ブラックキャップで耐性ができる?抵抗性ゴキブリに効く理由も解説

ブラックキャップ耐性を解説

家庭用のゴキブリ駆除剤ではブラックキャップが最強と言われています。

ブラックキャップは抵抗性ゴキブリにも効果がありますが、ブラックキャップ自体に対する耐性も気になりませんか?

アツポン
殺虫剤と耐性化の問題はイタチごっこだよね。

ブラックキャップ耐性ゴキブリを解説

実際に、ブラックキャップの成分(フィプロニル)に対してゴキブリが耐性を獲得するメカニズムも解明されています。
参照:Gondhalekar AD, et al. 2012

本記事では、ブラックキャップがどんな耐性ゴキブリに効くのか、ブラックキャップを使うことで新たに耐性ゴキブリが発生しないのか解説していきます。

ブラックキャップと耐性

ブラックキャップで耐性ゴキブリは発生するのか?

ブラックキャップの有効成分はフィプロニルです。

ブラックキャップに対する耐性とは、すなわち有効成分のフィプロニルに対する耐性です。

耐性ゴキブリの多くはピレスロイド耐性

フィプロニルが1990年代に開発されるまでは、ゴキブリ駆除はピレスロイド系が主流でした。

ピレスロイド系は1970年代から様々なタイプが害虫に使用され、1995年にはゴキブリに特化したイミプロトリンが開発されています。

イミプロトリンを含むゴキブリ駆除スプレー

現在もゴスプレータイプの殺虫剤ではピレスロイド系が使われています。
参照:家庭用殺虫剤の製品開発動向Satoshi S, et al. 1995

ピレスロイド系
  • ゴキジェット
  • アースジェット
  • ゴキブリハンター
フィプロニル
  • ブラックキャップ
  • コンバット
  • ゴキファイタープロ

しかし、従来から使われてきたピレスロイド系耐性ゴキブリの増加が世界規模での課題となっています。

業者によるゴキブリ駆除の失敗事例でも耐性ゴキブリに起因することが増えています。

しかし、そのようなピレスロイド系に対する耐性ゴキブリにもフィプロニルは有効なんですよ。
参照:DeVries ZC, et al. 2019

アツポン
フィプロニルの作用メカニズムがピレスロイドと違うから効くんだね。
チャバネゴキブリが耐性化
大型のクロゴキブリは野生から屋内に侵入しますが、チャバネゴキブリは屋内に定着しています。ゴキブリ対策を受けて生き残ったチャバネゴキブリが耐性化していきます。参照:ゴキブリ難防除の事例

野生にブラックキャップ耐性がいる

ブラックキャップの有効成分(フィプロニル)に対する耐性ゴキブリは現時点で問題になっていません。

ブラックキャップの外観の写真

ただ、野生のゴキブリの一部ではフィプロニル耐性メカニズムを有するタイプが確認されています。

アツポン
やはり…ブラックキャップ耐性ゴキブリも存在するのか。

しかし、高濃度フィプロニル(0.05%)を使うことでそのタイプのゴキブリも倒せると考えられています。
参照:Gondhalekar AD, et al. 2012

ブラックキャップの濃度

ブラックキャップはフィプロニル0.05%を含んでおり、上記文献で報告されたタイプのゴキブリにもブラックキャップが有効です。

ただし、新たな遺伝子変異により強力なブラックキャップ耐性ゴキブリが出現する可能性もあるので注意しましょう。

アツポン
今の時点では…ブラックキャップ最強ということ。

ブラックキャップで新たに耐性化する?

ここまで説明してきたように、ブラックキャップは一通りのゴキブリに有効です。

ブラックキャップは毒エサのタイプ

では、ブラックキャップを使うことで新たに耐性化したゴキブリが発生することはあるのでしょうか?

ブラックキャップの成分であるフィプロニルはスプレータイプが存在せず、毒エサに使われる成分です。

フィプロニルはブラックキャップの毒エサに含まれる

摂取したゴキブリは24時間後に死滅するデータが示されています。
参照:ゴキブリベイト剤 殺虫剤研究班報告

殺虫剤を使用したゴキブリ駆除に失敗すると生き残った個体が耐性化したり、長い年月をかけて使われてきた成分に対して強い個体のみが増えていき、耐性ゴキブリが問題になります。

現時点ではフィプロニル耐性ゴキブリが問題にはなっていないことから、ブラックキャップの使用による新たな耐性化の懸念は少ないと思われます。

ブラックキャップが効かない場合
ブラックキャップでゴキブリが減らない場合、有効成分が効かないのではなく、毒エサの匂いが飽きられたり、周りの食材へ誘引され、そもそも毒エサを食べていない可能性があります。

まとめ:ブラックキャップと耐性

本記事ではブラックキャップがピレスロイド耐性ゴキブリに効果があること、さらにフィプロニルに対して耐性を示すタイプにも高濃度(0.05%)で効果があることを解説しました。

ブラックキャップはフィプロニルを0.05%含んでいることから、そのような耐性ゴキブリにも効果があると考えられます。

アツポン
ブラックキャップ耐性を倒すブラックキャップ…最強ですね。

その一方、安全面も考えられて設計されているので、安心して使うことができます。

犬、猫、赤ちゃんがいてもブラックキャップを使える?解説します犬や猫、赤ちゃんのいる家でブラックキャップを使う方法!注意すべき点を解説

同じ成分(フィプロニル)を含む商品にコンバットゴキファイタープロもありますが、コスパも踏まえるとブラックキャップがおすすめです。

ブラックキャップ徹底解説!ブラックキャップが最強の理由を他社製品と比較、口コミも【最強説】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です