Amazonブラックフライデーが開催中セール品を見る

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアを徹底解説!格安&信頼できる会社でオススメ

Amazonや楽天でゲーミングチェアを探すと「Hbada(ハバダ)」というメーカーを見かけますよね。

ゲーミングチェアだけではなく、普通のオフィスチェアも扱っている中国のメーカーです。

値段は安いけど…しっかりとした商品なの?

あまり見かけないメーカーなので不安になりますよね!

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアはしっかりとした会社が製造、販売をしていて他の格安ゲーミングチェアよりもオススメです!

芸能人ではジャニーズの山田涼介さんがHbada(ハバダ)のゲーミングチェアを使っていると一時期話題になっていましたね!

本記事では、Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアについて詳しく解説します。

読みたい場所をクリック!

Hbada(ハバダ)はどんな会社?

Hbada(ハバダ)は中国を拠点とした企業です。

オフィスチェアや子ども向け学習机・学習椅子など様々な家具を販売しています。

2008年にブランドを立ち上げ、2015年には中国以外にとどまらず「アジア」「アメリカ」「ヨーロッパ」などに進出。

現在では56カ国に販売経路を持っています。

格安ゲーミングチェアを販売する会社では珍しく、公式サイトや公式Twitter(@Hbada_jp)も展開。

日本では国内代理店を株式会社DreamWorks(大阪府)が行っています。

どんなメーカー?

Hbada(ハバダ」は「人類の健康のための継続的な取り組み」を企業理念として掲げる会社です。

長時間のパソコン作業によるカラダへの負担を減らすため、人間工学に基づいて設計し、人の身体に馴染むイスを作っています。

多くの有名企業がHbada(ハバダ)のイスを採用しており、信頼と実績は問題なしです。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェア
Hbada公式サイトより

どこで製造?

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアは中国で製造されています。

自社工場で材料の選定や製造、組立までの工程を実施。

QC部門(クオリティコントロール部門)で品質管理も徹底しています。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェア工場
Hbada(ハバダ)自社工場|Hbada(ハバダ)公式サイトより

アメリカのBIFMA基準よりも厳しい検査を合格した製品だけを出荷し、初期不良や品質不良の防止に努めています

最近ゲーミングチェアの発売で話題になった「IKEA」がこのBIFMA基準を採用しており、Hbada(ハバダ)はそれ以上の合格基準を設定していることになります。

Hbada(ハバダ)で採用するBIFMA基準
サンワダイレクトより
BIFMA基準とは?

BIFMAとは、「Business and Institutional Furniture Manufacturers Associations(ビジネスおよび機関用家具製造業者協会)」の頭文字であり、ANSI(米国国家規格協会)が認定したオフィス・ビジネス家具協会の品質基準です。米国以外にも多くの国で採用されています。

HBADA(ハバダ)のゲーミングチェアの特徴と仕様

ここでは、Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの特徴と主な仕様を解説していきます。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの特徴

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの特徴は以下のとおりです。

  • リサイクル(再生)ウレタンを使わず、未使用の高密度ウレタンを使用。
  • 1年間の無償部品交換保証
  • 座面が広く、硬めの座り心地

安いゲーミングチェアにありがちな、フワフワとした柔らかい座面は長時間のパソコン作業では逆に疲れてしまいます。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアは、高密度のウレタンフォームを使うことで体重を分散しつつ、硬めの座り心地を実現。

また、1年間の無償部品交換保証がついており、初期不良や故障にも対応可能です。

安くて保証も付いていて安心だね!

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの仕様

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアには、3種類のモデルがあります。

モデルの種類は少ないですが、いずれのモデルも機能が充実しています。

各モデルの共通する仕様を以下にまとめました。

表面素材PUレザー
耐荷重最大150kg
リクライニング角度最大155度+17度のロッキング機能付き
※「002」は最大135度
非再生ウレタンフォーム座面 全モデル標準搭載
ヘッドレスト全モデル標準搭載
アームレスト全モデル標準搭載
ランバーサポート全モデル標準搭載
オットマンオプションで追加可能(+2,000円程度)

ゲーミングチェアの基本的な機能は格安ながら十分です。

さらに、他のゲーミングチェアと差別化するために「1年間の無償部品交換保証」や「高密度ウレタンフォームの使用」などコストパフォーマンスに優れたブランドです。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアを解説

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの各モデルの概要、カラー、価格をまとめると以下のとおりです。

気になるモデルがあったら「詳しく見る」で商品の詳細まで飛べます。

スクロールできます
モデル名 HDJY001 HDJY002W203



商品写真
概要一般的なゲーミング
チェアモデル
バケットシート型
ヘッド、アームレストは固定
ゲーム部屋向け
ランバーサポートが大きめ

カラー
グレー
レッド
ブルー
ホワイト
グレー
レッド
イエロー①
イエロー②
パープル
価格約18,000円約18,000円約18,000円
詳細情報詳しく見る詳しく見る詳しく見る
画像はAmazonより

それぞれのモデルの詳細な特徴、仕様を解説していきます。

「HDJY001」 スタンダードモデル

Hbada(ハバダ)のHDJY001ゲーミングチェア
Amazonより
商品サイズ幅70cm×奥行70cm×高さ120cm~128cm
座面サイズ幅53cm×奥行55cm
座面高40cm~48cm
アームレスト高
(肘掛け高)
27cm~34cm
55cm~62cm(地上高)
リクライニング角度最大155度(無段階調節)
こんな人にオススメのモデル
  • 標準的なモデルが欲しい人
  • シンプルなデザインが好みな人

「HDJY001」はHbada(ハバダ)のゲーミングチェアの中でも一般的なモデルです。

初めてのゲーミングチェア購入や、シンプルなゲーミングチェアを探している人にオススメです。

以下の機能が標準搭載されていて、なおかつ可動式です。

  • ヘッドレスト(枕)
  • アームレスト(肘置き)
  • ランバーサポート(腰当て)

この後に紹介する「HDYJ002」はアームレストが固定式ですが、迷ったらスタンダードな「HDJY001」がオススメ。

また、座面が日本人に合わせて低く設計されているため、小柄な人女性にもピッタリな製品です。

「HDJY002」 バケットシートモデル

Hbada(ハバダ)のHDJY002ゲーミングチェア
Amazonより
商品サイズ幅70cm×奥行70cm×高さ113cm~123cm
座面サイズ幅51cm×奥行52cm
座面高43cm~52cm
アームレスト高
(肘掛け高)
63cm~73cm(地上高)
リクライニング角度最大135度(無段階調節)
こんな人にオススメのモデル
  • 一回り小さいモデルが欲しい人
  • 強いホールド感が欲しい人
  • フラットな座面が好みの人

「HDJY002」はHbada(ハバダ)のゲーミングチェアの中でも、一回りコンパクトに設計されています。

Hbada(ハバダ)のHDJY002ゲーミングチェアの特徴

背面のバックレスト(背中が当たる部分)は、曲線状なのでカラダ全体を包み込む設計になっています。

ヘッドレスト(枕)は、ホールド感を上げるために固定式になっています。

ランバーサポート(腰当て)は、可動式なのでフィット感も良好です。

HDJY002の座面の特徴
楽天より

また、座面が他のモデルに比べて厚く、太ももへの圧迫感が少ない設計です。

長時間座りながら作業する方には「HDJY002」がオススメ。

注意点としては、アームレスト(肘置き)を単体で高さ調節できないので、机の高さやアームレストの高さ調整の必要性を考慮して購入しましょう。

「W203」 ゲーム部屋向けモデル

Hbada(ハバダ)のW203ゲーミングチェア
Amazonより
商品サイズ幅70cm×奥行70cm×高さ120cm~128cm
座面サイズ幅53cm×奥行55cm
座面高40cm~48cm
アームレスト高
(肘掛け高)
27cm~34cm
55cm~62cm(地上高)
リクライニング角度最大155度(無段階調節)
こんな人にオススメのモデル
  • ゲーマーっぽい製品が欲しい人
  • 大きめのランバーサポートが好みな人
  • ヘッドレスト、アームレストを調整したい人

「W203」はHbada(ハバダ)のゲーミングチェアで一番派手なモデルです。

グラデーションの配色が特徴的で、ゲーマーな雰囲気のゲーミングチェアを探している人にピッタリです。

以下の機能が標準搭載かつ可動式になっています。

  • ヘッドレスト(枕)
  • アームレスト(肘置き)
  • ランバーサポート(腰当て)
Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの違い
画像はAmazonより

基本的な構造はスタンダードモデルの「HDJY001」と変わりませんが、ランバーサポートが大きいことが「W203」の特徴です。

腰痛対策に大きめなランバーサポートを探している人にも「W203」がオススメです。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの評判

商品を購入するときに他人のレビューや評判を見てから決めたい方も多いと思います。

最近の中国メーカーの戦略として、良いレビューをつけてくれれば割引やギフト券がもらえたりなど…

いわゆる「サクラレビュー」の多さにも困りますよね。

僕が評判を調べてみたよ。

結論から言うと、Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアはオススメできます。

良い評判

  • 値段以上の座り心地で、機能面も問題なく快適に使用できている
  • 1年間の無償部品交換保証がしっかりと使え、交換までの対応が早い
  • 連絡手段に日本公式Twitterがあり、日本語で対応してもらえる

以上のような良い評判が目立ちました。

さすがQC部門があるだけあって、製品の品質満足度も高いです。

購入して問題なく使えるのが一番良いことですが、万が一破損や故障をした場合でもサポートやアフターフォローがしっかりしているのが好印象です。

万が一サポートを受けることになったら公式Twitterや公式サポートに連絡しよう。

SNSでの評判も高く安心して購入できそうです。

  • 公式Twitter:@Hbata_jp
  • 公式サポート:customerservicejp@heibaidiao.com

悪い評判

悪い評判に関しては、以下のような意見が少数ですがみられました。

  • 部品が組立前から欠損していた
  • 座り心地が思ったよりも硬かった
Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアの初期不良

部品の欠損については、部品同士があたったり擦れたりしたような傷で配送や輸送中についた傷と思われます。

こういった問題はどんなメーカーにでも、少なからず起こる可能性があります。

Hbada(ハバダ)は無償部品交換保証も付いているので、不明点があれば公式Twitter(@Hbada_jp) まで連絡しましょう。

座り心地については、ネット専売であるメーカーは自分で試すことができないのも悩みですよね。

この問題を解決するには試座できるゲーミングチェアを試すのが良いでしょう。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアのまとめ

本記事ではHbada(ハバダ)のゲーミングチェアについて解説しました。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアは値段以上の性能を持ち、サポートや製造元もしっかりしていることからオススメです。

Hbada(ハバダ)は開発から販売までを担う中国メーカーです。

自社工場を持ち、QC部門で徹底した品質管理のもと製造されています。

Hbada(ハバダ)のゲーミングチェアは3種類のモデルが展開されていて、用途や欲しい機能からゲーミングチェアを選ぶことができます。

サポートも充実しており、日本語でも対応してもらえるので同価格帯のゲーミングチェアで悩んでいるなら、Hbada(ハバダ)がオススメです。

他にもいろいろなチェアを見たい方は、1分でできる「ゲーミングチェア診断ナビ」も用意しているので、参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

戻る
読みたい場所をクリック!
閉じる