Amazonブラックフライデーが開催中セール品を見る

ドン・キホーテにゲーミングチェアがある!スワゲーも徹底解説

本記事ではドン・キホーテのゲーミングチェアゲーミング座椅子「スワゲー」を解説します。

特にスワゲーはドンキ独自商品であり、テレビ番組でも取り上げられています。

任天堂っぽい配色カラーだね。

ドンキのゲーミングチェア

本記事では実際にドンキで扱われているゲーミングチェアの種類、さらに独自製品「スワゲー」を解説していきます。

読みたい場所をクリック!

ドンキのゲーミングチェア

ドンキでゲーミングチェアを探す

ここではドン・キホーテが扱うゲーミングチェアの種類を解説していきます。

ドンキの場合、店舗によって品揃えが結構異なるので注意してください。

ただ、間違いなく、独自商品の「スワゲー」はあるはずです。

ゲーミング座椅子 スワゲー

ドンキの主力製品のイスと言えば、スワゲーです。

ほぼ全店舗でスワゲーを扱っています。

ゲームに特化した座椅子だね。

ドンキのゲーミングチェアであるスワゲー
スワゲー
  • ブランド名:スワゲー/スワゲーPRO
  • 表面素材:ポリエステル
  • クッション材:ウレタンフォーム
  • 販売価格:約4千円〜約5千円
  • 発売元:PPIH

スワゲーは人気商品でテレビでも取り上げられることが多い製品です。

イスのコーナーでは、スワゲーが堂々と展示されています。

ドンキのスワゲーの展示

スワゲーとスワゲーPROの主な違いは360度回転するかどうかです。

そのため、スワゲーPROの台座には回転するための土台が付いています。

スワゲーの360度回転する座面

スワゲーを詳しく知りたい人はこちら「スワゲーを徹底解説」を読んでみてください。

ちなみに、スワゲーは本来のゲーミング座椅子とは構造が異なっています

一般的なゲーミング座椅子を買いたい人はこちらの記事を参考にしてみてください。

本格派ゲーミングチェア

ドン・キホーテではスワゲー以外にも、通常のゲーミングチェアも扱っています。

ただ、ゲーミングチェアを扱う店舗は限定的なので注意してください。

メガドンキのような大規模店で扱っているよ。

DG REVOLUTION

DG REVOLUTIONはドン・キホーテの西日本エリアで先行発売を開始した商品です。

標準的なゲーミングチェアの機能を備えており、約2万円の価格はお手頃です。

180度までリクライニングするんだね。

ドンキのゲーミングチェアのRG REVOLUTION
DG REVOLUTION

実際にドン・キホーテの店舗で展示されています。

主な仕様は、本体サイズが72(幅)×125(高さ)×69(奥行)cm、重量が約22.5kg。耐荷重が200kg。座面の高さは昇降可能。

その他のゲーミングチェア

ドン・キホーテでは店舗によって他にもゲーミングチェアを扱っています。

大型の家電量販店でも扱っていないようなブランドを扱っていることもあるので、ぜひ見てみましょう。

noblechairs

ドンキのなかにはnoblechairsを扱っている店舗があります。

仕事部屋にピッタリなゲーミングチェアだね。

noblechairsはドイツのブランドであり、硬めの座り心地が特徴のゲーミングチェアです。

本ブログでもレビュー記事を書いているので参考にどうぞ。

Razer Iskur

さらに、専門店でも取り扱いが限られているRazer Iskurを扱っているドンキもあります。

Razer Iskurの実物を見れるのは珍しいね。

Razerはゲーミングデバイスを扱うブランドであり、鮮やかな蛍光グリーンがブランドカラー。

Razerファンには欠かせないゲーミングチェアです。

ドンキで買うならAmazonがおすすめ

もし低価格なゲーミングチェアを探している場合は、GTRACINGがおすすめです。

ドンキの店舗で購入する場合、持ち帰りが大変であり、難しい場合は配送になります。

それなら、最初からAmazonでコスパの良い製品を選んでみましょう。

GTRACINGは販売実績も豊富でおすすめだよ。

スワゲーを徹底解説

ドンキの独自ゲーミングチェアのスワゲー

ドンキのゲーミングチェアと言えば、スワゲーです。

厳密にはゲーミング座椅子に分類されます。

変形できる座椅子だね!

スワゲーの特徴

スワゲーはドンキの主力商品であり、ドンキ公式YouTubeでも紹介されています。

スワゲーの発売元は、ドン・キホーテを運営する親会社(PPIH)です。

スワゲーの種類

主にスワゲースワゲーPROの2種類です。

ゲームを意識したデザインであり、スワゲーはパックマンとのコラボ商品で話題になりました。

パックマンとコラボしたスワゲー

さらに、その上位モデルのスワゲーPROは完全に任天堂を意識したデザインです。

可愛いカラーリングだね!

スワゲーとスワゲーPRO
スワゲーPROのカラー展開
  • ファミコン
  • スーパーファミコン
  • ニンテンドースイッチ

スワゲーとスワゲーPROの違い

スワゲーとスワゲーPROの違いは、座面の回転スマホ固定スタンドです。

スワゲーとスワゲーPROの違い
スワゲーPROの追加機能
  • 座面の360度回転
  • スマホ固定スタンド

カラー展開は、スワゲーよりもスワゲーPROのほうが可愛い色が揃っています。

ニンテンドースイッチのカラーは可愛いね。

スワゲーのレビュー

座椅子の底には360回転するための土台がついています。

スワゲーPROのレビュー(座面)

さらに、スマホ固定スタンドも付いており、スマホでゲームする人にはピッタリの仕様です。

スワゲーPROのスマホスタンド

スマホでゲームする人にはスワゲーPROがおすすめです。

ドンキの店舗に行かなくても、楽天市場で購入できますよ。


スワゲーPROの主な仕様は、本体サイズが47(幅)×47~56(奥行)×高さ25~61cmであり、座面の高さは15.5cm。表面素材はポリエステルです。

まとめ ドンキのゲーミングチェア

本記事ではドン・キホーテのゲーミングチェアを解説しました!

ドンキではゲーミングチェア「RG REVOLUTION」を中心に、店舗によってはnoblechairsやRazer Iskurなども扱っています。

ゲーミングチェアを探すならメガドンキが良いね。

ドンキ独自製品のゲーミング座椅子「スワゲー」も展開しており、スマホでゲームする人にはピッタリの製品です。

楽天で購入することができるので、気になったらぜひ見てみてください。


よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

戻る
読みたい場所をクリック!
閉じる