お薬とファッションのレビューブログ

整腸剤の市販薬おすすめランキング!薬剤師がコスパで選んだよ

整腸薬の市販薬おすすめランキング

薬剤師なのに外資系ビジネスマンとして働くアツポン( @Atsuponpapa)です。

お腹がゆるくなったり、下痢が続くことってありますよね。

アツポン

食べ過ぎや飲み過ぎでもお腹の調子が悪くなるよ。

下痢の原因には食べ過ぎや食中毒,ストレス性などの様々なタイプがあります。

市販薬でも対応できる下痢があるので、正しい知識を身につけて市販の整腸剤で対応しましょう!

本記事では整腸剤の市販薬おすすめランキングをまとめたので、整腸剤を購入する際の参考にしてみてください。

下痢の原因とメカニズム

下痢は継続する時期で「急性下痢(4週間未満)」と「慢性下痢(4週間以上)」に分けられ,それぞれで主な原因が異なります(MSDマニュアル家庭版)。

アツポン

ストレスにより下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群は慢性下痢に分類されるよ。

急性下痢と慢性下痢の原因

  • 急性下痢(4週間未満):ウイルスや細菌,食中毒,薬の副作用など
  • 慢性下痢(4週間以上):過敏性腸症候群,炎症性腸疾患など

誰もが1度は経験がある細菌やウイルスによる胃腸炎は急性下痢に分類されます。

アツポン

胃腸炎のときはトイレで生活していた記憶があるよ。

このような重い症状の下痢ではなく,食べ過ぎ食あたり冷えといったお腹のトラブルには市販の整腸剤で対処しましょう。

下痢のメカニズムには複数ありますが,いずれも結果として便の水分量が多くなり,腹痛を伴います(くすりと健康の情報局)。

整腸薬の市販薬おすすめランキング

くすりと健康の情報局

このような腹痛の場合,小腸や大腸の働きを整える市販の整腸剤で対応できます。

整腸剤のおすすめランキング

市販の整腸剤/整腸薬は腸内細菌を整える整腸作用を期待した商品が中心になっています。

アツポン

ビフィズス菌を有効成分とした整腸薬が多いよ!

一刻も早く下痢を止めたい場合には、ロートエキスを配合した「ストッパ下痢止め」がおすすめです。

1位 新ビオフェルミンS

新ビオフェルミンS』は乳酸菌であるビフィズス菌を主成分とした整腸薬です。

アツポン

うむ、乳酸菌ね、腸内環境を整えてくれる善玉菌だよね。

新ビオフェルミンS』はビオフェルミン製薬が製造販売しています。

感染性胃腸炎では必ず処方される医療用医薬品「ビオフェルミン」を製造している会社の製品です。

アツポン

ビオフェルミンを作っている会社の薬を普通に買えるんだね!

3種類の乳酸菌(ビフィズス菌、フェリカス菌、アシドフェリス菌)から構成されており、腸内環境を整えてくれます。

もし整腸薬の購入を考えているなら、『新ビオフェルミンS』がおすすめです。

お得な新ビオフェルミンS後発商品

新ビオフェルミンSの後発商品として『PHARMA CHOICE 整腸薬』があります。

この商品はAmazonプライベートブランドの市販薬であり、値段もお手頃なんです。

しかも、『PHARMA CHOICE 整腸薬』のほうがビフィズス菌の含有量(1日分9錠あたり)が多いんです。

ビフィズス菌フェカリス菌アシドフェリス菌
ファーマチョイス24mg/9錠24mg/9錠24mg/9錠
新ビオフェルミン18mg/9錠18mg/9錠18mg/9錠

安くて有効成分量も多く、コスパ重視なら『PHARMA CHOICE 整腸薬』がおすすめですよ。

2位 ザ・ガード コーワ

ザ・ガード コーワ』は新ビオフェルミンSと同様に乳酸菌を中心にした整腸薬です。

乳酸菌に加えて、納豆菌生薬も配合しています。

納豆菌が乳酸菌の作用を助け、生薬が弱った胃の働きを助けます。

アツポン

この生薬は胃腸薬に含まれる成分と同じだよ!

3位 強ミヤリサン

強ミヤリサン』はミヤリサン株式会社の製品であり、主成分は酪酸菌(宮入菌)です。

アツポン

商品名がなかなか渋いな。

酪酸菌(宮入菌)はミヤリサン株式会社の初代社長が発見した腸内細菌であり、乳酸菌に比べて胃酸に対して強く、腸内で増殖して腸内環境を整えてくれます。

そのため、他製品は乳酸菌を助けるために様々な成分を配合していますが、『強ミヤリサン』の有効成分は酪酸菌のみです。

アツポン

自信があるからシンプルなのだ。

番外編 ストッパ下痢止め

本記事では整腸剤を紹介してきましたが、下痢を止める目的の薬として『ストッパ下痢止め』があります。

ストッパ下痢止め』は胃腸薬にも含まれるロートエキスを主成分としており、腸の活発な動きを抑えてくれます。

アツポン

仕事や授業で長時間はトイレに行けないとき、下痢や腹痛を一刻も早く止めたいときにはおすすめだよ!
下痢止めの注意点
本来、下痢は体外へ出すべきであり、無理に我慢したり止めるものではありません。特に感染性胃腸炎の場合には下痢止めではなく、ビオフェルミンなどの整腸薬が処方されます。下痢止めは一時的な下痢に対し、その場しのぎで使用するものと理解しましょう。

整腸剤/整腸薬のまとめ

今回は整腸剤の市販薬おすすめランキングを紹介しました!

紹介した3つの市販薬(新ビオフェルミンS、ザ・ガード コーワ、強ミヤリサン)はいずれも善玉菌を補って腸内環境を整える薬です。

ビフィズス菌を含む医薬品は胃腸炎の際にも病院で処方される薬であり、家庭に常備薬として置いておくと安心ですよ。

アツポン

新ビオフェルミンSなら5歳以上の子供から飲めるよ!

今回紹介した整腸剤の市販薬おすすめランキングの商品はこちらです。

Amazonのプライベートブランドから格安な市販薬が発売されているので、賢くお得に薬を購入しましょう!
どれもドラッグストアより安いので、家庭の常備薬を購入するのにオススメです。

Amazon限定の市販薬

アマゾン市販薬【PHARMA CHOICE】が安い!お買い得な理由とおすすめ商品を薬剤師が解説