MENU
アツポン
ゲーミングチェアに妙に詳しいブログ。ゲーミングチェアに1日12時間以上座ることも。ナイキ店舗の全国行脚が趣味。最近はスマートウォッチにもハマってます。
お洒落なゲーム部屋を作ろう!記事を見る

AKRacingゲーミング座椅子「極坐V2」をレビュー

AKRacingゲーミング座椅子 極坐V2レビュー

極坐V2は国内人気トップのAKRacingのゲーミング座椅子です。2016年に極坐を発売以降、耐久性を向上させたV2にバージョンアップして販売が続く人気製品です。JIS規格の耐久性試験(8年間使用に相当)と保証期間(購入後3年)からも、安心して購入できます。

メリット
  • 国内人気トップのAKRacing
    芸能人やYouTuberも愛用する製品
  • AKRacingの標準機能を装備
    他ブランドに比べて高い水準の機能
  • 耐久性と保証からの安心感
    8年使用相当のJIS試験と3年間の保証期間
デメリット
  • 価格がやや高い
    約4万8千円で他ブランドより高い
  • やや派手なデザイン
    メインカラーを全面に配したデザイン

AKRacingは日本でも人気トップのブランドであり、耐久性や保証期間からも、信頼性が高いメーカーです。

そのAKRacingが展開するゲーミング座椅子が「極坐V2」です

極坐V2をレビューしていくよ。

本記事の内容
  • 極坐に向いている人
  • 極坐を徹底レビュー
  • 極坐の評判・口コミ

AKRacingのゲーミングチェアはこちらの記事「AKRacingのおすすめゲーミングチェア」で解説しているので参考にしてみてください。

本記事では、AKRacingゲーミング座椅子の極坐V2を徹底レビューしていきます。

読みたい場所をクリック!

AKRacingゲーミング座椅子 極坐V2とは

ここではAKRacingゲーミング座椅子 極坐V2の特徴を徹底解説していきます。

極坐はゲーミング座椅子の定番ブランドだよ!

ゲーミング座椅子の先駆者

ゲーミング座椅子は日本だけで販売されており、海外には存在しません。

なぜなら、座椅子は日本文化が生んだオリジナルの家具だからです。

欧米はイスとテーブルの文化ですが、日本は伝統的に「畳」に座ることに由来する座敷文化です。

そのため、日本市場を重視するブランドのみがゲーミング座椅子を扱っています。

ゲーミング座椅子を扱うブランドは半々くらいだね。

GTRACINGのゲーミング座椅子
ゲーミング座椅子あり
ゲーミング座椅子なし

この中でも他社に先駆けて、2016年にAKRacingはゲーミング座椅子「極坐」を発売しました。

「極坐」はゲーミング座椅子の定番商品といえます。

高い人気と豊富な販売実績

AKRacingは日本では国内トップの人気を誇っています。

本サイトのゲーミングチェアに関するアンケート調査において第1位の人気ブランドでした。

GTRACINGやDXRACERを抑えてトップだね。

GTRACINGの人気

AKRacingはメディアの露出も多く、テレビ番組やYouTubeでも見かけることが多いですね。

こちらの番組ではゲーミング座椅子「極坐V2」を使っています。

V1とV2の違い

ゲーミング座椅子「極坐」は2016年に発売開始し、2017年にバージョンアップして「極坐V2」として現在も販売されています。

何が変わったんだろうね。

AKRacing公式サイト

AKRacingでは、極坐V2やNitro V2のように、旧モデルからバージョンアップされると名前に「V2」が付きます。

V1と V2の違いは、円形の台座(回転盤)とイス自体を繋ぐ連結部分の強化です。

座ったまま360度クルクル回転できるのが極坐の特徴ですが、その台座部分の強度が高まりました。

V1とV2の違い

極坐V2では台座の耐久性が向上しており、長く使える製品になっています。

極坐V2の特徴(価格/身長/サイズ)

\AKRacingのゲーミング座椅子/

極坐V2の特徴
  • 国内人気トップのAKRacing製
  • カラーに黒・赤・青がある
  • 価格はやや高い(4万円後半)

ゲーミング座椅子「極坐V2」は、国内人気トップのAKRacingの製品です。

ここでは、極坐V2の特徴と向いている人を解説していきます。

極坐V2に向いている人

そもそもゲーミング座椅子を扱うブランドが少なく、ブランド間で製品のデザインや機能に大きな差はありません。

ただ、極坐の赤と青のモデルはシート全面にメインカラーが配色されており、カラーリングは独自色が強めです。

また、AKRacingのブランドの特徴として耐久性の高さ・製品保証・アフターサービスもあります。

AKRacingは安心感があるよね。

AKRacingのゲーミング座椅子 極坐
極坐V2に向いている人
  • 高い耐久性や安心感を重視
    8年使用相当のJIS試験と3年間の保証期間
  • 赤色や青色が好き
    メインカラーを全面に配したデザイン
  • 購入予算が4万円後半
    極坐V2の価格は約4万8千円

AKRacingの製品全般に共通していますが、他ブランドよりも価格が高めです。

価格の高さは購入するときにデメリットに感じますが、その製品品質やアフターサービスを見ると納得できます。

ゲーミングチェアブランドの中では最長の保証期間(3年間)を設定し、お客様サポートとして電話窓口も設置。

AKRacing製ゲーミングチェアはプロ野球Jリーグのチームにも採用された実績があり、その品質の良さは確固たるものです。

極坐V2の寿命と耐久性

AKRacingは他のブランドと異なり、耐久性に対する試験[日本産業規格(JIS)]を徹底しています。

ここまで徹底しているブランドは他にないよ。

AKRacingゲーミングチェアの耐久性試験
AKRacingのJIS規格の性能試験概要

JIS規格に基づいた試験により、オフィスで8年間の使用に相当する耐久性を確認済み。

つまり、ヘタれにくく、壊れにくいゲーミングチェアであることが実証されています。

JIS規格に基づく計17種類の試験(イスの強度と耐久性試験[JISS1203]など)を実施済み。参照:AKRacing Premium

極坐V2のスペック

ここではAKRacing 極坐V2スペックをまとめます。

機能と耐久性は申し分ないよ。

\AKRacingのゲーミング座椅子/

極坐V2の特徴
  • 国内人気トップのAKRacing製
  • カラーに黒・赤・青がある
  • 価格はやや高い(4万円後半)
項目仕様
表面PUレザー製
イスの高さ99.5cm
座面幅39cm
座面奥行50.5cm
座面厚さ10cm
アームレスト高さ33.5-41.0cm
背もたれ高さ92cm
重量27kg

機能面はAKRacing製ゲーミングチェア(NitroやWolfなど)と全く同じであり、極坐V2は脚部がないだけです。

極坐V2はヘッドレスト、ランバーサポート、3Dアームレストも搭載しており、AKRacingのゲーミングチェアをそのまま座椅子にした製品となっています。

AKRacing 極坐V2をレビュー

ゲーミング座椅子の展示

AKRacingゲーミング座椅子「極坐V2」は、基本的にはゲーミングチェアとほぼ同じ機能を有しています。

ただ、座椅子に特有の注意点もあるので、ぜひ読んでみてください。

注意点は把握しておきたいね。

  • 極坐V2の基本機能
  • ゲーミング座椅子の注意点

極坐V2の基本機能

ゲーミング座椅子「極坐V2」は、ゲーミングチェアの脚部をカットした製品です。

そのため、座面の昇降機能はありません。

その他の機能はゲーミングチェアと同じだよ。

ゲーミング座椅子の機能
極坐V2の主な機能
  • ヘッドレスト
    頭部を支えるクッション
  • ランバーサポート
    腰を支えて腰痛対策になるクッション
  • リクライニング
    背もたれを倒せる機能
  • アームレスト
    高さ調整可能な肘置き

ヘッドレスト

通常のゲーミングチェアと同様にヘッドレストが付いています。

AKRacingゲーミング座椅子のヘッドレスト

背もたれに寄りかかると、首の位置にフィットして楽な姿勢になれますよ。

ランバーサポート

ゲーミングチェアのメリットの一つが腰痛対策

その腰を支えるのがランバーサポートです。

AKRacingゲーミング座椅子のランバーサポート

極坐V2にもゲーミングチェアと同じサイズのランバーサポートが付いています。

リクライニング

背もたれを倒すリクライニング機能により、休憩時にカラダを伸ばすこともできます。

リクライニングはゲーミングチェアに特徴的な機能です。

極坐V2でも仕事やゲームの合間に休憩でリクライニングを使えるので便利ですね。

アームレスト

アームレストは肘置きであり、高さ調整も可能です。

AKRacingゲーミング座椅子のアームレスト

長時間のパソコン作業ではアームレストに肘をのせることで、キーボードを打つときに安定して作業できます。

座面のクッション性

ゲーミングチェアを使うとお尻が痛くなりにくいです。

その理由は座面の厚みにあります。

AKRacingゲーミング座椅子のウレタン座面

ゲーミングチェアの座面内にはウレタンが充填されており、ベッドのように体圧を分散してくれます。

座面の回転

極坐V2の特徴として、座面が360度回転します。

座面の下に土台がついており、その土台の上でイスが回転する仕組みです。

AKRacingゲーミング座椅子のキャスターなしの土台

極坐V2の場合、カバーで覆われた土台がチェアマットの役割も果たしています。

しかし、座面が厚く、土台もあることで注意すべきことがあるので解説していきます。

要確認!ゲーミング座椅子の注意点

極坐V2に限らず、ゲーミング座椅子では注意点があります。

購入前に注意しておこう。

  • 座卓テーブルの高さを確認
  • 脚を伸ばせるスペースを確保

座卓テーブルの高さを確認

ゲーミング座椅子の最大の注意点は、座卓テーブルの高さとの関係です。

なぜなら、ゲーミング座椅子は座面に厚みがあるためにテーブルにもある程度の高さが必要です。

AKRacingゲーミング座椅子の座面の高さ

テーブルが低い場合、座ったときにテーブル下に脚を入れ込めなかったり、あぐらをかいたときに脚がテーブルにぶつかります。

そのため、使用する座卓テーブルの高さに注意しましょう。

ゲーミング座椅子の座り方

一般的なローテーブルの高さは30cm〜40cmであり、35cm以上あると安心です。

アームレスト(肘置き)とテーブルの高さが同程度だと作業しやすいので、アームレストの高さを目安に確認しましょう。

アームレストの高さ
ゲーミング座椅子のアームレストとテーブルの高さ

主なゲーミング座椅子の床からアームレストの高さをまとめました。

極坐V2のアームレストの高さは33.5cm~41.cmなので、テーブルの高さも35cm程度あると安心ですね。

テーブルの高さは35cmくらいほしいね。

脚を伸ばせるスペースを確保

ゲーミング座椅子に座る場合、座り方に2パターンあります。

  • 脚を伸ばして座る
  • あぐらをかいて座る
ゲーミング座椅子の座り方の注意点

どちらの座り方も想定し、特に脚を伸ばせる奥行きがあるかどうか、スペースを確認しておくのがおすすめです。

パソコンやモニターを設置するために十分なスペースを確保している人が多いと思いますが、念のために確認しておきましょう。

AKRacing 極坐V2の口コミ・評判

ここではTwitterからの口コミや評判を紹介します。

AKRacing極坐V2の座り心地が良いというコメントが多い傾向でした。

AKRacingゲーミング座椅子 極坐V2のまとめ

本記事ではAKRacingゲーミング座椅子「極坐V2」をレビューしました。

極坐V2は国内人気トップのAKRacing製のゲーミング座椅子であり、安心感のあるブランドです。

保証期間が他ブランドよりも長いよ。

極坐V2の特徴
  • 高い耐久性や安心感
    8年使用相当のJIS試験と3年間の保証期間
  • 赤色や青色が特徴的
    メインカラーを全面に配したデザイン
  • 価格はやや高め
    極坐V2の価格は約4万8千円

AKRacingの製品全般に共通していますが、他ブランドよりも価格が高めです。

しかし、保証期間が3年間あり、国内での販売実績も豊富です。

さらに、プロ野球やJリーグのチームがベンチシートに採用しており、品質の高さは間違いありません。

もしゲーミング座椅子が欲しくて悩んでいたら、予算が許すなら極坐V2を選べば失敗はないでしょう。

AKRacingはシリーズ間が似ていて分かりにくいですが、本サイトを参考に自分にピッタリなゲーミングチェアを探してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!