ゲーミングチェア選びを手助け!診断ナビ

必要ない!バルクオムの乳液を解説【買わなかった理由】

メンズ化粧品で人気のバルクオムといえば、洗顔料化粧水!!

CMでも見かけるね!

でも、乳液もある…そして、値段は3,000円

ビオレやギャッツビーと比べると結構高いな。

また、バルクオムの定期購入セットも乳液があるかないかで2種類あります。

乳液が必要かどうかで、セットを選べるわけですね。

初回500円セット
初回2,380円セット
500円セット
2,380円セット
  • 洗顔料
  • 泡立てネット
  • 化粧水
  • 洗顔料
  • 泡立てネット
  • 化粧水
  • 乳液
  • 専用ボトル2つ

バルクオムをはじめて買うとき、乳液を買うべき?と悩みますよね。

結論から言うと、僕は乳液は不要であると思いました。

  • 本当に乳液はいらないの?
  • 定期購入ならどちらのセットが良い?

実際に自分も悩んだうえで購入したので、ぜひ参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

バルクオムの乳液の特徴

バルクオムの乳液の主な特徴は、ベタつかずにサラサラで保湿力が高いという点です。

  • ベタつかずにサラサラ
  • 保湿力が高い

① ベタつかない

メンズ化粧品に対する意見で多いのは「乳液のベタベタした感触」や「乳液によるテカリ」です。

自分もニベアを使っていましたが、ベタつきやテカリを感じることがありました。

バルクオムの乳液は、潤い成分をたっぷり配合しながら、ベタつきにくい保湿剤を選択しています。

また、ヒトの皮脂構造に近いスクワランオイルを使用することで、肌なじみを良く、ベタつきやテカリが最小限になっています

② 抜群の保湿力

バルクオムの乳液には天然保湿成分の「黄金まゆ」のエキスが入っています。

保湿だけでなく、皮脂膜形成の働きをするので肌をバリアしてくれます。

他にも複数の天然成分が入っており、高い保湿力を維持してくれます。

なぜ買わなかった?バルクオムの乳液

化粧水と乳液で共通成分は同じ

バルクオム製品はメインの7成分は共通成分として化粧水乳液で同じです。

保湿成分はほとんど同じだね。

バルクオムの化粧水と乳液で共通する成分が多いんです。

ただ、乳液はそもそも期待する効果が異なります。

化粧水と乳液
  • 化粧水:肌に水分を与える
  • 乳液:肌から水分を逃さない

乳液は適度に油分も含むことで、化粧水で肌に補給した水分をコーティングします。

バルクオムの特徴的な成分は化粧水で補い、コーティングする乳液は安い他ブランドでも良いと思ったわけです。

他ブランドの乳液で代用できそう

バルクオムの乳液の良さはベタつかずにテカリを抑えられる点です。

そこが気にならないなら…普通の乳液で良いと思います。

また、そもそも乳液を使わない人も結構いますよね。

僕も乳液を使わないほうです。

まずはバルクオムの洗顔料と化粧水を試してみて、良ければ乳液を使ってみましょう。

値段が高い!バルクオム

そして、なによりもネックなのがバルクオムの乳液は値段が高い!

なんと、3,000円です!

普通の感覚なら、高いですよね。

バルクオム公式サイトなら安い定期コースもありますが、それ以上に洗顔料化粧水の2点セットのほうが安い。

泡立てネットも付いて初回500円です。

まずは一番安いコースで試してみるのがおすすめです。

乳液だけ!定期購入セットの違い

バルクオム公式の定期購入には初回500円と初回2,380円の2種類があります。

主な違いは乳液専用ボトルです。

乳液があるかどうかだね。

乳液が必要かどうかで、セットを選べるわけですね。

初回500円セット
初回2,380円セット
500円セット
2,380円セット
  • 洗顔料
  • 泡立てネット
  • 化粧水
  • 洗顔料
  • 泡立てネット
  • 化粧水
  • 乳液
  • 専用ボトル2つ

試しに使うなら、まずは安いほうの初回500円セットで試してみましょう。

  • 初回購入分500円!約91%オフ!
  • お得に試せる定期コース

まとめ:バルクオムの乳液

本記事ではバルクオムの乳液を解説しました!

バルクオムの乳液は乾燥肌やテカリに悩んでいる人におすすめです。

ただ、1個3,000円で値段も高いので…

まずは試してみたいなら、初回500円の洗顔料と化粧水からはじめてみましょう。

  • 初回購入分500円!約91%オフ!
  • お得に試せる定期コース
よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!
閉じる