東京に暮らすパパのブログ

犬や猫、赤ちゃんのいる家庭でブラックキャップを使う方法!注意すべき点を解説

犬、猫、赤ちゃんがいてもブラックキャップを使える?解説します

どうも、我が家のゴキブリ駆除担当のアツポン( @Atsuponpapa)です。

などのペット、赤ちゃんがいる家庭でもゴキブリ対策にブラックキャップを使いたいですよね。

アツポン
ゴキブリがいるなら…そりゃ使って退治したいよ。

ただ、ペット赤ちゃんが口にしたら心配ですし、触って遊んでしまうのも困ります。

本記事では、ブラックキャップを使うときのペット赤ちゃんに対する対策を紹介します。

ブラックキャップを犬や猫が食べたら?赤ちゃんも心配

ブラックキャップは犬や猫、赤ちゃんがいても安全

一番心配なのは、ブラックキャップの毒エサをペットや赤ちゃんが食べてしまうことですよね。

アース製薬ではそれも想定して商品開発を行っています。

安心?ブラックキャップの成分

ブラックキャップは殺虫効果がある成分としてフィプロニルを含んでいます。

犬や猫、赤ちゃんのいる家庭でブラックキャップは使えるか?

その容器や中身をなめてしまった場合も、有効成分の含量が微量なので問題はないと考えられています。

Q. 子供やペットが触ったり、なめてしまっても大丈夫?

A. 容器を触ったり、なめた程度であれば問題ありません。有効成分のフィプロニルは非常に微量であり、また、それ以外の配合成分は、小麦粉など食品に用いられるものや食品添加物に類するものですので、なめた程度であれば問題はありません。 参照:アース製薬

万が一、食べてしまった場合には水や牛乳を飲んだ上で医療機関を受診しましょう。
参照:アース製薬 Q&A

フィプロニルの安全な量

日本では農薬としてフィプロニルが使用されており、内閣府の食品安全委員会でヒトへ影響がない無毒性量が評価されています。参照:厚生労働省 フィプロニルの残留基準

子供の誤飲防止にデナトニウム

また、コンバットゴキファイタープロにはない特徴として、ブラックキャップにはデナトニウムが配合されています。

デナトニウムは子供の誤飲防止に使われる成分であり、SDカードやNintendo switchのカートリッジにも塗布されているんですよ。

世界最強に苦いデナトニウム
ギネス認定された最強に苦い成分です。子供の誤飲防止の目的で配合されています。参照:デナトニウムの誤飲防止効果

ブラックキャップはヒトに影響がない範囲の成分含量であり、誤飲防止にデナトニウムも配合しています。

アツポン
アース製薬の安全性に対する意識を感じるね。

フィプロニルは動物用医薬品にも

フィプロニルはのノミ・マダニの駆除にも使われている成分です。

ブラックキャップと同じ成分が犬猫にも使われている

フィプロニルはノミやマダニなどの虫に強く作用し、ペットの犬や猫には安全が確認された量になっています。
参照:フロントライン

ペットや赤ちゃんには取り出せない容器構造

ブラックキャップの容器に触れると分かりますが、力を入れても分解できない構造になっています。

ペットや赤ちゃんがいてもブラックキャップは壊れくい構造で安心

さらに、毒エサも容器の中央部に配置されており、素手だけでは触れることができません。

犬や猫でも毒エサには届かない構造

ブラックキャップは有効性と安全性の両面でしっかり考えられた製品であると感じます。

犬/猫/ペットと赤ちゃん対策と工夫

安全面を考えられたブラックキャップではありますが、それでもリスクはありますよね。

アツポン
大事なペットや子供だから心配だよね。

小さな子供の手が届かない場所や犬や猫が気づきにくい場所にブラックキャップを置きましょう。

例えば、冷蔵庫と食器棚の隙間や棚の最上段など、ペットや子供の視野に入らない場所に置くのがポイントです。

両面テープを使う工夫

両面テープを使えば高い場所や側面に固定することができます。

ペットや赤ちゃん対策に両面テープの活用

試しに自分のデスクの側面にブラックキャップを付けてみます。

ブラックキャップに両面テープを付けてカスタマイズ

力強く押し付けると… エイッ!!

こんな側面にもしっかり取り付けられます!

両面テープ付きブラックキャップなら犬や猫、赤ちゃんがいても使いやすい

食器棚などの高い場所にブラックキャップを固定してしまうのも良いですよね。

ブラックキャップを高い場所に設置してペットと赤ちゃん対策

この両面テープは、我が家でコーナーガードと一緒に使っている、跡が残らないのに剥がれにくい最強の両面テープです。

赤ちゃんを守るコーナーガード/コーナークッション!跡が残らないのに剥がれにくい最強セット

屋外用ブラックキャップの活用

屋外用のブラックキャップなら容器の裏面に最初から固定テープが付属しています。

アツポン
屋外用を部屋に使うのも良いね。

ペット対策に屋外用のブラックキャップも

屋外用と屋内用の違いは、容器の耐水構造と風に耐える固定テープが付いている点です。

屋外用のブラックキャップを活用して犬や猫の対策

毒エサの成分や殺虫効果に変わりはないので、工夫して使ってみましょう。

まとめ:ペットや赤ちゃんがいる家庭でのブラックキャップ使用

本記事では犬猫や赤ちゃんがいる家庭でブラックキャップを使う場合の注意点や対策を紹介しました。

ブラックキャップの有効成分はヒトには影響しない範囲の含量であり、子供の誤飲防止にデナトニウムも配合しています。

アツポン
競合製品よりも安全面が配慮されているよ。

また、置き場所についても子供やペットの手が届かない場所にしましょう。

両面テープを使って固定してしまうのもおすすめです。

子供やペットの安全を確保しつつ、ゴキブリを退治しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です