレザー製
上位モデル
PUレザー製
仕事向けモデル
Amazon評価 4.6点
(625件)
4.5点
(1,177件)
4.6点
(1,034件)
4.5点
(1,420件)
4.4点
(545件)
価格約4万3千円約4万円約4万6千円約5万5千円約6万円

AKRacingでは、Nitro V2やPro-X V2のように、旧モデルからバージョンアップされると名前に「V2」が付きます。

ファブリック製はWolfのみであり、PUレザー製はNitro V2をベースにOvertureとPro-X V2では機能が強化されています。

これら5機種において標準機能は同じです。

まずは主力5製品の共通点を見てみよう。

NitroとWolfとの違い
NitroとPro-Xと比較
主力5製品の共通点
  • リクライニング機能
    最大180度までリクライニング可能
  • ロッキング機能
    座面が最大12度まで沈み込む
  • ヘッドレスト・ランバーサポート
    頭と腰を支えて疲労感を軽減

AKRacingの機能・品質は他ブランドと比較しても優れており、その高水準なゲーミングチェアをNitro V2なら約4万4千円で買えます。

PUレザー製モデルで比較

  • Pro-X V2 約5万5千円
  • Overture 約4万6千円
  • Nitro V2 約4万4千円

Nitro V2と他モデル(Wolf/Overture/Pro-X)との機能の違いを解説していきます。

Nitro V2とWolfの違い

Nitro V2Wolfの違いは表面の素材のみであり、機能は全く同じです。

Nitro V2が人工皮革(ポリウレタン)、Wolfはファブリック生地(布)です。

Nitro V2の外観
NitroとWolfの外観の違い

Wolfの一部にもPUレザーが使われており、比較するとPUレザーファブリックの違いが分かります。

NitroとWolfの生地の違い

機能は全く同じですが、生地の切り返し箇所が異なり、デザインが若干異なります。

NitroとWolfのデザインの違い

以上を踏まえると、Nitro V2Wolfは生地の違いによる特性で選ぶことがおすすめです。

Wolfのレビュー記事もあるので参考にどうぞ。

素材の特性によるメリット・デメリット

Nitro V2(PUレザー製)Wolf(ファブリック製)は表面素材が異なる点が大きな違いです。

その素材の特性を知ったうえで、機種を選びましょう。

PUレザー製
ファブリック製
  • 通気性が悪い
  • 拭き掃除できる
  • ヒビ割れ・剥離
  • 通気性が良い
  • 掃除しにくい
  • 毛玉・毛羽立ち

もし蒸れやすい人にはファブリック製のWolfがおすすめです。

一方、飲み物をこぼす可能性がある場合、PUレザー製のNitroを選びましょう。

水をこぼしても拭けば大丈夫だよ。

Nitroの耐久性

ポリウレタンは汚れに強い表面素材であり、表面は水を弾きます。

素材別にゲーミングチェアの掃除も異なりますが、Nitroなら拭き掃除がしやすく、メンテナンスが簡単ですよ。

素材による寿命・耐久性の違い

Nitro V2(PUレザー製)Wolf(ファブリック製)は表面素材が異なり、寿命・耐久性も異なります。

PUレザー製
ファブリック製
  • 寿命は2~3年
  • ヒビ割れ・剥離
  • 寿命はPUレザーより長い
  • 毛玉・毛羽立ち

表面素材としてのポリウレタンの寿命は、通常2〜3年といわれています。

水分や汚れが付いた状態はポリウレタンの劣化を早めます。

PUレザーは通常2〜3年で劣化し、表面のヒビ割れや剥離が起きます。

Nitroの寿命

Wolfはファブリックとして耐久性が高いポリエステルを採用しています。

ポリエステル繊維は耐久性が高いものの、使っていると毛羽立ったり、毛玉ができます。

NitroとWolfの耐久性の違い

PUレザーとファブリックは環境や使い方次第で寿命が変わるので、定期的にゲーミングチェアを掃除しましょう。

NitroとOverture/Pro-X/Premiumとの違い

Nitro/Overture/Pro-Xの人気3モデルはデザインと機能が似ており、迷いやすいポイントです。

まず、サイズ感はNitro V2をベースにOverturePro-X V2ゆったりしたサイズになっています。

Nitroの座り心地

さらに、Pro-X4Dアームレスト厚い座面が追加機能となっています。

長時間座ってパソコン作業するならPro-X V2がおすすめです。

NitroとPro-Xの違い

Nitro/Overture/Pro-Xの違い」を詳細に比較した記事もあるので、参考にどうぞ。

Premiumは高級ゲーミングチェア

Premiumはオフィス向けのシリーズです。

AKRacing公式サイトではオフィスチェアとして表記されていますが、機能はゲーミングチェアです。

NitroとPremiumの違い

デザインをオフィス向けに仕上げているので、仕事部屋や書斎にもピッタリ。

ただ、価格が約6万円で高めの設定です。

Nitro V2の特徴(価格/身長/サイズ)

AKRacing Nitro V2の外観

\PUレザー製の人気モデル/

Nitro V2の特徴
  • AKRacingの標準性能を搭載
  • 他モデルと比べて安い(約4万4千円)
  • Pro-X V2と並ぶ人気モデル

AKRacingの標準機能を備えた定番モデルがNitro V2です。

種類の違いが分からない…どれも同じに見える…

そんな人はNitro V2を買っておけば失敗はありません!

Nitroの特徴と向いている人を解説していくよ。

Nitro V2に向いている人

AKRacingのPUレザー製の人気3モデル(Nitro/Overture/Pro-X)の機能の違いは僅差です。

一方、値段には差が出ており、Nitro V2が最安値です。

Nitroはコスパが高いよ。

  • Nitro 約4万4千円
  • Overture 約4万6千円
  • Pro-X V2 約5万5千円

特にこだわりがなく、数センチ大きめのゆったりサイズ(Overture/Pro-X)4Dアームレスト(Pro-X)に価値を感じなければ、Nitro V2がおすすめです!

もし迷ったら、定番かつ人気のNitro V2にしておきましょう。

私も最初に購入したモデルはNitro V2でした。

身長の目安(座面の高さ)

Nitro V2の座面の高さは43cmです。

昇降機能で高さを調節できるよ。

Nitro V2の身長別の選び方
機種座面の高さ
Nitro V243cm~50cm
Overture44cm~51.5cm
Pro-X V245cm~52cm

日本人男性の平均身長(170cm程度)であれば、いずれのモデルでも問題ありません。

上位機種のPro-X V2では、身長が160cm前後の場合に足裏がピッタリと床につかない可能性があります。

女性
男性
  • 膝下 平均42.9cm
    (身長 平均158.6cm)
  • 膝下 平均46.7cm
    (身長 平均170.6cm)

Nitro V2の場合には、身長が160cm前後でも問題なく座ることができます。

Nitro V2の寿命と耐久性

AKRacingは他のブランドと異なり、耐久性に対する試験[日本産業規格(JIS)]を徹底しています。

ここまで徹底しているブランドは他にないよ。

AKRacingゲーミングチェアの耐久性試験
AKRacingのJIS規格の性能試験概要

JIS規格に基づく計17種類の試験(イスの強度と耐久性試験[JISS1203]など)を実施済み。参照:AKRacing Premium

JIS規格に基づいた試験により、オフィスで8年間の使用に相当する耐久性を確認済み。

ただし、表面素材のPUレザーの耐久性は一般的に3年程度とされています。

製品が長持ちするように、定期的に掃除やメンテナンスしてあげましょう。

Nitro V2をレビュー【2年間使用】

ここではAKRacing Nitro V22年間使用してみた状態を写真付きでレビューしていきます。

テレワークが浸透する以前から、ほぼ毎日座っていたゲーミングチェアです。

2年間しっかり使ったNitroだよ。

AKRacing Nitroを2年間使用

Nitro V2を2年間使ってみて実感した点を解説していきます。

  • 汚れや破損
  • 座り心地と腰痛
  • 購入時の注意点

汚れや破損の状態

驚いたことに…2年間使用しても全く破損はありません

ただ、ナットが緩んで座面がグラグラ揺れたり、リクライニング時に軋む音が出ることはありました。

ただ、付属の六角レンチで締め直せば問題ありませんでした

購入時に付属している六角レンチは保管しておきましょう。

ゲーミングチェアの表面(ポリウレタン)は傷もなく綺麗な状態

ただ、使っていくことで腰のクッション(ランバーサポート)に深めのシワが入ったり…

AKRacing Nitroのランバーサポートの経年劣化

座る部分の側面のポリウレタン生地に汚れが付きましたが…

AKRacing Nitroの2年間使用したときの汚れ

2年間使用していれば当然の経年劣化の範囲内と感じています。

座り心地が悪くなったり、パーツが破損するといったことは一切ありませんでした。

Nitroは耐久性が高いよ!

PUレザーはメンテナンスも大事なので、定期的に掃除するようにしましょう。

ポリウレタンは熱や日光で劣化が早まります。また、水でも劣化するので、濡らした場合には乾拭きするようにしましょう。参照:ポリウレタンの劣化と安定化

座り心地と腰への負担軽減

AKRacing Nitro V2を2年間使ってみて、一番快適に感じたのはイスが原因の腰痛が軽減されたことです。

Nitroを使うまでは硬い座面のイスでお尻を痛めたり、姿勢がツラくて腰痛に悩んでいました。

特にランバーサポートが効果的だよ!

腰痛を解決してくれたNitro V2の特徴を解説します。

  • ランバーサポート(腰)
  • ヘッドレスト(頭)
  • 背もたれの角度調整

長時間のパソコン作業もゲーミングチェアのおかげで楽な姿勢で続けることができますよ。

ランバーサポート(腰)

腰をしっかり支えてくれるクッション(ランバーサポート)が腰の疲れを軽減してくれました。

AKRacing Nitroのランバーサポート

ランバーサポートはベルトで繋がっており、上下に好きな位置へ移動できます。

AKRacing Nitroのランバーサポートのベルト

座る角度や姿勢を変えても、腰のクッションも最適なポジションに移動できるは本当に助かりました。

ヘッドレスト(頭)

頭のクッション(ヘッドレスト)も楽な姿勢では効果的です。

AKRacing Nitroのヘッドレスト

イスに寄り掛かりながら作業するときに、ヘッドレストが首と肩の間にフィットします。

ひと休みするときにも、リクライニングした姿勢で頭を支えてくれて、リラックスできますよ。

背もたれとアームレスト

背もたれはリクライニングにより最大180度まで倒すことができます。

このリクライニング機能の最大角度(180度)はAKRacingの特徴です。

リクライニング角度は最大130〜160度が一般的です。

体が疲れたときに背もたれを倒し、ヘッドレストを枕にして休むことができます。

在宅ワークで少し休憩するときに便利だよ。

AKRacing Nitroの背もたれ解説

イスの高さも調整でき、自分の座りやすい高さに合わせることができます。

AKRacing Nitroの座面の高さ解説

アームレストの高さも調整できます。

AKRacing Nitroのアームレスト解説

肘をアームレストに置きながら、キーボードやマウスを使ってパソコン作業できるのは助かりますよね。

購入時の注意点

AKRacing Nitro V2はコスパが高くて、長時間座っていても疲れにくい最高のゲーミングチェアです。

ただ、購入時には注意しておきたい点もあります。

それは、デスクのサイズとの相性です。

アームレストが机にぶつからないかチェックしておこう。

AKRacing Nitroの注意点

自分はデスクを採寸して、AKRacing Nitroがデスクに収まるかどうかチェックしてから購入しました。

購入前にデスクの高さと幅の確認しておきましょう。

引き出し付きデスクの場合、引き出し部分にアームレストが接触する可能性があります。購入前に採寸しておきましょう。

Nitro V2の組み立て【購入時レビュー】

ここではAKRacing Nitro V2の組み立てをレビューしていきます。

Nitro V2のサイズ感組み立ての流れを知りたい方は参考にどうぞ。

Nitro V2はAmazonで買ったよ。

開封〜組み立て

Amazonから家に届く箱はかなり大きめです。

そして、非常に重い!!

AKRacing Nitroの購入時レビュー

箱の重量は28kgであり、サイズは高さ88.5cm×幅68cm×奥行39cmです。

宅急便の兄さんも苦労しながら玄関まで持ってきてくれました。

パーツを組み立てる必要がありますが、説明書通りに進めれば問題ありません。

AKRacing Nitroの組み立て

事前に道具を準備する必要はなく、軍手と六角レンチは同梱されています。

同梱された部品の中では座面が最も重いので注意しましょう。

全体を通して難しい組み立てではないので、30分あれば完成します。

説明書に従って進めれば問題ありません!

AKRacing Nitroの完成

2020年にNitroは「V2」として新モデルとなり、耐久性向上を図った高耐久ポリウレタン素材が採用されています。

AKRacing Nitro V2レビューのまとめ

本記事では、AKRacing Nitro V2をレビューしました。

実際に2年間使用してみた感想を写真付きで紹介しました。

Nitro V2は約4万4千円でAKRacingのPUレザー製ゲーミングチェアの中では最安値であり、耐久性も高くて大満足です。

迷ったらNitro V2を買っておこう!

AKRacing Nitroのデスク環境

2年間使っていても耐久性が抜群のNitroはコスパが最高のゲーミングチェアです。

ぜひ、AKRacingのゲーミングチェアで快適にパソコン作業しましょう!

AKRacingはシリーズ間が似ていて分かりにくいですが、本サイトを参考に自分にピッタリなゲーミングチェアを探してみてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

戻る
読みたい場所をクリック!
閉じる