DXRACERゲーミングチェアの違い、買うべきモデルを解説!選び方やおすすめシリーズも紹介

DXRACERのゲーミングチェア

DXRACER世界で初めてゲーミングチェアを発売した米国メーカーです。

そのDXRACERの特徴は…

  • AKRacingよりも安い!
  • シリーズの種類が豊富!
DXRACERゲーミングチェアの解説

他社よりも圧倒的に種類が多いよ。

本記事ではDXRACERの全シリーズの特徴を解説し、おすすめのモデルを紹介します。

シリーズ別の分かりやすい解説を知りたい人はこちら「DXRACERシリーズを解説」から読んでみてください。

他にもライバルであるAKRacingと徹底比較した記事もあるので参考にどうぞ。

読みたい場所をクリック!

DARACERはどんな会社?

DXRACERの会社とゲーミングチェア

DXRACERは2001年に起業した米国の自動車シートの製造メーカーです。

意外と知られていませんが…

世界で初めてゲーミングチェアを発売したのがDXRACERです。

自動車業界の不況でゲーミングチェア誕生

2000年代に米国最大手のゼネラル・モーターズ(GM)が経営破綻し、当時の自動車業界は大不況。

DXRACERが初めてゲーミングチェアを開発した時代背景

その状況下でDXRACERのエンジニアがレーシングシートの技術を応用して、世界初のゲーミングチェアを開発しました。

DXRACERは不況で高級カーシートの在庫を抱え、そのデザインがゲーミングチェアの原型となっています。

世界初ゲーミングチェアはDXRACER

DXRACERはゲーミングチェア界の先駆者です。

2006年にゲーミングチェアを発売しましたが、2010年の世界的なゲーム大会「World Cyber Games(WCG)」では普及していません。

ゲーミングチェアが使われていなかった2010年のゲーム世界大会

ゲーミングチェアを世の中に広めるために、2010年以降にDXRACERが先駆者として大会スポンサーとなります。

DXRACERがスポンサーした2012年以降のゲーム大会

さらにAKRacingも参入してゲーミングチェア黎明期となり、その後は中国ブランドの参入により価格競争へ突入します。

参考:ゲーミングチェアの歴史

DXRACERの特徴をビシッと解説

DXRACERゲーミングチェアの特徴

DXRACERはゲーミングチェアの元祖です。

品質と機能を高いレベルで備えた期待通りのゲーミングチェア。

老舗ブランドの安心感があるよね。

DXRACERのロゴとゲーミングチェア

それでいてAKRacingよりも5,000円ほど安いという手頃感もあります。

ライバルのAKRacingよりも、ゲーミングチェアを体格やサイズで選べる!

これがDXRACERの特徴です。

AKRacingよりも安い

ゲーミングチェアといえばDXRACERAKRacingの二大ブランドです。

DXRACERとAKRacingのゲーミングチェア

しかし、DXRACERのほうがAKRacingよりも5千〜1万円ほど安い傾向があります。

一般モデル(ファブリック製)で比較

  • AKracing Wolf 約4万円
  • DXRACER DXR 約3万円
  • GTRACING 約1万8千円
  • GALAXHERO 約1万5千円

参考:DXRacerとAKRacingの違い

DXRACERの機能面の特徴

DXRACERはゲーミングチェアに期待される機能は当然備えています。

DXRACERゲーミングチェアの機能(ヘッドレスト、ランバーサポート、リクライニング)
DXRACERの主な機能
  • ヘッドレスト
    首を支える小型の枕で正しい姿勢を維持
  • ランバーサポート
    腰を支える枕で腰を固定して腰痛対策
  • リクライニング
    背もたれを倒してリラックスできる

他にもアームレスト座面の高さ調整など欲しい機能はすべて備えています。

DXRACERの品質を格安ブランドと比較

中国の格安ブランドよりは高いですが、製品寿命初期不良時のカスタマー対応を考えるとDXRACERがおすすめです。

かつて流通していた粗悪な中国製品の内側は安価な合板とスポンジのみ、DXRACERの品質とは大きく異なりました。

DXRACERと中国メーカーのゲーミングチェアの比較

長く座るゲーミングチェアだからこそ、DXRACERのような良い製品を選びましょう。

参考:ゲーミングチェアの寿命と劣化

体格やサイズで選べる豊富な種類

DXRACERは他社に比べてシリーズ展開が豊富で選べる選択肢が多いのが特徴です。

特に体格やホールド感でも選ぶことができ、米国メーカーらしく身長190cmまで対応可能なキングサイズまであります。

それぞれ推奨身長が違うんだね!

DXRACERゲーミングチェアの推奨身長の表

しかし、種類が多いことが逆に選びにくさにも繋がっているため、DXRACERのゲーミングチェアを分かりやすく解説していきます。

DXRACERゲーミングチェアをシリーズ別解説

種類が多いDXRACERゲーミングチェア

DXRACERはユーザーの目的に合わせてシリーズを展開しています。

逆に言うと、他ブランドよりも種類が多くて悩みやすいというデメリットもあります。

自分の目的に合った製品を探そう。

そこで、シリーズの特徴をザックリとまとめてみました!

① フォーミュラシリーズスタンダードかつ一番人気(約3-4万円)
詳細箇所へジャンプ
② ドリフティングシリーズゆったりしたワイドモデル(約5万円)
詳細箇所へジャンプ
③ レーシングシリーズ高身長向けのモデル(約4-5万円)
 詳細箇所へジャンプ
④ ヴァルキリー&キングワイドかつビッグなサイズ(約5-6万円)
 詳細箇所へジャンプ

フォーミュラ

DXRACERのフォーミュラシリーズ

DXRACERはシリーズの種類が多いのですが、さらにシリーズの中でもモデルが複数に分かれます。

細身〜普通の体型の人向けのスタンダードなシリーズがフォーミュラです。

最も人気で価格も安いよ。

フォーミュラシリーズでは主に表面素材違いでモデルに分類されています。

フォーミュラのDXR、DXZ、DX-11のゲーミングチェアの違いを比較
フォーミュラのモデル
  • DXR
    表面がファブリック製
  • DXZ/DX-57
    表面がポリウレタンレザー製
  • DX-11
    表面が高撥水ファブリック製

DXRACERの中でも一番の人気シリーズであり、国内外のeSports大会でもフォーミュラが採用されています。

DXR

一番人気かつ最安値のモデルがDXR

AKRacingを含めた定番ブランドの中で最も安いモデルです。

フォーミュラのDXRのファブリック製ゲーミングチェア

表面はファブリック製(布)なので通気性が良いのが特徴です。

布といっても丈夫な素材なので安心ですが、イスに座ったまま飲食する人は飲み物をこぼさないように注意しましょう。

DXRACERゲーミングチェアのファブリックの拡大写真

もしゲーミングチェアに悩んでいるならコスパ最強のDXRを選んでおけば間違いありません。

ゲーム部屋のDXR

DXRは低価格かつ人気があるゲーミングチェアなので初めて購入する人におすすめです!

赤と黒の2色の展開です。

ちなみに、こちらのコスパ最強ゲーミングチェアを選ぶ記事でもDXRをおすすめしています。

DXZ

高級感のあるポリウレタンレザー製のモデルがDXZです。

フォーミュラのDXZのPUレザー製ゲーミングチェア

DXZがPUレザー製、DXRがファブリック製という表面素材の違いがあります。

DXRACERゲーミングチェアのPUレザーとファブリックの違い

購入する場合は表面素材の好みでDXRとDXZを選びましょう。

個人的には飲み物をこぼしたり、掃除のしやすさを考えるとPUレザー製がおすすめです。

PUレザーの掃除と手入れ

DXRACERでスタンダードなPUレザー製を探しているならDXZを選びましょう。

ゲーム部屋のDXZ

こちらの記事「ゲーミングチェアおすすめ人気ランキング11選(to buy)」ではオレンジ色のDXZの写真が豊富で参考になりますよ。

DXZは比較的シンプルなデザインなので、落ち着いた色なら部屋にも合わせやすくておすすめです。

同モデルにDX-57という型番の製品があります。

これはPVC(ポリ塩化ビニル)のカーボン調レザーを併用したモデルになります。

DX-11

ファブリック製(DXR)とPUレザー製(DXZ)の良いとこ取りした製品がDX-11です。

フォーミュラのDX-11の高撥水性ファブリック製ゲーミングチェア

DX-11の表面はファブリックとPUレザーを併用しており、さらに撥水性が高いファブリック生地を採用しているのが特徴です。

DX-11の機能の比較

DXRとDXZになかった3Dアームレスト機能も追加されています。

肘置きの高さ調整だけでなく、前後と横にもスライドすることができます。

DX-11の値段は約4万円

DXRよりも1万円ほど高くなりますが、高撥水性ファブリックと3Dアームレストは魅力的です。

フォーミュラシリーズの比較まとめ

基本は表面素材の違いであり、DX-11では3Dアームレストが追加されています。

選び方としては表面素材の好み3Dアームレストの必要性で選びましょう。

値段で選ぶなら最安値のDXRがおすすめです!

他にもデザインが微妙に異なったり、サイズに数センチ程度の違いもありますが、基本は表面素材の違いのみです。

ドリフティング

DXRACERのドリフティングシリーズ

ドリフティングはフォーミュラシリーズに比べて座面の幅と奥行きが広がったワイドモデルです。

ホールド感が少なめでゆったり座ることができます。

ドリフティングがワイドなのが分かるね。

DXRACERのドリフティングとフォーミュラの違いを比較

ゆったり座れるドリフティングはデザインと座り心地の違いで3つのモデルに分類されています。

DXRACERドリフティングのDX-61、DX-03、DX-73の違いを比較
ドリフティングのモデル
  • DX-61
    カラフルで白を差し色に4色展開
  • DX-03
    オフィス向けに落ち着いたデザイン
  • DX-73
    素材感と座り心地がやや硬め

標準的なゲーミングチェアのフォーミュラよりもゆったりした座り心地を求める人におすすめです。

DX-61

ドリフティングシリーズで標準的なモデルがDX-61

白を差し色に展開しており、カラフルな印象のモデルです。

ドリフティングのDX-61ゲーミングチェア

サイズと機能はこの後に紹介するDX-03とほぼ同じですが、ドリフティングシリーズの中ではDX-61が最も安いです。

ドリフティングシリーズの中でコスパを求めるならDX61がおすすめです。

DX-03

オフィス向けに落ち着いた色合いにしたのがDX-03です。

ドリフティングのDX-03オフィス向けゲーミングチェア

DX-61のようにカラフルな印象もなく、特にオールブラックのモデルは書斎にもピッタリです。

ゲーム部屋のドリフティングDX-03ゲーミングチェア

在宅勤務やテレワークとして仕事用に探しているならDX-03を選んでみましょう。

DH-73

他とは異なり、座面と背面のPUレザーを硬めに仕上げたのがDH-73です。

ドリフティングのDX-73の硬めのゲーミングチェア

レザーの表面を細かく縫い上げるダイヤモンドカット(ダイヤモンドステッチ)により生地を収縮させ、肉厚かつ硬めの素材感に仕上げています。

DX-73のPUレザーのダイヤモンドカット

これにより、座り心地も若干硬めになります。

柔らかく沈み込むゲーミングチェアが多いですが、硬めが好みの人にはピッタリのモデルです。

DXRACERのDX−73ゲーミングチェア

ドリフティングシリーズの比較まとめ

ドリフティングシリーズの違いはデザインと座り心地です。

コスパを求めるならDX-61、仕事ならDX-03、硬めが好みならDX-73を選びましょう。

レーシング

DXRACERゲーミングチェアのレーシングシリーズ

レーシングはフォーミュラやドリフティングよりも背面が高くなった高身長向けモデルです。

推奨身長は170cm~185cmのハイバックのデザインです。

ヘッドレストの位置も少し高めだね。

DXRACERのフォーミュラとレーシングの違いを比較

高身長向けのレーシングは表面素材と機能の違いで3つのモデルに分類されています。

レーシングシリーズのRW-106、RW0、RV-131の違いを比較
レーシングのモデル
  • RW-106
    ファブリック製の高身長向け製品
  • RW0
    PUレザー製の高身長向け製品
  • RV-131
    高機能な上位モデル

身長が180cmを超える人はレーシングシリーズがおすすめです。

RW-106

レーシングシリーズのファブリック製モデルがRW-106

他のレーシングシリーズ製品と比較して値段が5,000円〜10,000円ほど安く、約4万円で買えます。

レーシングのRW-106のファブリック製ゲーミングチェア

ファブリック製なので通気性が良く、高身長向けのハイバックモデルを手頃に購入できます。

RW0

高身長向けでPUレザー製の標準的なモデルがRW0です。

レーシングのRW0のPUレザー製ゲーミングチェア

RW106との違いは表面素材とわずかなデザインの違いのみです。

高身長モデルでも素材違いでラインナップを用意してくれているのは助かりますよね。

値段は一般的にPUレザー製のほうが高い傾向があります。

RV-131

高身長向けゲーミングチェアの上位モデルがRV-131です。

レーシングのRV-131の高機能な上位ゲーミングチェア

PUレザー製のRW0の上位モデルの位置づけです。

デザインでは立体感のある縫製を採用し、幾何学模様が先鋭的なイメージを与えます。

ゲーム部屋のRV-131ゲーミングチェア

機能としては4Dアームレストが追加され、キャスターは従来の5cmから7.5cmに大型化しています。

レーシングシリーズの比較

レーシングシリーズの違いは表面素材と機能です。

ファブリック製ならRW-106、PUレザー製ならRW0、上位モデルならRV-131を選びましょう。

ヴァルキリー&キング

DXRACERのヴァルキリーシリーズ

ヴァルキリーVB-03)とキングDXK-06)はとぢらも大きめサイズです。

DXRACERのヴァルキリーとレーシングとキングの違いを比較

ヴァルキリーはレーシングシリーズとキングの中間の位置付けであり、ゆったりとしたモデルです。

キングは身長190cmまでをカバーするビッグサイズです。

DXRACERは米国メーカーなので大きなサイズも展開していますが、日本人ではヴァルキリーでも十分なビッグサイズかもしれません。

ゲーム部屋のヴァルキリーのゲーミングチェア

ヴァルキリー(VB-03)が最大185cm、キング(DXK-06)が最大190cmです。

キングはアメリカンなビッグサイズなので日本人が買うことは少ないかもしれません。

大きなサイズを購入するときにはデスクの高さや幅にも注意しましょう。

目的別の選び方!DARACERゲーミングチェア

DXRACERは目的サイズでゲーミングチェアを選ぶコンセプトです。

そこでQ&A形式でおすすめのDXRACERゲーミングチェアを解説していきます。

Q&A形式でズバッと買うべき製品を紹介

ここでは体格や目的に合わせてズバッと製品を紹介します。

1._とにかく安い製品が欲しい

全モデルの中で最安値はDXR約3万円

スタンダードなファブリック製ゲーミングチェアなので初めて買うならDXRがおすすめです。

格安な中国ブランドの価格(2万〜3万円)に近く、この価格で品質の良いDXRACERを買えるのはコスパ高め。

2._仕事・テレワークで使いたい

DXRACERは基本的に体格でシリーズを選ぶべきです。

しかし、どれでも大丈夫そうな場合、仕事で使うならDX-03がおすすめ。

色をオールブラックにすれば書斎の雰囲気にもピッタリです。

3._一番高機能なモデルが欲しい

DXRACERは目的やサイズで選ぶコンセプトなので、シリーズ全体の中で上位モデルというものが存在しません。

ただ、4Dアームレストが付いているのはレーシングシリーズです。

通常の高さ調整に加えて、肘置きを前後左右に動かすことができます。

4._身長180cm以上なので高めのサイズが欲しい

身長が180cm以上の場合には高身長向けのレーシングヴァルキリーのシリーズから選びましょう。

ホールド感が欲しいならレーシング、もう少しゆとりが欲しいならヴァルキリーです。

もっと大きめが良い場合はキングを選びましょう。

5._大柄なのでゆったりしたサイズが欲しい

とにかく大きめサイズが良い場合はキングを選びましょう。

対象身長が190cmまでカバーしています。

ただ、置き場所やデスクのサイズを予めチェックしておきましょう。

コラボや海外最新情報

DXRACERは定期的に他ブランドとのコラボレーション商品を発売します。

豆知識として紹介していきます。

プレイステーションとのコラボ

プレイステーションとコラボしたゲーミングチェア(RZ-90)は海外で大人気でした。

DXRACERのプレイステーションとコラボしたゲーミングチェア

海外ではゲーム部屋にプレステのライトを置くのも流行っており、プレステ好きに大ヒットしたゲーミングチェアです。

プレイステーションゲーミングチェアの使用風景

コラボ製品は販売数も限られているので、公式サイトをチェックするのがおすすめです。

海外の最新ゲーミングチェア

DXRACERはアメリカを拠点とするメーカーのため、海外のほうが種類が多く、新作の発売も早いです。

2021年からは欧米でGシリーズPシリーズといった新しい製品を発売。

DXRACERのGシリーズとPシリーズ

DXRACERでは数少ないフットレストを標準搭載したモデルであり、さらにジュースを置くカップホルダーなども付いています。

DXRACER MASTER

海外ではDXRACER MASTERも展開しています。

DXRACER MASTERのゲーミングチェア

従来のゲーミングチェアと一線を画し、オフィスや書斎に合わせたテレワークのニーズにも応える新たなブランドラインです。

現在は3色展開です。

DXRACER MASTERの3色のゲーミングチェア

ゲーミングチェアのユーザー層が広がり、ゲーム向けと仕事向けで明確にブランドを分けていくのかもしれません。

DXRACERゲーミングチェアのまとめ

本記事ではDXRACERのゲーミングチェアを解説しました。

DXRACERは種類が多くて商品選びに悩みがちですが、サイズが細かく分かれているので自分に合う商品が見つかるはずです。

推奨身長と一覧表を参考にしてみてね!

DXRACERゲーミングチェアのサイズ一覧

どれを買うべきか悩んでしまう場合は…

DXRACERで一番人気かつ最安値のDXRを選んでおきましょう!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!
閉じる