MENU
アツポン
ゲーミングチェアに妙に詳しいブログ。ゲーミングチェアに1日12時間以上座ることも。ナイキ店舗の全国行脚が趣味。最近はスマートウォッチにもハマってます。
お洒落なゲーム部屋を作ろう!記事を見る

紫色のゲーミングチェアを解説!部屋にピッタリな製品を紹介するよ

紫色のゲーミングチェア

本記事では、紫色のゲーミングチェアを解説します。

一般的なゲーミングチェアは赤や青をアクセントとしたスポーティな印象のカラーリングが定番です。

しかし、今回紹介する紫色系のゲーミングチェアは、ゲーミング感が強く、ゲーム部屋にピッタリな製品ばかりです。

ゲーミングデバイスにも合わせやすいね。

紫色のゲーミングチェアの外観

紫色のゲーミングチェアのメリット・デメリットや、当サイトのおすすめ製品を参考に、自分にピッタリのゲーミングチェアを選んでください!

他ブランドも含めて目的別に厳選したおすすめゲーミングチェアを解説した記事もあるので、参考にどうぞ。

おすすめゲーミングチェア

診断

あなたにピッタリのゲーミングチェアは?

2問目:予算は?(価格とともに耐久性・機能は向上)
3問目:予算は?(価格とともに耐久性・機能も向上)

診断結果

ブランド名 GTRACING
主力製品 GT002など
価格帯 1万円後半〜2万円半ば
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら
GTRACINGは業界屈指の売上を誇るブランド。 GT002を筆頭にAKRacingやDXRACERの半額以下であり、ゲーミングチェア界のユニクロ的な存在です。 近年は中国の格安ゲーミングチェアが多く流通していますが、その中でも販売実績が豊富。 低価格でゲーミングチェアを求めている人の第一選択です!  

\GTRACINGを見てみよう/

参考記事:GTRACINGゲーミングチェアを解説

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 AKRacing
主力製品 WolfNitroなど
価格帯 4万円〜5万円半ば
取扱店舗 Amazonや家電量販店
公式HP こちら
AKRacingは名実ともにゲーミングチェアを代表するブランド。 CMやTV番組で見かけたり、有名Youtuberも使っており、日本では認知度が高いです。 FC東京やヤクルトスワローズのベンチにも採用され、その耐久性はスポーツ業界でも認められています。 日本に販売代理店があり、電話サポートや修理も親切に対応してくれる安心の老舗ブランドなのでおすすめですよ。  

\AKRacingを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 noblechairs
主力製品 EPICICONHERO
価格帯 5万円〜6万円半ば
取扱店舗 Amazonや家電量販店
公式HP こちら
noblechairsはドイツ生まれの質実剛健なゲーミングチェアです。 メルセデス・ベンツとコラボしたり、牛の本皮を使用したモデルも発売。 ゲーミングチェアの枠を超えた本格派なので、書斎や仕事部屋にもピッタリです。 座り心地は少し硬めで高級感がありますよ。  

\noblechairsを見てみよう/

参考記事:noblechairs ICONをレビュー

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Secretlab
主力製品 Titan
価格帯 5万円半ば〜6万円
取扱店舗 Amazon
公式HP こちら
Secretlabはシンガポールを拠点にするブランドです。 創業者がプロゲーマーであり、ゲーマー目線でのハイスペックなゲーミングチェアを実現。 日本では認知度が低いものの、海外では高機能と先鋭的デザインで大人気となりました。 今後は日本でも人気が出ること間違いなしの注目すべきブランドです。  

\Secretlabを見てみよう/

参考記事:Secretlabゲーミングチェアを解説

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Dowinx
主力製品 LS-6668など
価格帯 2万円前後
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら(英語)
Dowinxは低価格なゲーミングチェアを販売するブランド。 中国の数多くある格安ブランドの一つですが、独自デザインに定評があります。 特にLS-6668はファブリック製で可愛いデザインが女性にもヒット。 予算を抑えたいけど、コテコテなゲーミングチェアが苦手という人におすすめです。  

\Dowinxを見てみよう/

参考記事
Dowinxのゲーミングチェア!読み方や会社、公式サイトも解説 この記事ではDowinxの「ゲーミングチェア」を解説します。 Dowinx(ドウンクス)はAKRacingやDXRACERほど長い歴史はありませんが、最近増えてきた中国の格安ブランドよ...

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 イトーキ
主力製品 クロスフォーカスチェア
価格帯 約4万円
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら
イトーキはイスを中心にオフィス家具を扱う日本メーカーです。 イスのラインナップの一つにゲーミングチェアを「クロスフォーカスチェア」として扱っています。 ファブリック製で優しい色合いでインテリアにも合わせやすいのが特徴。 日本ブランドで安心して長く使えますよ。  

\イトーキを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Razer
主力製品 Razer Iskur
価格帯 約8万円
取扱店舗 ネット通販や直営店
公式HP こちら
Razerは蛍光グリーンが印象的なコアなファンが多いブランド。 ゲーミングデバイス全般を扱っており、その一つとしてゲーミングチェアも扱っています。 Razerらしいデザインとハイスペックな機能を備え、他ブランドとは一線を画しています。 内蔵型ランバーサポートなど機能面でもゲーマーを魅了する製品です。  

\Razerを見てみよう/

参考記事:Razer Iskurをレビュー

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 GTRACING
対象モデル GT901BLACK
価格帯 2万円半ば
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら
ゲーミングチェア界のユニクロ!それがGTRACINGです。 コスパが高く、AKRacingやDXRacerと同様な機能とデザインで半額以下。 販売チャネルをAmazonに絞ったD2Cモデルによりコストを抑えて、低価格を実現しています。 ブラックモデルなら書斎や仕事部屋にもピッタリですよ。  

\GTRACINGを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Corsair
対象モデル T3 RUSH
価格帯 3万円後半〜4万円
取扱店舗 ネット通販が中心
公式HP こちら
Corsairは米国を拠点にしたPCパーツメーカー。 近年はゲーミングデバイスで注目されていますが、SSDも生産していた歴史の長い会社です。 ゲーミングチェアではT3 RUSHというファブリック製モデルで人気が出ました。 ファブリック製に限られますが、落ち着いたデザインで書斎にピッタリです。  

\Corsairを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 AKRacing
対象モデル AKRacing Premium
価格帯 約6万円
取扱店舗 Amazonや家電量販店
公式HP こちら
AKRacingの中でも最上位モデルがPremiumです。 最近のリモートワーク需要で人気が急上昇したAKRacingのオフィスチェア向け製品。 表面に高品質PUレザーを採用し、高い耐久性を実現しています。 デザインも黒を基調としたシリーズであり、オフィス向けなので書斎にもピッタリです。  

\AKRacing Premiumを見よう/

もう一げーm度診断する

診断結果

ブランド名 Cyber Ground
対象モデル スエード調モデル
価格帯 約2万円
取扱店舗 ネット通販のみ
公式HP こちら
Cyber Groundは日本の家具通販会社「タンスのゲン」のゲーミング家具ブランド。 淡いピンク色のスエード生地が柔らかい印象を与えるゲーミングチェアです。 インテリアにも合わせやすいデザインであり、良い意味でゲーミングチェアらしくありません。 機能面ではオットマンが付いており、価格は約2万円でコスパ高めです。  

\Cyber Groundを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 AKRacing
対象モデル Nitro V2/Wolf
価格帯 4万円後半
取扱店舗 Amazonや家電量販店が中心
公式HP こちら
AKRacingは国内人気トップのゲーミングチェアブランド。 その主力製品はPUレザー製がNitro V2、ファブリック製がWolfです。 両製品の機能面に差がなく、表面素材の好みで選びましょう。 初めて買うなら、王道のPUレザー製のNitro V2がおすすめです。  

\AKRacingを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 PAXTON
対象モデル PAXTON
価格帯 約3万円
取扱店舗 ネット通販のみ
公式HP こちら
PAXTONは仕事向けゲーミングチェアを扱う日本メーカー。 2022年から本格的に販売を開始し、Amazonでは高い人気を誇っています。 ゲーミングと言いつつ、仕事や在宅ワークのために特化した製品です。 背もたれがメッシュ製なので蒸れにくく、オットマンも付いています。  

\PAXTONを見てみよう/

もう一度診断する

本記事では、紫色のゲーミングチェアを解説していきます。

ぜひ好みのゲーミングチェアを見つけてみてください!

読みたい場所をクリック!

紫色のゲーミングチェアの特徴

紫色のゲーミングチェアの色合い

一般的に紫色には、上品さや優雅さ、神秘的といった印象があります。

では、ゲーミングチェアを紫色にした場合、チェアそのものや空間にはどのような効果があるのでしょうか?

紫色のゲーミングチェアのメリットをまとめたよ。

メリット
デメリット
  • ゲームの世界観を演出
  • アクセントになる
  • ネオンライトと合う
  • 商品数が少なめ
  • 仕事部屋には合いにくい

紫色のゲーミングチェアは、定番品にはない個性やゲーミング感を演出したい人におすすめです。

紫色はブルー系や淡い色とも相性が良く、カラーを統一するとゲーム部屋らしい雰囲気に仕上がります。

紫色のゲーミングチェアが合う部屋

ただし、紫はそれひとつでも存在感がある色です。

部屋の広い範囲を紫色のグッズが占めると、空間全体が重い印象になってしまいます。

そのため、初めて紫色を部屋に取り入れたいと考えている人は、部屋のワンポイント的に紫色を取り入れましょう。

紫色のゲーミングチェアとゲーム部屋

紫色のゲーミングチェアはいずれも黒を基調としたカラーリングであり、部屋とのカラーバランスもとりやすいのが特徴です。

紫色のおすすめゲーミングチェア

紫色のゲーミングチェアのまとめ

紫色系のおすすめゲーミングチェアを紹介します。

各製品の販売価格・表面素材・オットマンの有無を比較した表は以下のとおりです。

気になる製品をクリックしてね。

スクロールできます
ゲーミングチェア販売価格表面素材オットマン
AKRacing Wolf約4万5千円ファブリックなし
AKRacing Overture約5万円 PUレザー なし
GTRACING GT002約2万円 PUレザー なし
Dowinx LS-6688約2万円 PUレザー あり
VertaGear VG-SL2000約3万3千円 PVCレザー なし
Nitro Concepts S300約4万円ファブリック なし

それでは、各製品の詳しい情報を見ていきましょう。

AKRacing Wolf/Overture

AKRacingは日本国内で人気トップのブランドです。

プロゲーマーから在宅ワーカーまで幅広い層に支持されています。

スペックの近いWolf/Overtureの2つのシリーズから、それぞれデザインの異なる紫色のゲーミングチェアが販売されています。

AKRacingの紫色のゲーミングチェア

AKRacing Wolf/Overtureはこんな人におすすめ
・信頼の大手ブランドで選びたい人
・耐久性が高い製品を買いたい人

① AKRacing Wolf

Wolfの紫色のゲーミングチェア
販売価格約4万5千円
表面素材ファブリック
リクライニング最大180度
オットマンなし

「Wolf」は表面素材に通気性の高いファブリック生地を採用しています。

ポリエステル繊維でサラッとした肌触りなので、夏に長時間座っていてもムレにくいのが特徴です。

数少ないファブリック生地の紫色モデルだよ。

デザイン面では黒をベースに、紫色がバランス良く配置されており、スタイリッシュさを感じます。

機能面はゲーミングチェアとしての標準機能を備えています。

価格は約4万5千円であり、AKRacingの中では最安値のモデルです。

② AKRacing Overture

Overtureの紫色のゲーミングチェア
販売価格約5万円
表面素材PUレザー
リクライニング最大180度
オットマンなし

「Overture」は、AKRacingの中ではゆったりしたサイズ感のモデルです。

機能面ではWolfと差がなく、明確な違いは素材(PUレザー/ファブリック)とサイズ感(Overtureがゆったり)の2点のみです。

OvertureはAKRacingでも人気製品だよ。

Overtureのカラーリングは黒をベースとして、紫とグレーの2色をあしらっている点が特徴です。

グレーが紫色を引き立てており、ゲーミングチェア単体でも存在感のあるインテリアになるでしょう。

GTRACING GT002

GTRACINGの紫色のゲーミングチェア
販売価格約2万円
表面素材PUレザー
リクライニング最大165度
オットマンなし

「GT002」は基本機能を備えたゲーミングチェアであり、GTRACINGの主力製品です。

コスパの高さが人気であり、Amazonのゲーミングチェア部門で売上数No.1を記録したモデルです。

予算2万円で探している人にはピッタリだね。

ゲーミングチェアらしい定番デザインであり、黒をベースに明るめの紫色を配置しています。

基本機能を備えた紫色のゲーミングチェアを安く買いたい…そんな人の第一選択となる製品です。

「GTRACING GT002」はこんな人におすすめ!
・予算2万円で製品を探していた人
・定番デザイン&基本機能が良い人

Dowinx LS-6688

Dowinxの紫色のゲーミングチェア
販売価格約2万円
表面素材PUレザー
リクライニング最大165度
オットマンなし

Diwinxの「LS-6688」シリーズは、収納式オットマンが付いていながら、2万円台というコスパの高さが魅力です。

ただ、アームレストは独自の構造となっており、高さを調整する昇降機能は付いていません。

デザインや価格もGTRACINGと似た感じの製品だね。

Dowinxは日本でも販売実績が豊富なブランドであり、GTRACINGの後を追う中堅の格安ブランドという感じ。

予算が2万円前後の場合、GTRACINGとDowinxから好みで選ぶと良いでしょう。

「Dowinx LS-6688」はこんな人におすすめ!
・予算が2万円前後の人
・定番デザイン&基本機能が良い人

VertaGear VG-SL2000

VertaGearの紫色のゲーミングチェア
販売価格約3万3千円
表面素材PVCレザー
リクライニング最大140度
オットマンなし

VertaGearは日本では知名度が低いかもしれませんが、欧米では数々の賞を受賞している米国発のゲーミングチェアブランドです。

VertaGearの特徴は、蛍光色にも近い鮮やかな色合いのパープルです。

紫以外のカラーもカッコいいよ!

VG-SL2000の紫はやや青みがかった紫であり、スタイリッシュさを感じさせます。

黒を基調として紫をアクセントに使う点はどのブランドも共通ですが、VertaGearはデザインと色合いにセンスを感じます。

また、ゲーミングチェアの組み立てで難易度が高いとされる、背もたれの取り付けを容易にした点も特長です。

背もたれパーツを所定の位置に差し込むだけでOKなので、女性1人でも組み立てやすくなっています。

「VertaGear VG-SL2000」はこんな人におすすめ!
・高いデザイン性の製品が好みの人
・組み立てやすい製品が良い人

Nitro Concepts S300

NitroConceptsの紫色のゲーミングチェア
販売価格約4万円
表面素材ファブリック
リクライニング最大135度
オットマンなし

Nitro Concepts(ニトロコンセプツ)は、ドイツ最大規模のPC系商社/小売店であるCaseking社が手がけるチェアブランドです。

姉妹ブランドのnoblechairs(ノーブルチェアーズ)と同様、他社ゲーミングチェアにはない独特なデザインが目を引きます。

ドイツのモノ作りのこだわりを感じるよ。

「S300」のカラーリングは他社ゲーミングチェアのような主張の強さはなく、控えめで落ち着いたデザインです。

他のインテリアと違和感なく合わせたい人におすすめです。

「Nitro Concepts S300」はこんな人におすすめ!
・ファブリック生地で探している人
・目立ちすぎないデザインが良い人

紫色ゲーミングチェアのまとめ

本記事では紫色のゲーミングチェアを解説しました。

PUレザー製とファブリック製があり、それぞれで質感や印象も異なります。

デザインだけでなく、素材も含めて選びたいね。

紫色のゲーミングチェアを販売しているメーカーは少ないので、本記事を参考に選んでみてください。

他にも色別のゲーミングチェアを解説した記事があるので、参考にどうぞ。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!