ゲーミングチェア選びを手助け診断ナビ

DXZをレビュー!DXRacerの定番PUレザー製ゲーミングチェアを解説

DXZをレビュー
DXRacer DXZレビューまとめ

DXZはDXRacerで定番のゲーミングチェア。フォーミュラシリーズの製品では唯一のPUレザー製であり、同シリーズには他モデルはファブリック製(DXR/DX-11)です。DXZの特徴は4万円というDXRacerのPUレザー製モデルで最安値の価格設定。AKRacingの類似モデル(Nitro/Overture/Pro-X)よりも5千円以上安く、コスパが高く、おすすめの製品です。

メリット
  • 定番のPUレザー生地を採用
    ゲーミングチェアとして一般的なデザイン
  • DXRacerのPUレザー製で最安値
    約4万円で他機種やAKRacingより安い。
  • DXRacerの標準機能を装備
    他ブランドに比べて高いDXRacerの水準
デメリット
  • 他機種より機能面は劣る
    肘置きや脚部はDX-11に劣る
  • カラー展開が少なめ
    2021年時点では2色(青・赤)のみ

DXRacerは世界で初めてゲーミングチェアを発売した老舗のメーカーです。

そのDXRacerの中でも、DXZは定番のゲーミングチェア。

ただ、DXZが属するフォーミュラシリーズは製品間で似ており、その特徴が分かりにくいと感じる人が多いはず…

DXRやDX-11との違いも含めてレビューしていくよ。

DXRacerのフォーミュラシリーズは3種類の製品で構成されています。

スクロールできます
DXRDX-11DXZ
製品写真
特徴ファブリック製
標準モデル
高撥水ファブリック
標準モデル
PUレザー製
標準モデル
Amazon
評価
4.4点
(1,316件)
4.3点
(231件)
4.4点
(316件)
価格約3万円約4万円約4万円

DXRACERは他にも数多くゲーミングチェアを扱っています。

全シリーズのDXRACERゲーミングチェアの比較はこちらの記事「DXRACERのおすすめゲーミングチェア」で解説しているので、参考にしてみてください。

本記事では、DXRacerゲーミングチェアの中でも定番商品のDXZを徹底レビューしていきます。

似た製品のDXRDX-11との違いも解説するので、参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

DXZと他のフォーミュラ製品との違い

DXRacerのDXZをレビュー

DXRacerの主力製品であるフォーミュラシリーズ3機種(DXZ/DXR/DX-11)あります。

これら3機種はベースとなる基本機能は共通しています。

DXZはDXRacerフォーミュラシリーズ中で唯一のPUレザー製ゲーミングチェアです。

まずは共通点を見てみよう。

DXZとDXRとDX-11の外観
DXR/DXZ/DX-11の共通点
  • ヘッドレスト・ランバーサポート
    頭と腰を支えて疲労感を軽減
  • リクライニング機能
    最大135度までリクライニング可能
  • ロッキング機能
    ゆりかごモードで座面が沈み込む
  • アームレスト
    DXR/DXZは2D、DX-11は3D

DXRacerの機能・品質は他ブランドと比較しても優れており、その高水準なゲーミングチェアをDXZなら約4万円で買えます。

DXZはDXRacerのPUレザー製品の中で一番安いよ。

DXRacer主力機種で比較

  • DXR 約3万円
  • DXZ/DX-11 約4万円
  • Driftingシリーズ 約5万円
  • Kingシリーズ 約6万円

DXR(ファブリック製)がDXRacer全体の中では最も安いですが、PUレザー製の最安値DXZです。

それでは、DXZと他モデル(DXR/DX-11)との違いを比較しながら、解説していきます。

DXRとの違い

DXZDXRに機能面での差はなく、機能は全く同じ

しかし、決定的な違いとして表面素材(PUレザー生地/ファブリック生地)の違いがあります。

DXZのデザインの違い
PUレザー生地
ファブリック生地
  • 通気性が悪い
  • 拭き掃除できる
  • ヒビ割れ・剥離
  • 通気性が良い
  • 掃除しにくい
  • 毛玉・毛羽立ち

素材による劣化の違いに関しては「DXZの寿命と耐久性」で詳細に解説しているので、参考にどうぞ。

蒸れやすい人にはファブリック製のDXRがおすすめです。

一方、飲み物をこぼす可能性がある場合、PUレザー製のDXZを選びましょう。

DX-11との違い

DX-11高撥水性ファブリック生地3Dアームレストを備えたフォーミュラシリーズ屈指の高機能ゲーミングチェア。

価格はDXZと同じ約4万円です。

機種選びで悩みやすいポイントだね。

DXZと DX-11の価格の違い

ファブリック生地はPUレザー生地よりも値段が安く、それが製品の価格設定に反映される傾向があります。

一般的に、ゲーミングチェアはPUレザー製よりもファブリック製のほうが安いです。

そのため、DXZ(PUレザー製)DX-11(ファブリック製)が同じ価格ということで、機能面は明らかにDX-11のほうが優れています。

DX-11が優れているポイント

DX-11は以下の3点に関して優れています。

DXZの特徴との比較
DXZ
DX-11
  • PUレザー製
  • 2Dアームレスト
  • 樹脂製の脚部
  • 高撥水ファブリック製
  • 3Dアームレスト
  • アルミ製の脚部

DXZのアームレストは昇降のみですが、DX-11は前後・左右首振りにも対応しています。

また、DX-11の脚部は丈夫なアルミ製です。

DXZDX-11を選ぶポイントは表面素材(PUレザー/ファブリック)に加えて、この機能差も加味して決めましょう。

もし予算が4万円まで許すのであれば、DX-11を選ぶのもおすすめです。

DXZをレビュー(価格/サイズ/身長)

DXZゲーミングチェア

\定番のPUレザー製モデル/

DXZの特徴
  • 定番のPUレザー製モデル
  • AKRacingよりも5千円安い
  • 機能面は標準機能を装備

DXZはフォーミュラシリーズで唯一のPUレザー製ゲーミングチェアです。

ゲーミングチェアといえば、革張りのレースシートを彷彿とさせる質感。

それを定番ブランドのDXRacerで約4万円という価格で購入できるのは魅力です。

DXZと他フォーミュラシリーズの違い
フォーミュラシリーズの表面素材
  • DXR/ファブリック
    通気性が良好なファブリック
  • DXZ/PUレザー
    ゲーミングチェアとして定番のPUレザー
  • DX-11/高撥水ファブリック
    撥水加工を施したファブリック

ゲーミングチェア定番のPUレザー製で探していた人はDXZを選びましょう。

DXZの特徴と向いている人を解説していくよ。

DXZに向いている人

DXZの使用レビュー

まず、もしファブリック生地でゲーミングチェアを探している人がいたらDXRやDX-11を選びましょう。

表面素材で悩んでいる場合、手入れや掃除のしやすさはPUレザー製のほうが圧倒的に楽です。

PUレザーなら水拭きできるからね。

DXZの水拭き

ゲーミングチェアの定番といえばPUレザー製なので、こだわりがなければDXZ(PUレザー製)がおすすめです。

DXRacer全体のPUレザー製ゲーミングチェアの中では最安値

購入予算を4万円に設定していた人にはピッタリです。

DXRacerのPUレザー製で比較

  • DXZ 約4万円
  • Driftingシリーズ 約5万円
  • Kingシリーズ 約6万円

AKRacingのPUレザー製モデル(Nitro V2)と比較しても5千円ほど安い価格設定です。

DXZはコスパが高いよ!

もしDXRacerで製品選びに迷ったら、定番のDXZを選んでおきましょう。

身長の目安(座面の高さ)

DXZの座面の高さは42cmです。

昇降機能で高さを調節できるよ。

DXZの身長とのサイズ
機種座面の高さ
DXR41cm~51cm
DXZ/DX-1142cm~52cm
Driftingシリーズ43cm~52cm
Kingシリーズ48cm~53cm

日本人男性の平均身長(170cm程度)であれば、いずれのモデルでも問題ありません。

身長が160cm前後の場合には、Kingシリーズでは足裏がピッタリと床につかない可能性が高いです。

女性
男性
  • 膝下 平均42.9cm
    (身長 平均158.6cm)
  • 膝下 平均46.7cm
    (身長 平均170.6cm)

DXZの場合には、身長が160cm前後でも問題なく座ることができます。

DXZの寿命と耐久性

一般的に、丈夫なゲーミングチェアであれば少なくとも3年程度は使えます。

ゲーミングチェアの寿命の目安は骨格パーツ耐久性です。

DXZの耐久性

ただし、表面素材はメンテナンス次第で3年未満でも劣化が目立つことがあります。

定期的に掃除してあげないとね。

PUレザーの劣化
ファブリックの劣化
  • シワ・ヒビ割れ
  • 表面の剥離
  • 毛羽立ち・毛玉
  • シミ・色の沈着

PUレザーは紫外線や空気中の水分で劣化が早まります。

劣化が進んだ場合、PUレザーはヒビ割れや剥離が起きます。

DXZの劣化

特にゲーミングチェアの場合は、飲みこぼしに注意しましょう。

PUレザーは水拭きもできるので、飲み物をこぼした場合には速やかに拭き取りましょう。

臭いが気になる場合

臭いが気になる場合、重曹やセスキ炭酸ソーダで拭き掃除することもできます。

定期的にゲーミングチェアを掃除して、寿命を延ばしてあげましょう。

DXZの仕様・スペック

ここではフォーミュラシリーズ DXZスペック(サイズ・重量)をまとめます。

PUレザーならDXZを選ぼう!

DXZゲーミングチェア

\定番のPUレザー製モデル/

DXZの特徴
  • 定番のPUレザー製モデル
  • AKRacingよりも5千円安い
  • 機能面は標準機能を装備
項目仕様
表面PUレザー製
座面幅38cm
座面奥行44cm
座面高42-52cm
座面厚さ10cm
背もたれ高さ82cm
本体重量23kg

DXZの口コミ・評判

DXZの口コミと評判

DXRacerフォーミュラシリーズのDXZはAmazonレビューでも高い評価です。

実際に購入者の感想をTwitterから集めてみました。

DXZは定番商品として人気だね!

【本サイト限定】割引クーポンを紹介

本サイト限定でDXRACERクーポンを発行して頂いています。

DXRACER公式オンラインストアの全商品が対象!お得に買い物できますよ。

ぜひクーポンを使ってみてね。

\全商品にクーポンが使えるよ!/

本サイト限定 DXRACERクーポン

gamingchairgeek

  • 販売価格から5%割引!
    50,000円の商品なら2,500円引き!
  • 公式ストアの全商品が対象!
  • セール商品にも適用可能!

クーポンコードをDXRACER公式ストアで入力するだけ!以下のCopyボタンを押すと簡単にコピペできます。

gamingchairgeek

Copy

DXRacer DXZレビューのまとめ

DXZレビューのまとめ

本記事ではDXRaceのDXZをレビューしました。

DXZの特徴はDXRacerのPUレザー製で最安値かつ標準機能を備えたコスパの良さです。

同じく人気ブランドのAKRacing Nitro V2(約4万5千円)よりも5千円安く買うことができます。

DXRacerは良心的な価格だね。

DXZの特徴
  • 定番のPUレザー製
  • AKRacingより5千円安い(約4万円)
  • DXRacerの標準機能を搭載

機能面ではDX-11に劣るものの、DXRacer基準の標準機能を備えたPUレザー製ゲーミングチェアが約4万円で買えます。

PUレザー製は掃除しやすく、飲みこぼし、食べこぼしが心配な人にはピッタリ。

ゲーミングチェアの定番はPUレザー製なので、何を買ったら良いか分からない…という人は、DXZを選んでみると良いですよ。

DXRacerは類似機種が多くて分かりにくいかもしれませんが、本サイトを参考に自分にピッタリなゲーミングチェアを探してみてください。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

戻る
読みたい場所をクリック!
閉じる