ゲーミングチェア選びを手助け!診断ナビ

ファブリック製ゲーミングチェアを買うべき理由!生地の見極めとレザーとの違いも解説

本記事ではファブリック素材の「ゲーミングチェア」を解説します。

ゲーミングチェアの表面素材は合成皮革(PUレザー)ファブリックの2つがあります。

ファブリックのゲーミングチェアを比較

ゲーミングチェアの多くはポリエステルを活用したファブリック素材を採用しています。

その特徴は…

蒸れにくい!

ポリエステルはスポーツウェアにも使われおり、サラッとした肌触りが気持ち良いですよね。

ゲーミングチェアのファブリックの生地を拡大

メッシュ構造にすることで日本の高温多湿な気候にもピッタリなゲーミングチェアに仕上がっているんですよ。

ただ、Amazonや楽天でファブリック素材かどうか確認するのは結構苦労するんですよね…

本記事ではブランド別におすすめのファブリック製ゲーミングチェアを解説していきます!

読みたい場所をクリック!

ファブリック製を買うべき理由を解説

ゲーミングチェアの素材は主にポリウレタン(PU)レザー製のとファブリック製の2種類があります。

主流はPUレザー製だよね。

ファブリックとPUレザーの違い

表面素材の主流はPUレザーであり、海外メディアのランキングでも上位はPUレザー製です。

ここではファブリック製のメリットを解説していきます。

結論からいうと、PUレザー製とメッシュ製の良いとこ取りの製品になっています。

ファブリック製の良さを知っておこう。

ファブリック製のメリット
  • 通気性が良い
    PUレザーに比べて通気性が良い
  • カジュアルで部屋に合わせやすい
    柔らかい印象の製品も多い
  • 価格が安い
    ファブリック製は価格が安い傾向

通気性が良い

ファブリック製ゲーミングチェアは布素材であり、PUレザー製よりも通気性が良いです。

表面素材としては、ファブリック製は程よく通気性が確保されています。

メッシュとレザーの中間だね。

ファブリック製ゲーミングチェアの比較
ファブリック生地の比較

高温多湿な日本では、ファブリック製蒸れにくいゲーミングチェアとしておすすめですよ。

カジュアルな印象で合わせやすい

ファブリック製のゲーミングチェアは、素材にもよりますが、カジュアルな雰囲気になります。

特に起毛素材のスエード地だと、ファブリック製だからこその質感。

質感がレザー製と違うね!

水色のDowinxのファブリック製ゲーミングチェア

また、女性向けの可愛いゲーミングチェアが多いのものも、ファブリック製の特徴です。

女性のファブリック製ゲーミングチェア

通気性が良いだけでなく、そのファブリック生地の質感も魅力の一つです。

価格が安い

基本的にファブリック製はPUレザー製よりも値段が安いです。

素材自体の値段がファブリック生地のほうが安く、それが製品価格にも反映されています。

AKRacingで素材違いのモデルの価格差は5千円

ファブリック製のWolfが安い!

AKRacingのファブリック製ゲーミングチェア
Wolf(ファブリック)
Nitro V2(PUレザー)
  • 約4万円
  • 約4万5千円

DXRACERもスタンダードモデルで素材違いの価格差は1万円

1万円も安くなるんだね。

DXRacerのファブリック製ゲーミングチェア
Formula ファブリック仕様
Formula PUレザー仕様
  • 約3万円
  • 約4万円

ゲーミングチェアの価格は決して安くありません。

ただ、可能なら有名ブランドが欲しい…という人には低価格なファブリック製は狙い目です。

人気ブランドのAKRacingやDXRACERでもファブリック製なら3万円〜4万円で購入できますよ。

ファブリック生地とレザー/メッシュとの違いと注意点

通気性が良く、サラッとした肌触りがファブリック製の特徴です。

夏でも快適だね。

ファブリック製ゲーミングチェアの解説
ファブリック製ゲーミングチェアの座面

しかし、ファブリック製ゲーミングチェアにも注意点があります。

ここではファブリック生地と他の素材の違いと注意点を解説していきます。

レザーとの違い

PUレザー製のメリットは手入れしやすいことです。

飲み物をこぼしても拭けば大丈夫。

ファブリック製のデメリット

PUレザーは表面を拭くことができるので、掃除しやすいというメリットがあります。

一方、通気性が良いファブリック生地では、すぐに拭き取らないと液体が染み込んでしまう点に注意が必要です。

メッシュとの違い

メッシュ製ゲーミングチェアはファブリック製よりも通気性が高く、蒸れにくい点です。

PUレザー製とファブリック製では背面と座面の内側にはウレタン層がありますが、メッシュ製にはウレタン層がありません。

これなら通気性が良いね!

ファブリック製ゲーミングチェアとメッシュ製の比較

ファブリック製はPUレザー製よりも通気性が高いですが、メッシュ製には敵いません。

蒸れやすさが気になる人はメッシュ製の「DXRACER Air」を選びましょう。

ファブリックの注意点

ここまで説明したとおり、ファブリック製の注意点としては以下の2点があります。

  • 掃除しにくい(飲み物に注意)
  • メッシュ製のほうが通気性が良い

メッシュ製まで通気性は求めず、飲み物もこぼす心配がなければ、ファブリック製はピッタリです。

ファブリック製は価格が安く、人気ブランドも手頃で購入できますよ。

ファブリック製のゲーミングチェア

ここではファブリック製ゲーミングチェアのおすすめブランドを解説していきます。

同じファブリックでも違いがあるね!

ファブリック製ゲーミングチェアを解説

ファブリック製ゲーミングチェアはデザインの幅が広いのも特徴です。

そこで、ブランドをタイプ別に分類しておすすめのファブリック製ゲーミングチェアを解説していきます。

定番の人気ブランド

日本では人気2大ブランドとしてAKRacingDXRACERが市場を席巻してきました。

最近では格安の中国ブランドやデザイン性の高い新鋭ブランドも登場していますが、引き続き人気が高いメーカーです。

AKRacing

AKRacingのファブリック製ゲーミングチェアはWolfです。

AKRacingのファブリック製ゲーミングチェア

ゲーミングチェアの王道であるAKRacingの中でも、人気モデルがWolf(ファブリック製)とNitro(PUレザー製)です。

ファブリック製のAKRacingのWolf

厳密にはWolfもカラー部分はPUレザーを使っています。

ただ、黒色の部分はファブリック製でメッシュになっており、通気性が確保されています。

ファブリックとPUレザーの質感

ただ、唯一の欠点は…

値段が高い!

です。

Wolfは約4万円と高めですが、老舗ブランドの安心感を選ぶならAKRacing Wolfがおすすめです!

DXRACER

日本ではAKRacingに並ぶ定番ブランドがDXRACERです。

DXRACERのファブリック製ゲーミングチェア

AKRacingが中国、DXRACERが米国を拠点としたブランドです。

どちらもゲーミングチェアブランドとしては老舗に分類され、デザインも似ています。

ファブリックのAKRacingとDXRACERの違い

正直、AKRacingとDXRACERのデザインと機能に大きな違いはありません。

価格はDXRACERのほうが約5千円ほど安い傾向があります。

ファブリック生地を採用しているフォーミュラシリーズ DXRは約3万円で購入できますよ。

安定の日本ブランド

低価格なゲーミングチェアは中国ブランドが多く、欧米ブランドは高級モデルを中心に扱っています。

その中でも日本製として販売しているのがバウヒュッテです。

バウヒュッテのファブリック

バウヒュッテのデザインはAKRacingやDXRACERにも類似していますが、随所に日本製らしさがあります。

ポリエステル製で通気性が良いファブリック素材により全面が覆われています。

バウヒュッテの全面ファブリックのモデル

ヘッドレストとランバーサポートは3D形状で体にフィットする設計です。

これはゲーミングチェアでも珍しいね。

バウヒュッテのファブリックモデルの特徴

他にもアームレストが上下だけでなく左右にも動いたり、細かい配慮が多いゲーミングチェアです。

バウヒュッテのファブリックのアームレスト

約3万円のモデルとしては充実した機能を備えています。

格安の中国ブランド

最近はAmazonを見ていても無名の中国製品が増えています。

その特徴として…

とにかく安い!

そんな中国ブランドの中でも評価が高いゲーミングチェアを紹介します。

GTRACING

格安ゲーミングチェアの代表格がGTRACINGです。

GTRACINGのファブリック

GTRACINGの特徴は、AKRacingやDXRACERと同様なデザインと機能のゲーミングチェアを破格の安さで提供していることです。

GTRACINGのファブリック製ゲーミングチェアの価格

ファブリック製ゲーミングチェアのGTBEE-REDは2万円以下で購入できます。

Amazonのレビュー数も非常に多く、格安ブランドの中でも安心感がありますよね。

GTRACINGファブリック製ゲーミングチェアのレビュー

実際に海外メディアのゲーミングチェアランキングでも近年はGTRACINGが上位にランクインしており、ブランドとして確立されつつあります。

格安ブランドの中から通気性の良いファブリック製ゲーミングチェアを選ぶならGTRACINGがおすすめです。

ただ、ファブリック製のモデルは種類が限られているので注意が必要です。

GALAXHERO

GALAXHEROはGTRACINGよりも低価格で最近勢いのあるブランドです。

GALAXHEROのファブリック製ゲーミングチェア

ファブリック製ゲーミングチェアなら1万5千円以下で購入できます。

こんなに安くて良いのだろうか…

GALAXHEROゲーミングチェアの格安価格

かつてのGTRACINGを彷彿させる勢いなのがGALAXHEROです。

ゲーミングチェアとしての機能やデザインは十分ですし、かなりコスパが高い製品です。

GALAXHEROのゲーミングチェア解説

ファブリック製のADJY601はカラーも複数あり、他ブランドよりも選べる選択肢があります。

とにかく価格を抑えて購入したい人におすすめです。

お洒落な個性派ブランド

ファブリック生地はその質感を生かすことで従来のレーシングタイプとは異なった雰囲気にもなります。

ここではインテリアにも合わせやすいお洒落なゲーミングチェアを紹介します。

Secretlab

Secretlab(シークレットラボ)はシンガポール発祥の海外で人気が高いゲーミングチェアです。

Secretlabのファブリック製ゲーミングチェア

日本ではAKRacingとDXRACERの人気ですが、海外ではSecretlab(シークレットラボ)が各種ランキングの上位を独占。

Secretlabファブリック製ゲーミングチェアの人気

2020年から日本でも販売が開始されており、ファブリック製のモデルも扱っています。

PUレザーはロゴがゴールド、ファブリックはロゴがブルーで分けられています。

SecretlabのファブリックとPUレザー

オメガとタイタンは身長で選び分けます。

基本はオメガで問題ないよ。

SecretlabのOmegaとTitan

従来のレーシングタイプのゲーミングチェアとは異なり、高級感あるモデルです。

価格は約5万円でAKRacingよりも若干高めです。

イトーキ

イトーキは日本の家具メーカーです。

イトーキのファブリック製ゲーミングチェア

コテコテなゲーミングチェアとは異なり、ややカジュアルな雰囲気もあるゲーミングチェアを扱っています。

イトーキのファブリック製ゲーミングチェアのリビング

インテリアにも合わせやすく、フローリングが多い日本の住居にも合いやすいデザインです。

イトーキのファブリック製ゲーミングチェアの一覧

ファブリック製の質感を生かしており、むしろオフィスチェアのほうがしっくりくるかもしれません。

イトーキのファブリックの質感

もちろん、ゲーミングチェアの機能は標準装備しています。

他にはない落ち着いたデザインを探している人におすすめです。

まとめ:ファブリック製のゲーミングチェア

本記事ではファブリック製のゲーミングチェアを解説しました。

ファブリック製はレザーよりも通気性があり、蒸れにくいのが特徴です。

PUレザー製よりも値段も安いよ!

ただ、食べ物や飲み物をこぼすと掃除しにくい点がデメリットです。

各ブランドからファブリックとPUレザーのモデルが販売されているので、好みで選びましょう。

機能や座り心地は変わらないので、価格重視ならファブリックがおすすめですよ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!
閉じる