お薬とファッションのレビューブログ

【バルミューダ最新作 The Light】子供の目を守る高機能な優しいライト

最近、間接照明デスクライトにハマり始めた当サイト管理人のアツポンです。

既に無印良品で2つもライトを買っているにも関わらず、照明具の最前線を追い続けたい一心で、遂に見つけました!!最新鋭のライト

その名は「BALMUDA The Light」です。

アツポン

世界から注目される日本の家電ベンチャー企業のBALMUDA(バルミューダ)社の製品や!!

バルミューダといったら、やっぱりトースターでしょう!!

バルミューダのトースターは “最高の香りと食感でパンを焼き上げる究極のトースター” とも言われ、水蒸気によるスチームと完璧な温度制御により感動のトーストが出来上がると言われています。

我が家も購入を検討しましたが、その値段と若干大きめなサイズで断念しました。

いつか欲しいな…

バルミューダ スチームオーブントースター BALMUDA The Toaster K01A-WS
BALMUDA(バルミューダ)

BALMUDA The Light の実物はどこで見れる?

本製品は2018年10月下旬に発売予定です。

しかし!!銀座松屋や新宿伊勢丹では先行展示が行われていました!

アツポン

ヨシ!仕事帰りに新宿伊勢丹でチェックや!!

ということで、新宿伊勢丹でバルミューダ新製品「BALMUDA The Light」の先行展示を見に行きました!

新宿伊勢丹5階のキッチンコーナーで「BALMUDA The Toaster」を見て、やっぱり欲しかったなぁ〜と思いながら…6階へ。新宿伊勢丹6階はキッズを中心にしたフロアです。そんなフロアの中で見つけました!!

なぜキッズフロアに「BALMUDA The Light」があるかというと、このライトは”子供たちの目を守る光”がコンセプトだからです。

子供をコンセプトにした最新鋭のライト

「BALMUDA The Light」の対象は子供であり、本製品のポイントは2つあります。

ポイント
・目線の先に影を作らない光
・自然光に近い波長の太陽光LED

実際に自分で使ってみて、確かに手元に影ができにくく、大変工夫された構造であると感じました。調べてみると、医療用の手術灯を製造するメーカーと共同開発された製品でした。

手術室の照明は、「無影灯」とも呼ばれています。手術中に血液や臓器の色の視認性を高めるために色温度が調整され、執刀医や医療スタッフの目の疲労も考慮されて作られています。

こんなライトを子供が使うなんて贅沢…(自分も使いたい!笑)

また、テーブルに座った際の大人と子供の視点の違いに着目しており、製品の企画段階から”子供”を対象とした明確なコンセプトのもとに開発されてきたことが伺えます。そこに、医学やサイエンスの根拠に基づいた納得感もあると、親の心は動かされるかもですね。

ちなみに、このライト部分を下から覗いてみると、歯医者の診察台で照らされている光景を思い出しました(笑)

来年以降もバルミューダ社から照明器具の新製品が投入予定なので、そちらも楽しみです!

まとめ

今回、以前から気になっていた家電ベンチャー企業のバルミューダ社からの新製品発表、さらには、その新製品が子供向けのライトということもあり、思わず先行展示まで行ってしまいました(笑)

BALMUDA The Light」の実物を使ってみて、企業のこだわりや社長の製品にかける思いが伝わってきました。

他にも2010年には革新的な扇風機「The GreenFan」を発売しており、そのバルミューダ社での製品開発ストーリーが今年のNHK連続テレビ小説『半分、青い。』の原案にもなっています。

アツポン

ベンチャー企業は23区内にあるイメージだけど、バルミューダ社はモノ作りを大切にしており、今も創業した地(武蔵野市)にオフィスがあるのも好感が持てるね!

【関連記事】無印良品で見つけた幼児向けライトの記事はこちら↓

持ち運びできるあかり 【持ち運びできるあかり 無印良品】子供も一緒に使えるオススメ照明