MENU
アツポン
ゲーミングチェアに妙に詳しいブログ。ゲーミングチェアに1日12時間以上座ることも。ナイキ店舗の全国行脚が趣味。最近はスマートウォッチにもハマってます。
お洒落なゲーム部屋を作ろう!記事を見る

AKRacingゲーミングチェアのおすすめを解説!機種別に比較【2022年版】

AKRacingおすすめゲーミングチェア
AKRacingゲーミングチェア

AKRacingは日本で人気トップのゲーミングチェアブランドです。DXRACERと共にゲーミングチェア黎明期を支えてきた老舗ブランド。FC東京や巨人のベンチシートに採用されるなど、その品質は高い評価を受けています。ブランド力と品質は抜群ですが、値段も高いところが購入前に悩みやすいポイントです。

Good
  • 国内で人気トップを誇る
  • 耐久性と品質の評価が高い
  • 製品保証が3年で安心
  • スポーツ界にも進出
Bad
  • 価格帯が高い
  • 製品の違いが分かりにくい

ゲーミングチェアの定番メーカーと言えばAKRacingです。

ただ、他のブランドと比較して値段が高いのがネック。

AKRacingの製品選びのコツを教えるよ。

AKRacingの中でも機能と値段のバランスがとれたおすすめモデルがNitro V2です。

もしファブリック製が良いならWolfもおすすめ。

AKRacingはシリーズ間で機能面の差が少なく、違いが分かりにくいので、本記事ではわかりやすく解説していきます。

AKRacingはいずれのモデルも評価が高いからこそ、製品選びで悩む人も多いですよね。

スクロールできます
Nitro V2WolfOverturePro-X V2Premium
製品写真
特徴PUレザー製
標準モデル
ファブリック製
標準モデル
PUレザー製
ゆったりモデル
PUレザー製
上位モデル
PUレザー製
仕事向けモデル
Amazon評価 4.6点
(625件)
4.5点
(1,177件)
4.6点
(1,034件)
4.5点
(1,420件)
4.4点
(545件)
価格約4万3千円約4万円約4万6千円約5万5千円約6万円

他ブランドも含めて目的別に厳選したおすすめゲーミングチェアを解説した記事もあるので、参考にどうぞ。

おすすめゲーミングチェア

おすすめ厳選ゲーミングチェアを解説

本記事では、AKRacingシリーズの特徴と違いを比較していくので、ぜひゲーミングチェア選びの参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

AKRacingゲーミングチェアとは?

AKRacingのおすすめゲーミングチェア

AKRacingは2000年に中国で設立されたレーシングシートの会社です。

オフィスチェアも製造しており、ゲーミングチェアも手掛けるようになりました。

AKRacingは、扬州奥凯汽车用品有限公司が展開するゲーミングチェアです。中国ではAKPlayerとして販売されています。

日本では販売代理店(テックウインド社)と2015年に契約を締結し、AKRacingとして国内進出しました。

結局、中国企業で低品質なんでしょ?

と思うかもしれませんが…AKRacingに関しては違います!

老舗のブランドだよね。

AKRacingロゴ

DXRacerと共にゲーミングチェアの黎明期を支えた2強ブランドの一つです。

特に日本では人気が高く、国内サポートがしっかりしている点がAKRacingの特徴です。

国内人気トップはAKRacing

本サイトが独自調査したアンケート結果では、ゲーマー向けのゲーミングチェア人気ランキングでAKRacingが第1位でした。

仕事や勉強に使う人も多いんだね。

ゲーミングチェア調査でAKRacingの人気がトップ

AKRacingはCMに本田翼さんを起用しており、見たことある人もいるはずです。

テレビ番組やYouTuberとも提携し、日本におけるゲーミングチェアの認知度向上に貢献してきました。

さらに、Jリーグやプロ野球のベンチシートにもAKRacingが採用され、その品質は高く評価されています。

サッカーや野球でも人気のAKRacingのおすすめゲーミングチェア

日本では、ゲーミングチェアと言えばAKRacingという状況です。

AKRacingのブランド力の高さは疑う余地がありません。

日本語サポートと3年保証で安心

AKRacingの人気は、単にテレビCMで見かけたり、YouTuberが使っているからではありません。

日本にサポートデスクがあり、保証期間も3年と長いこともポイントです。

格安ブランドだと問い合わせも苦労するからね…

ゲーミングチェアは様々なブランドが乱立しており、その多くは日本国内に問い合わせ窓口がありません。

そのため、トラブルも頻発しています。

AKRacingのサポートデスク

AKRacingなら国内で日本語サポートデスク・修理案内(テックウインド社)があり、親切に対応してもらえます。

AKRacingの問い合わせサポート

さらに、製品保証は3年間

実際にAKRacingで交換した事例でも評判が良く、安心できますよね。

保証期間は購入後3年間です。ただし、張地の摩耗・劣化、昇降機構の故障は1年間の保証です。参照:AKRacing製品保証規定

品質は高いが値段も高い

高品質なAKRacingゲーミングチェア

ゲーミングチェアにおける品質とは何か?

というと、個人的には座り心地耐久性であると考えています。

見た目では分かりづらいポイントですが、解説していきます。

座り心地と耐久性

ゲーミングチェアの内側にはウレタンが充填されており、それが座り心地に直結します。

安価な無名ブランドを購入すると、中身がスカスカでクッション性が低く、お尻が痛くなりますよね。

例えば、IKEAからゲーミングチェアが登場し、話題になったことがありました。

しかし、実際に確認してみると、ウレタンが少なく、特に側面はスカスカ。

骨格の金属パイプを触れたよ…

AKRacingゲーミングチェアを比較
写真:IKEAのゲーミングチェア

その一方、AKRacingは側面まで高密度なウレタンが充填されています。

見た目で厚みが違うのが分かるね!

AKRacingゲーミングチェアのほうが厚みがある
写真:AKRacing Pro-X

AKRacingの座面と背面のクッション性は高く、ヘタレにくいことからも、座り心地と耐久性が良いと言えます。

さらに、AKRacingでは日本産業規格(JIS)に基づいて耐久性試験も実施済みです。

ここまで徹底しているブランドは他にないよ。

AKRacingゲーミングチェアの耐久性試験
AKRacingのJIS規格の性能試験概要

JIS規格に基づいた試験により、オフィスで8年間の使用に相当する耐久性が確認されています。

JIS規格に基づく計17種類の試験(イスの強度と耐久性試験[JISS1203]など)を実施済み。参照:AKRacing Premium

品質だけでなく値段も高い

AKRacingの場合、品質が高く、値段も高いです。

同様な機能を有する標準モデルで他ブランドと比較すると、AKRacingが最も高いブランドと言えます。

安かろう悪かろうだしね…AKRacingがおすすめだよ。

標準モデルで比較

  • AKracing Nitro 4万5千円
  • DXRACER Formula 4万円
  • GTracing GT002 1万8千円

ただ、どんな商品もそうですが、値段が安いものは、それ相応の品質です。

少しでも良い製品が欲しいのであれば、AKRacingを購入しておけば失敗はありません。

自分も最初に購入したゲーミングチェアはAKRacing Nitroであり、大満足でした。

AKRacingゲーミングチェアを機種別に比較

AKRacingのおすすめゲーミングチェアを解説

AKRacingゲーミングチェアには計6種類あります。

一見、どれも似た製品に見えますが、微妙に機能や外観が異なります。

おすすめの選び方は、通気性を求めるならファブリック製のWolf、レザーが良いならNitro V2です。

さらに、仕事部屋や書斎で使いたいなら、奮発してPremiumもおすすめ。

そんなAKRacingが発売しているゲーミングチェアは種類が多いので比較解説していきます。

知りたい製品をクリックしてみてね。

AKRacingゲーミングチェアの選び方
  • Wolf:約4万円
    ファブリックの標準タイプ
  • Nitro V2:約4万5千円
    PUレザーの標準タイプ
  • Overture:約4万5千円
    ゆったりで大きめサイズ
  • Pro-X V2:約5万5千円
    座り心地も機能もハイエンド
  • Premium:約6万円
    オフィス向け製品でテレワークにも
  • 極坐V2:約4万円
    座椅子タイプのゲーミングチェア

AKRacingの製品では従来版が改良された場合、名称にV2と付ける傾向があります。

Wolf|通気性が良いファブリック製

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのwolf
写真:AKRacing Wolf

WolfはAKRacingの中で唯一のファブリック製(布製)のゲーミングチェアです。

布と言っても、ポリエステル繊維なので、サラッとした肌触り。

通気性が良いのが特徴だね。

Wolfの表面素材ファブリック
写真:AKRacing Wolf

さらに、AKRacingの中でも最も値段が安いゲーミングチェア(約4万円)です。

安いですが、機能面で上位モデルに劣る点はほとんどありません。

ゲーミングチェアとして基本的な機能は全て搭載した製品です。

ファブリックは通気性が良いですが、掃除がしにくいというデメリットもあります。

AKRacingのおすすめWolfゲーミングチェア
  • AKRacingの中では最安値(約4万円)
  • 通気性が良い(蒸れにくい)
  • ファブリックは掃除しにくい

ファブリック製でゲーミングチェアを探しているなら、AKRaciing Wolfがおすすめですよ。

Nitro V2|コスパが高い一番人気

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのNitro V2
写真:AKRacing Nitro V2

AKRacingでポリウレタン(PU)レザーを採用した標準的なモデルがNitro V2です。

AKRacingのPUレザー製としてはNitro V2が最下位モデルですが、上位モデルに機能で劣るわけではありません。

初めて買うならNitro V2がおすすめだよ。

AKRacingのNitroの解説
写真:AKRacing Nitro V2

正直、AKRacingの上位モデル(Pro-XやPREMIUM)は革新的な機能が付いているわけでなく…

例えば、上位モデルではアームレストが色んな方向に動いたり、デザインがオフィス向きというくらいです。

Nitro V2は、AKRacingのPUレザー製ゲーミングチェアの中では最もコスパが高い製品です(約4万5千円)。

また、PUレザーは汚れても拭き取ることができるので、手入れしやすいという特徴があります。

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのNitro
  • AKRacingの標準機能を装備
  • 他モデルに比べて比較的安い(約4万4千円)
  • 特になし

もし製品選びで迷っているなら、Nitro V2を選びましょう。

筆者も初めて購入したゲーミングチェアはNitroでした。

Overture|ゆったり大きめサイズ

AKRacingのおすすめOveretureゲーミングチェア
写真:AKRacing Overture

Nitro V2よりも大きめサイズで設計されたゲーミングチェアがOvertureです。

ゆったりしたサイズ感なんだね。

AKRacingのOvertureを解説
写真:AKRacing Overture

そのサイズはNitoro V2よりも数センチずつ大きいのが特徴です。

OvertureNitro V2
イスの高さ129-136cm125-132cm
背もたれの高さ95cm92cm
座面の幅39cm37cm

なお、定価はOvertureのほうがNitroより高いですが、Amazonの実勢価格は大きく変わりません(どちらも約4万5千円)。

高身長な人、ゆったりめが好みの人はOvertureを選んでみましょう。

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのOverture
  • Nitroよりもゆったりなサイズ
  • 色の種類に黒・紫・ピンクがある(Nitroにない)
  • Nitroより価格が高い(2千円程度)

AKRacingの中でも、OvertureとNitroは非常に似たシリーズであり、機能面に差がありません。

PRO-X V2|ゲーマー向け最上位モデル

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのPro-X V2
写真:AKRacing Pro-X

AKRacingのゲーミングチェアの中では最上位モデルがPRO-X V2です。

Nitro V2やOvertureとの主な違いは以下3点です。

  • 4Dアームレスト
    高さに加えて、前後・左右・回転が可能
  • 座面が厚い
    Nitro&Overtureよりも3cm厚い
  • 5本脚ベースがカラフル
    ベース部分がメインカラーと同じ

逆に言えば、PRO-X V2の違いはこの程度です。

この違いで価格がNitroやOvertureより約1万5千円も高く、割高感が若干あります…

AKRacingのおすすめのPro-X V2ゲーミングチェア
  • 他モデルより座面が厚く、座り心地はNo.1
  • 4Dアームレスト(縦・横・斜め・上下に動く)
  • Overtureと同じサイズでゆったりめ
  • 値段がやや高い

AKRacingの中でPro-X V2はゲーマー向けの最上位機種という位置付けです。

ただ、個人的にはNitro V2で十分であると感じています。

PREMIUM|仕事向けオフィスチェア

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのPREMIUM
写真:AKRacing PREMIUM

AKRacingのオフィスチェアがPREMIUMです。

メーカーとしてはオフィスチェアと謳っていますが、要するに、落ち着いたデザインのゲーミングチェアです。

  • 落ち着いたデザイン
    黒を基調としてスタイリッシュ
  • 表面にカーボンレザーを使用
    高い耐久性かつ高級な質感
  • チルト機能
    座面の沈み込み、固定可能

他モデルもロッキング機能で最大12度まで座面が沈み込みますが、PREMIUMは同様に沈み込んだうえで、その位置で固定できます(チルト機能)。

PREMIUMはAKRacingの中でチルト機能が唯一搭載されたモデルです。

座面が沈み込んだ角度で固定(チルト機能)することが可能ですが、他モデルとの機能の違いはこの点のみです。

PREMIUMはハイエンドモデルの位置付けですが、機能よりも、デザイン性を高めたことが特徴のように感じます。

AKRacingのおすすめのPremiumゲーミングチェア
  • ビジネス向けなデザイン
  • チルト機能を搭載
  • 値段が高い(約6万円)

PREMIUMの価格は約6万円であり、上位シリーズになると機能がアップする以上に値段もアップします(個人的感想)。

ただ、書斎に溶け込むPREMIUMのデザインは秀逸であり、テレワークに使うにはピッタリです。

極坐 V2|日本の座敷文化

AKRacingのおすすめゲーミングチェアの極坐
写真:AKRacing 極坐

AKRacingのゲーミング座椅子が極坐V2です。

極坐は2016年に発売開始し、耐久性を向上させたV2へバージョンアップし、現在も販売が続く人気商品。

ゲーミングチェアの脚部を外したような形状であり、ランバーサポートヘッドレストも付いています。

座椅子の土台は360度回転するので、方向転換できる点が便利ですよ。

AKRacingの注意点

AKRacingのおすすめゲーミングチェアの注意点

ここではAKRacingのゲーミングチェア選びの注意点を解説していきます。

購入前に、ぜひ読んでみてください。

AKRacingの特徴も分かるよ。

値段は?やや高め

AKRacingのゲーミングチェアは価格帯は高めの設定です。

実店舗で見ても、AKRacingは価格が高いよね。

AKRacingのおすすめゲーミングチェアの値段

似たデザインで同一機能を持つ他ブランドと比較すると、AKRacingの値段の高さが分かります。

標準モデルで比較

  • AKracing Nitro 約4万5千円
  • DXRACER Formula 約4万円
  • GTRACING GT002 約1万8千円

しかし、座り心地や耐久性を求めるなら、AKRacingを選んでおけば間違いありません。

製品保証(3年間)やアフターサービスも考慮すると、AKRacingを選ぶのが無難です。

耐久性は?へたることも

ゲーミングチェアの寿命は3〜5年とされています。

実際に私がAKRacing Nitroを使ったところ、3年目になると座面のヘタリが気になりました。

AKRacingゲーミングチェアの耐久性

表面のPUレザーにもヒビ割れが入ってきたり…

AKRacingゲーミングチェアの劣化

使用頻度にもよりますが、私の場合は毎日座ってパソコンで作業していました。

3年間で買い替えたとしても、座り心地が良く、仕事に集中でき、AKRacingを購入して良かったと感じています。

格安ブランドの耐久性の実情…

表面のPUレザーは3年程度で劣化がみられます。

しかし、格安ゲーミングチェアの場合はそもそもの骨格やパーツが壊れる事例が散見されます。

AKRacingは日本産業規格(JIS)の耐久性試験を実施済みであり、オフィスで8年間使用に相当する耐久性が確認されています。

やはり、格安ゲーミングチェアよりは、AKRacingのほうが結果的にコスパが高いと言えそうです。

違いは?Nitro/Overture/Pro-Xが似過ぎ

AKRacingのゲーミングチェアには複数のシリーズがあります。

しかし、そのシリーズ間で機能面の差が少なく、違いが分かりづらい傾向があります…

特にNitroOverturePro-Xは非常に似ており、どれを買うべきが悩む人も多いはず。

AKRacingのゲーミングチェアの違い
写真左:Pro-X V2、写真右:Nitro V2

結論として、私のおすすめはNitroです。

なぜなら、AKRacingは上位モデルになっても機能の差が少ない割に、値段が跳ね上がり、割高感があるためです。

僕も最初はNitroを買ったよ。

  • Nitro 4万4千円
  • Overture 4万6千円
  • Pro-X 5万5千円
  • Premium 6万円

AKRacingの中で機能と値段のバランスが良く、コスパが良いゲーミングチェアがNitroです。

私も初めて購入したゲーミングチェアはAKRacing Nitroでした。

AKRacingのおすすめゲーミングチェアの比較 まとめ

AKRacingのおすすめゲーミングチェアのゲーム部屋

本記事ではAKRacingのおすすめゲーミングチェアを徹底比較しました。

AKRacingは価格が高いですが、そのブランド力品質・安心感は抜群です。

ゲーミングチェアと言えば、AKRacingだね!

ゲーミングチェアとしては珍しく、日本産業規格(JIS)の試験を実施済みであり、オフィスで8年間使用に相当する耐久性が確認されています。

さらに、製品保証が3年間、問い合わせ窓口も日本語なので安心です。

値段はやや高いですが、良い製品を買いたいならAKRacingを買えば間違いありません。

おすすめはコスパが良いNitro V2、ファブリックならWolfを選びましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!