ゲーミングチェア選びを手助け診断ナビ

フォーミュラDXR-BKN/RDNをレビュー!DXRacer人気トップのゲーミングチェアの実力を解説

DXR-BKN/RDNをレビュー
DXRacer DXRレビューまとめ

DXRはDXRacerで人気のゲーミングチェアです。フォーミュラシリーズの製品であり、同シリーズにはDXZやDX-11といった類似機種もあります。DXRの最大の特徴は3万円というDXRacer最安値の価格設定。コスパが非常に高く、初めてゲーミングチェアを購入する人にはおすすめの製品です。ファブリック製で通気性も良好です。

メリット
  • DXRacerで最安値(3万円)
    DXRacerの他機種やAKRacingより安い。
  • ファブリック生地を採用
    通気性が良好で蒸れにくい
  • DXRacerの標準機能を装備
    他ブランドに比べて高いDXRacerの水準
デメリット
  • 他機種より機能面は劣る
    肘置きや脚部はDX-11に劣る
  • 赤色が苦手な人に不向き
    2色展開だが両方とも赤色を含む

DXRacerは世界で初めてゲーミングチェアを発売した老舗のメーカーです。

そのDXRacerの中でも、DXRは人気のゲーミングチェア。

DXR-BKN(ブラック)DXR-RDN(レッド)の2色展開です。

ただ、DXRが属するフォーミュラシリーズは製品間で似ており、その違いが分かりにくいと感じる人が多いはず…

DXZやDX-11との違いも解説していくよ。

DXRacerのフォーミュラシリーズは3種類の製品で構成されています。

スクロールできます
DXRDX-11DXZ
製品写真
特徴ファブリック製
標準モデル
高撥水ファブリック
標準モデル
PUレザー製
標準モデル
Amazon
評価
4.4点
(1,316件)
4.3点
(231件)
4.4点
(316件)
価格約3万円約4万円約4万円

DXRACERは他にも数多くゲーミングチェアを扱っています。

全シリーズのDXRACERゲーミングチェアの比較はこちらの記事「DXRACERのおすすめゲーミングチェア」で解説しているので、参考にしてみてください。

本記事では、DXRacerゲーミングチェアの中でも人気のDXRを徹底レビューしていきます。

似た製品のDXZDX-11との違いも解説するので、参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

DXR-BKN/RDNと他フォーミュラ製品との違い

DXRゲーミングチェアをレビュー

DXRacerの主力製品であるフォーミュラシリーズ3機種(DXR/DX-11/DXZ)あります。

DXRはDXRacerの中で最安値かつコスパが高い製品ですが、ベースとなる機能は3機種で共通しています。

まずは共通点を見てみよう。

DXRとDXZとDX-11の外観
DXR/DX-11/DXZの共通点
  • ヘッドレスト・ランバーサポート
    頭と腰を支えて疲労感を軽減
  • リクライニング機能
    最大135度までリクライニング可能
  • ロッキング機能
    ゆりかごモードで座面が沈み込む
  • アームレスト
    DXR/DXZは2D、DX-11は3D

DXRacerの機能・品質は他ブランドと比較しても優れており、その高水準なゲーミングチェアをDXRなら約3万円で買えます。

DXRがDXRacerの中で最も安いよ。

DXRacer主力機種で比較

  • DXR 約3万円
  • DXZ/DX-11 約4万円
  • Driftingシリーズ 約5万円

DXRは安いものの、機能面はDXRacerの高い水準を維持しています。

それでは、DXRと他モデル(DXZ/DX-11)との違いを比較しながら、解説していきます。

DXZとの違い

DXZDXRに機能面での差はなく、機能は全く同じです。

しかし、決定的な違いとして表面素材(PUレザー生地/ファブリック生地)の違いがあります。

フォーミュラDXRの生地をレビュー
PUレザー生地
ファブリック生地
  • 通気性が悪い
  • 拭き掃除できる
  • ヒビ割れ・剥離
  • 通気性が良い
  • 掃除しにくい
  • 毛玉・毛羽立ち

蒸れやすい人にはファブリック製のDXRがおすすめです。

一方、飲み物をこぼす可能性がある場合、PUレザー製のDXZを選びましょう。

DX-11との違い

DX-11高撥水性ファブリック生地3Dアームレストを備えたフォーミュラシリーズ屈指の高機能ゲーミングチェア。

ただ、DX-11の価格はDXRよりも1万円高いです

DXRとDX-11との値段比較

この価格差でも魅力を感じるかどうか、この点がDXRとDX-11を選ぶ分かれ目になります。

どちらもファブリック生地という点では共通です。

もし予算が4万円まで許すのであれば、DX-11を選ぶのもおすすめです。

DXR-BKN/RDNをレビュー(価格/サイズ/身長)

DXRゲーミングチェア

\主力3モデルで最安値/

DXRの特徴
  • DXRacerの標準機能を備える
  • DXRacerの中で最安値(約3万円)
  • 圧倒的に人気のモデル

DXRacerの標準機能を備えた定番モデルがDXRです。

その特徴は通気性が良いファブリック生地を採用した点であり、機能は他モデルと遜色ありません。

初めてゲーミングチェアを買うけど…どれも同じに見える…

そんな人はDXRを選んでおきましょう!

DXRの特徴と向いている人を解説していくよ。

DXRに向いている人

DXRをレビュー

DXRはフォーミュラシリーズ3製品の中では最安値

購入予算を3万円に設定していた人にはピッタリです。

DXRacer主力製品で比較

  • DXR 約3万円
  • DXZ/DX-11 約4万円
  • Driftingシリーズ 約5万円
  • Kingシリーズ 約6万円

AKRacingの低価格モデル(Wolf/Nitro)と比較しても1万円以上安い価格設定です。

DXRはコスパが高いよ!

もしDXRacerで製品選びに迷ったら、人気かつコスパが高いDXRを選んでおきましょう。

身長の目安(座面の高さ)

DXRの座面の高さは41cmです。

昇降機能で高さを調節できるよ。

DXRを身長でレビュー
機種座面の高さ
DXR41cm~51cm
DXZ/DX-1142cm~52cm
Driftingシリーズ43cm~52cm
Kingシリーズ48cm~53cm

日本人男性の平均身長(170cm程度)であれば、いずれのモデルでも問題ありません。

身長が160cm前後の場合には、Kingシリーズでは足裏がピッタリと床につかない可能性が高いです。

女性
男性
  • 膝下 平均42.9cm
    (身長 平均158.6cm)
  • 膝下 平均46.7cm
    (身長 平均170.6cm)

DXRの場合には、身長が160cm前後でも問題なく座ることができます。

カラー展開の注意点

DXRのカラー展開は2色のみ(ブラック・レッド)の展開です。

しかも、ブラック(DXR-BKN)はほぼ赤色と言っても良い配色であり、レッド(DXR-RDN)は全面が赤色です。

DXRacerのブランドカラーが赤色だからね。

DXRのカラー

どちらの色を選んでも赤色の印象になります。

そのため、赤色が好きな人にDXRは向いています。

DXRのカラーをレビュー

もし赤色を避けたい場合には、他のフォーミュラシリーズ(DXZ/DX-11)から選んでみましょう。

DXRの耐久性と劣化

一般的に、丈夫なゲーミングチェアであれば少なくとも3年程度は使えます。

ゲーミングチェアの寿命の目安は骨格パーツ耐久性です。

ただし、表面素材はメンテナンス次第で3年未満でも劣化が目立つことがあります。

定期的に掃除してあげないとね。

PUレザーの劣化
ファブリックの劣化
  • シワ・ヒビ割れ
  • 表面の剥離
  • 毛羽立ち・毛玉
  • シミ・色の沈着

DXRはファブリック生地なので、擦れやすい部分は毛羽立ち・毛玉ができることがあります。

DXRの劣化をレビュー

ホコリ取りを目的としてコロコロをやり過ぎると毛羽立ちやすいので注意です。

ファブリック生地の経年劣化は対応方法もあるので、紹介していきます。

毛玉・毛羽立ちの対処

毛玉や毛羽立ちができた場合、毛玉取り器を使えば綺麗になります。

セーターなどの服にも使えるので、一つ持っていれば便利ですよ。

僕もテスコム製の電動毛玉取り器を持っているよ。

臭いが気になる場合

臭いが気になる場合、通常の布製品と同様にファブリーズで消臭できます。

定期的にゲーミングチェアを掃除して、寿命を延ばしてあげましょう。

DXRの仕様・スペック

ここではフォーミュラシリーズ DXRスペック(サイズ・重量)をまとめます。

DXRacerでコスパが高い製品だよ!

DXRゲーミングチェア

\DXRacerで最安値/

DXRの特徴
  • DXRacerの標準機能を備える
  • DXRacerの中で最安値(約3万円)
  • 圧倒的に人気のモデル
項目仕様
表面ファブリック製
座面幅38cm
座面奥行44cm
座面高41-51cm
座面厚さ10cm
背もたれ高さ84cm
重量24kg

フォーミュラDXRの口コミ・評判

DXRの評判をレビュー

DXRacerフォーミュラシリーズのDXRはAmazonレビューでも高い評価です。

実際に購入者の感想をTwitterから集めてみました。

満足度が高そうだね!

https://twitter.com/M_SAMO_M/status/1135546875833008130

【本サイト限定】割引クーポンを紹介

本サイト限定でDXRACERクーポンを発行して頂いています。

DXRACER公式オンラインストアの全商品が対象!お得に買い物できますよ。

ぜひクーポンを使ってみてね。

\全商品にクーポンが使えるよ!/

本サイト限定 DXRACERクーポン

gamingchairgeek

  • 販売価格から5%割引!
    50,000円の商品なら2,500円引き!
  • 公式ストアの全商品が対象!
  • セール商品にも適用可能!

クーポンコードをDXRACER公式ストアで入力するだけ!以下のCopyボタンを押すと簡単にコピペできます。

gamingchairgeek

Copy

フォーミュラDXR-BKN/RDNをレビュー まとめ

DXRレビューのまとめ

本記事ではDXRacerフォーミュラシリーズのDXRをレビューしました。

DXRの特徴はDXRacer最安値でありながら高い満足度かつコスパの良さです。

黒は人気が高そうだね。

DXRの特徴
  • DXRacerで最安値の約3万円
  • 通気性が良好なファブリック製
  • 2色展開だが両方とも赤色を含む

機能面ではDX-11に劣るものの、DXRacer基準の標準機能を備えて約3万円という価格はコスパが非常に高い製品です。

ファブリック製なので通気性も良好であり、高温多湿な日本にはピッタリ。

カラー展開はDXR-BKNとDXR-RDNの2色(ブラック・レッド)ですが、どちらも赤色を含むので、本製品は赤色が好きな人に向いています。

DXRacerの製品選びで悩んでいるなら、まずはDXRを買ってみるのもおすすめですよ。

類似機種が多くて分かりにくいかもしれませんが、本サイトを参考に自分にピッタリなゲーミングチェアを探してみてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

戻る
読みたい場所をクリック!
閉じる