MENU
アツポン
ゲーミングチェアに妙に詳しいブログ。ゲーミングチェアに1日12時間以上座ることも。ナイキ店舗の全国行脚が趣味。最近はスマートウォッチにもハマってます。
お洒落なゲーム部屋を作ろう!記事を見る

DX-11をレビュー!DXRacerの高撥水ファブリック製ゲーミングチェアを解説

DX-11をレビュー
DXRacer DX-11レビューまとめ

DX-11はDXRacerの中でも低価格と高機能を両立したゲーミングチェアです。DX-11の特徴は、4万円という価格ながら、撥水加工を施したファブリック生地や3Dアームレストを採用し、コストパフォーマンスが高い点です。同価格帯のAKRacin Wolf(ファブリック製)よりも機能が優れた製品に仕上がっています。

メリット
  • 高撥水ファブリック生地を採用
    布生地の弱点を撥水加工で克服
  • 3Dアームレストを搭載
    昇降・前後・左右首振りが可能
  • 抑えめな価格設定(4万円)
    AKRacing Wolfよりもコスパが良い
デメリット
  • カラー展開が少なめ
    2021年時点では2色(青・赤)のみ

DXRacerは世界で初めてゲーミングチェアを発売した老舗ブランドです。

そのDXRacerのフォーミュラシリーズの中でも最も高機能な製品がDX-11

価格が最も安いDXR(3万円)の人気に隠れがちですが、機能コスパではDX-11も負けていません。

DXRやDXZとの違いも含めてレビューしていくよ。

DXRacerのフォーミュラシリーズは3種類の製品で構成されています。

スクロールできます
DXRDX-11DXZ
製品写真
特徴ファブリック製
標準モデル
高撥水ファブリック
標準モデル
PUレザー製
標準モデル
Amazon
評価
4.4点
(1,316件)
4.3点
(231件)
4.4点
(316件)
価格約3万円約4万円約4万円

DXRACERは他にも数多くゲーミングチェアを扱っています。

全シリーズのDXRACERゲーミングチェアの比較はこちらの記事「DXRACERのおすすめゲーミングチェア」で解説しているので、参考にしてみてください。

本記事では、DXRacerゲーミングチェアの中でも高機能なDX-11をレビューしていきます。

似た製品のDXRDXZとの違いも解説するので、参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

DX-11と他のフォーミュラ製品との違い

DXRacerのDX-11をレビュー

DXRacerの主力製品であるフォーミュラシリーズには3機種(DXR/DXZ/DX-11)があります。

DX-11はフォーミュラシリーズの中で最も高機能な製品ですが、ベースとなる機能は3機種で共通しています。

まずは共通点を見てみよう。

DXRとDXZとDX-11の外観
DXR/DXZ/DX-11の共通点
  • ヘッドレスト・ランバーサポート
    頭と腰を支えて疲労感を軽減
  • リクライニング機能
    最大135度までリクライニング可能
  • ロッキング機能
    ゆりかごモードで座面が沈み込む
  • アームレスト
    DXR/DXZは2D、DX-11は3D

DXRacerの機能・品質は他ブランドと比較しても優れており、その中でも高機能なゲーミングチェアをDX-11なら約4万円で買えます。

DX-11は機能の割に値段が抑えられているよ!

DXRacer主力機種で比較

  • DXR 約3万円
  • DXZ/DX-11 約4万円
  • Driftingシリーズ 約5万円

DX-11はDXR/DXZよりも機能面で優れているものの、価格はDXZと同じ約4万円という手頃感。

それでは、DX-11と他モデル(DXR/DXZ)との違いを比較しながら、解説していきます。

DXRとの違い

DX-11とDXRはファブリック製という点で共通しています。

しかし、DX-11撥水加工を施した高撥水ファブリックを採用しています。

DX-11とDXRの違いをレビュー

他にも3Dアームレストなどの機能面も強化されており、DX-11の優れている点は以下のとおりです。

DX-11の特徴をレビュー
DXR
DX-11
  • ファブリック製
  • 2Dアームレスト
  • 樹脂製の脚部
  • 高撥水ファブリック製
  • 3Dアームレスト
  • アルミ製の脚部

DXRのアームレストは昇降のみですが、DX-11は前後・左右首振りにも対応しています。

また、DX-11の脚部は丈夫なアルミ製です。

DXRDX-11を選ぶポイントは、購入予算で選ぶと良いでしょう。

予算が3万円ならDXR、予算を4万円まで出せるのであれば機能が強化されたDX-11がおすすめです。

DXZとの違い

DXRDXZ機能が同一であり、表面素材(ファブリック/PUレザー)のみが異なります。

そのため、DX-11DXZの機能差は「DX-11とDXRとの違い」で解説した内容と同じです。

DXZはPUレザー製なので掃除しやすいメリットがあります。

PUレザーなら水拭きできるね。

DX-11とDXZの違いをレビュー
PUレザー生地
ファブリック生地
  • 通気性が悪い
  • 拭き掃除できる
  • ヒビ割れ・剥離
  • 通気性が良い
  • 掃除しにくい
  • 毛玉・毛羽立ち

DX-11は撥水加工された高撥水ファブリック生地を採用しているので、飲み物をこぼした場合でも拭き取ることが可能です。

ただ、DX-11の普段の手入れは布製品として扱ってください。

もしPUレザーが好みの場合には、フォーミュラシリーズならDXZを選びましょう。

DX-11をレビュー(価格/サイズ/身長)

DX-11ゲーミングチェア

\高撥水のファブリック素材/

DX-11の特徴
  • 良いとこ取りの高撥水ファブリック
  • アームレストが3Dで動く
  • 高機能なのに値段抑えめ(約4万円)

DX-11はフォーミュラシリーズで最も高機能なゲーミングチェアです。

高撥水ファブリックを採用しており、ファブリック生地の弱点である水の浸み込みを防ぐことが可能です。

高撥水だから飲み物をこぼしても安心だね!

DX-11とDXRとDXZを比較レビュー
フォーミュラシリーズの表面素材
  • DXR/ファブリック
    通気性が良好なファブリック
  • DXZ/PUレザー
    ゲーミングチェアとして定番のPUレザー
  • DX-11/高撥水ファブリック
    撥水加工を施したファブリック

撥水性の生地に水を垂らした場合、水滴がコロコロと玉状になって水を弾きます。

DX-11高撥水ファブリックを採用し、さらに3Dアームレストアルミ製の脚部で機能と耐久性が強化されています。

その強化モデルが約4万円という価格で購入できるのは魅力的です。

DX-11の特徴と向いている人を解説していくよ。

DX-11に向いている人

DX-11の外観をレビュー

まず、もしPUレザー生地でゲーミングチェアを探している人がいたらDXZを選びましょう。

表面素材で悩んでいる場合、蒸れにくさ通気性の良さを求めるならファブリック生地がおすすめです。

長時間座ることを考えると、通気性が良いほうがイイね。

DX-11は布地の欠点を克服した高撥水ファブリックを採用し、弱点が少ないファブリック製ゲーミングチェアに仕上がっています。

さらに、3Dアームレストアルミ製の脚部を採用し、長時間作業でも疲れにくく、耐久性も向上しています。

それでいて4万円という抑えめな価格設定であり、DX-11コストパフォーマンスに優れた製品です。

DX-11はコスパが高いよ!

もしDXRacerで製品選びに迷ったら、予算が4万円まで許すのであればDX-11を買えば失敗はありません。

AKRacing Wolfとの比較検証

DX-11とAKRacing Wolfをレビュー

AKRacingでは唯一のファブリック製ゲーミングチェアのWolfがあります。

Wolfも販売価格は約4万円であり、DXRacer DX-11とほぼ同じ値段です。

同じ値段なのにDX-11のほうが高機能だね!

DX-11とAKRacing Wolfの違い
DXRacer DX-11
AKRacing Wolf
  • 高撥水ファブリック
  • 3Dアームレスト
  • リクライニング 135°
  • アルミ製の脚部
  • 通常のファブリック
  • 2Dアームレスト
  • リクライニング 180°
  • 金属製の脚部

DX-11はAKRacing Wolfに比べて、表面生地の撥水性に加えてアームレストの機能でも優れています。

特にアームレストの左右首振り(回転)は、パソコン作業でキーボードやマウスを使うときに、肘から前腕部をアームレストに置いたまま作業できて便利です。

DX-11のアームレストをレビュー

ちょうどハの字にすると、キーボード使用時の腕の位置にピッタリきます。

3Dアームレストの活用

これが非常に快適なんです。

3Dアームレストが付いているDX-11は長時間パソコンに向き合う人にはピッタリの製品です。

身長の目安(座面の高さ)

DX-11の座面の高さは42cmです。

昇降機能で高さを調節できるよ。

DX-11を身長でレビュー
機種座面の高さ
DXR41cm~51cm
DXZ/DX-1142cm~52cm
Driftingシリーズ43cm~52cm
Kingシリーズ48cm~53cm

日本人男性の平均身長(170cm程度)であれば、いずれのモデルでも問題ありません。

身長が160cm前後の場合には、Kingシリーズでは足裏がピッタリと床につかない可能性が高いです。

女性
男性
  • 膝下 平均42.9cm
    (身長 平均158.6cm)
  • 膝下 平均46.7cm
    (身長 平均170.6cm)

DX-11の場合には、身長が160cm前後でも問題なく座ることができます。

DX-11の寿命と耐久性

一般的に、丈夫なゲーミングチェアであれば少なくとも3年程度は使えます。

ゲーミングチェアの寿命の目安は骨格パーツ耐久性です。

ただし、表面素材はメンテナンス次第で3年未満でも劣化が目立つことがあります。

定期的に掃除してあげないとね。

PUレザーの劣化
ファブリックの劣化
  • シワ・ヒビ割れ
  • 表面の剥離
  • 毛羽立ち・毛玉
  • シミ・色の沈着

DXRはファブリック生地なので、擦れやすい部分は毛羽立ち・毛玉ができることがあります。

DX-11の劣化をレビュー

ホコリ取りを目的としてコロコロをやり過ぎると毛羽立ちやすいので注意です。

ファブリック生地の経年劣化は対応方法もあるので、紹介していきます。

毛玉・毛羽立ちの対処

毛玉や毛羽立ちができた場合、毛玉取り器を使えば綺麗になります。

セーターなどの服にも使えるので、一つ持っていれば便利ですよ。

僕もテスコム製の電動毛玉取り器を持っているよ。

DX-11の仕様・スペック

ここではフォーミュラシリーズ DX-11スペック(サイズ・重量)をまとめます。

DXRacerでも高機能な製品だよ!

DX-11ゲーミングチェア

\高撥水のファブリック素材/

DX-11の特徴
  • 良いとこ取りの高撥水ファブリック
  • アームレストが3Dで動く
  • 高機能なのに値段抑えめ(約4万円)
項目仕様
表面高撥水ファブリック製
座面幅38cm
座面奥行44cm
座面高42-52cm
座面厚さ10cm
背もたれ高さ84cm
重量24kg

DX-11の口コミ・評判

DXRacerフォーミュラシリーズのDX-11はAmazonレビューでも高い評価です。

実際に購入者の感想をTwitterから集めてみました。

DX-11は満足度が高い製品だね!

https://twitter.com/tatsuya_ogikari/status/1188434253152845824

【本サイト限定】割引クーポンを紹介

本サイト限定でDXRACERクーポンを発行して頂いています。

DXRACER公式オンラインストアの全商品が対象!お得に買い物できますよ。

ぜひクーポンを使ってみてね。

\全商品にクーポンが使えるよ!/

本サイト限定 DXRACERクーポン

gamingchairgeek

  • 販売価格から5%割引!
    50,000円の商品なら2,500円引き!
  • 公式ストアの全商品が対象!
  • セール商品にも適用可能!

クーポンコードをDXRACER公式ストアで入力するだけ!以下のCopyボタンを押すと簡単にコピペできます。

gamingchairgeek

Copy

DXRacer DX-11レビューのまとめ

本記事ではDXRaceのDX-11をレビューしました。

DX-11の特徴は、布の弱点を克服した高撥水ファブリックを採用し、3Dアームレストも搭載した高機能ゲーミングチェアという点です。

フォーミュラシリーズの中でDX-11はコスパが高く、同じく人気ブランドのAKRacing Wolfよりも機能面で優れています。

予算が4万円ならDX-11がおすすめだよ。

DX-11の特徴
  • 布の弱点を克服した高撥水ファブリック
  • アームレストが3D(3方向)に動く
  • 高機能なのにお値段抑えめ(約4万円)

これらの機能を備えたゲーミングチェアが約4万円で買えるのは非常にお得です。

撥水加工されたファブリック生地なので、飲みこぼし、食べこぼしが心配な人にはピッタリ。

DXRacerはAKRacingよりも全般的に価格が良心的であり、その中でもコスパが高い製品がDX-11です。

予算が4万円であれば、DX-11を選べば失敗はありませんよ。

類似機種が多くて分かりにくいかもしれませんが、本サイトを参考に自分にピッタリなゲーミングチェアを探してみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!