Amazonブラックフライデーが開催中セール品を見る

LOWYA(ロウヤ)のおすすめテレビ台を解説!1年間使用レビューも

本記事ではLOWYAで人気トップのおすすめテレビ台を解説します。

LOWYAでは150種類以上のテレビ台を扱っていますが、その中でも特に人気商品が日本製ローテレビ台です。

その人気の理由は…

  • 価格が安く、コスパが高い
  • 色がオシャレ(シャビーナチュラル)
  • 機能性と収納力がバツグン

テレビ台を探してると、LOWYAにたどり着く人が多いはずです。

そして、LOWYAで人気の日本製ローテレビ台が気になりますよね。

実際に購入して使ってみたよ。

LOWYAのおすすめテレビ台

実際に1年間使ってみてレビューしたので、使用感や劣化・耐久性などが気になる人は、こちら「LOWYAの人気テレビ台を1年間使用レビュー」から読んでみてください。

本シリーズにはサイズやカラー展開も豊富なので、本記事ではその選び方も解説していきます。

スクロールできます
幅120cm幅140cm幅180cm幅200cmコーナー専用
外観
サイズ幅120×奥行42×高さ36cm幅140×奥行42×高さ36cm幅180×奥行42×高さ36cm幅200×奥行42×高さ36cm幅100×奥行42×高さ36cm
重量約23kg約26kg約37kg約42kg21kg
天板の耐荷重約50kg約50kg約50kg約50kg約50kg
カラー展開6種類6種類6種類6種類1種類
価格約3万5千円約4万円約4万5千円約5万5千円約4万円

カラー展開は6種類(シャビーナチュラル/ウォルナット/ダークブラウン/ナチュラル/ブラック/ホワイト)であり、コーナー専用だけシャビーナチュラルの1種類です。

ぜひ本記事を参考にして、自分にピッタリなLOWYAのテレビ台を選んでみてください。

読みたい場所をクリック!

LOWYAのおすすめテレビ台の選び方

LOWYA(ロウヤ)の中で人気商品はテレビ台です。

公式サイトの総合人気ランキングでもテレビ台が上位を占めています。

お洒落なテレビ台が多いもんね!

LOWYAのランキング内のテレビ台

LOWYAには様々なテレビ台があるので、その選び方を解説していきます。

テレビ台で一番人気はこちらのお洒落な製品です。

LOWYAの幅180cmのテレビ台

人気の日本製テレビ台(色:シャビーナチュラル)を1年間使用したレビューはこちら「LOWYAの国産テレビ台をレビュー」から読んでください。

素材はナチュラルな木製が人気

LOWYAで一番人気は50型テレビに対応した日本製ローテレビ台です。

木の優しい雰囲気を感じるテレビ台だね!

LOWYAのテレビ台の正面

この製品は日本製であり、さらに機能面収納力もバツグン。

LOWYAのテレビ台人気ランキングで常にトップであり、サイズ違いもトップ5に入っています。

LOWYAのテレビ台ランキング

もし製品選びで悩んでいたら、日本製ローテレビ台の本シリーズを選んでおけば失敗はありません。

LOWYAでも大人気の商品であり、サイズ違いの製品やコーナー専用の製品も展開しています。

色はシャビーナチュラルが合わせやすい

日本製ローテレビ台のシリーズには複数のカラーが用意されています。

木目調だけでも4種類。

LOWYAのテレビ台のカラー展開

このうち、一番人気はシャビーナチュラルです。

インテリアにも合わせやすい落ち着いた色合いが特徴です。

LOWYAのテレビ台の素材の種類

木の風合いと温もりを感じやすいのがシャビーナチュラル

サイドに観葉植物を置いたら、ピッタリですね。

LOWYAのテレビ台のシャビーナチュラル

テレビ台の色としてありそうでなかったのが、シャビーナチュラルです。

別ブランドでナチュラルを選んだ失敗談

以前、私が使っていたテレビ台はB companyのナチュラルカラーでした(以下写真はイメージ)。

LOWYAよりも安いテレビ台

店舗で見ると立派でしたが、家に持って帰ると安っぽくて…小学校の机っぽい感じ。

テレビ台ではナチュラルやダークブラウンが多く、LOWYAのシャビーナチュラルは珍しい色合いです。

サイズは幅140と幅180が人気

この人気の日本製ローテレビ台のシリーズは主に3つのサイズで展開しています。

LOWYAのテレビ台のサイズ別一覧、120cm、140cm、180cm
サイズと値段
  • 幅120cm(約3万5千円)
  • 幅140cm(約4万円)
  • 幅180cm(約4万5千円)

上記のいずれも奥行(44cm)と高さ(38cm)は同じです。

注意点として、LOWYAの本シリーズに幅150cmがありません

自分は幅150cmのテレビ台を探していましたが、結局、LOWYAのの幅140cmを購入。

結果として、とても満足しています(1年間使用レビューを参照)。

角・コーナーに特化したモデルも

日本製ローテレビ台のシリーズにコーナー用テレビ台があります。

一般的にコーナー専用のテレビ台は希少なので、探していた人には有り難い商品ですね。

人気シリーズのコーナー専用は嬉しいね!

LOWYAのコーナー用テレビ台

他のシリーズになりますが、コーナーを生かした独特なテレビ台もLOWYAで扱っています。

LOWYAのコーナーを活用したテレビ台

細かいニーズにも応える製品があり、LOWYAで探せば好みのテレビ台が見つかるはずです。

部屋のレイアウトや間取りに合わせて選んでみましょう。

LOWYAの人気テレビ台を1年間使用レビュー

LOWYAの日本製ローテレビ台のレビュー

我が家では、LOWYAで人気の日本製テレビ台を1年間使ってみました。

購入したモデルのサイズは幅140cm、カラーはシャビーナチュラルです。

その使用感や良かった点、さらに劣化状況も紹介していきます。

1年間使ってみた感想を紹介するよ。

木製の優しいテイスト

購入して1年が経過しましたが、今でもお気に入りのテレビ台です。

シャビーナチュラルのカラーが木の優しい雰囲気を出しています。

一般的な部屋の雰囲気にも合いやすいよ。

LOWYAの幅140cmのテレビ台

天板の質感は無垢材のような本格派。

安っぽい商品はすぐにプリントと分かりますが、本製品は質感が本当に良いです。

LOWYAのテレビ台の天板

1年経過しても品質が落ちず、外観で劣化を感じることはありませんでした。

機能性と収納力は最大の魅力

LOWYAのテレビ台の外観

LOWYAのテレビ台は外観の綺麗さだけではありません。

1年間使ってみて感じた最大の魅力は、その機能性収納力です。

日本製だからこそ、使う側の立場で工夫された機能が多く、とても便利なテレビ台に仕上がっています。

ここではその機能性と収納力を解説していきます。

LOWYAテレビ台の収納
  • 天板上のスペース
    テレビ横のスペースを有効活用できる
  • 左側の大容量引き出し
    ガラス付で機器をリモコンで操作可能
  • 右側の引き出しと収納
    深さと奥行きがある収納
  • 配線コードの収納
    地味ながら感動レベルの収納力

天板上のスペース

幅140/幅180の製品は50型テレビにも対応しています。

LOWYAのテレビ台に置けるテレビのサイズ

我が家のテレビは40V型ワイド(シャープ製)なので、テレビの幅は約90cm。

テレビ台は幅140cmなので、天板上に50cm程度のスペースできます。

LOWYAのテレビ台を上面から撮影

この天板上のスペースを有効活用しましょう。

我が家ではテレビを左側に寄せて、その狭いスペースにニンテンドースイッチを置き、その裏にルーターを隠しています。

LOWYAのテレビ台の天板左

右側の広いスペースには、無印良品で購入した収納ボックスに子供の勉強道具や筆記用具を入れています。

LOWYAのテレビ台の天板右

この右側の広めなスペースは、お洒落な部屋なら観葉植物を置くと、雰囲気がグッと良くなりそうです。

LOWYAのテレビ台の天板スペースの活用

ただ、我が家ではスペース的な問題と子供がイジって危ないので…

子供の筆記用具などを収納ボックスに入れて、このスペースに置いています。

左側の大容量の引き出し

LOWYAのテレビ台の正面には3種類の収納があります。

LOWYAのテレビ台の収納

その中でも大きな存在感を放っているのが、ガラス付きの大容量引き出しです。

ガラス越しにリモコンの電波が届きますし、電子機器がオンになっているかどうかライトが見れるので便利です。

LOWYAのテレビ台のガラス付き大容量引き出し

ガラスは割れる心配がありますが、意外と厚くて丈夫です。

子供(3歳と6歳)が壊したり、怪我する可能性も考えましたが、全く問題ありませんでした。

LOWYAのテレビ台のガラス

収納力という点では、DVDCDがケースのまま入るので、大満足です。

LOWYAのテレビ台のDVD収納

注意点として、DVDをケースのまま収納する場合、このように縦で入れようとすると扉が閉まりません。

必ず横にして収納しましょう。

LOWYAのテレビ台の収納の注意点

そのDVDなどの収納の上には、レコーダーなどを収納できる棚があります。

我が家ではテレビを録画するHDDレコーダーとインターネット接続のNTTのモデムを収納しています。

LOWYAのテレビ台のレコーダーやルーターの収納

このレコーダーなどを収納する棚は裏が吹き抜けになっており、そのままコードを裏側にあるコンセントに接続できます。

右側の引き出しと収納

LOWYAのテレビ台の右側にも2つの収納があります。

LOWYAのテレビ台の右側の引き出し

1つ目は引き出しになっています。

LOWYAのテレビ台の引き出しが深い

左側にある大容量引き出しよりも深さがあるので、このようなボードゲームも箱のまま収納できます。

LOWYAのテレビ台に収納した物

最後の収納は、シンプルな扉付きの棚です。

LOWYAのテレビ台の扉付き棚

奥行きがあるのでDVDなら2列で入れることもできます。

LOWYAのテレビ台の棚に収納したDVD

この扉付きの棚は、もともと電子機器を入れることが想定されており、裏側にはコードを逃がす穴があります。

プレイステーションなどのゲーム機も入れることができそうです。

LOWYAのテレビ台の裏のコード穴

これだけの使いやすい収納があるテレビ台は珍しいと思います。

さらに、配線コードの収納も感動レベルなので、ぜひチェックしてみてください。

配線コードの収納

LAWYAのテレビ台は見えにくい部分にもこだわりがあります。

それが配線コードの収納です。

細かい配慮だね。

LOWYAのテレビ台のコード収納
配線コードの収納
  • コードスリット
    天板とサイドにコードを逃がす隙間
  • タップ収納
    裏側にタップを収納するスペース

天板にコードスリットがあることで、壁にテレビ台を密着させても、配線コードを裏側に通せます。

LOWYAのテレビ台のコードスリット

さらに、天板から配線コードを通した先にタップ収納があります。

ここには電源タップだけでなく、束ねたコード類をまとめて収納できます。

LOWYAのテレビ台のタップ収納

この裏側の配線コードの収納が大容量であり、レコーダーやインターネット回線などのコードも含めて全部収納できています。

配線コードの収納は外観から分かりにくいですが、非常に便利です。

LOWYAのテレビ台の収納力

LOWYAのテレビ台はお洒落な見た目だけでなく、機能や収納面も非常に考えられた作りになっています。

劣化は許容範囲内

LOWYAのテレビ台を1年間使用した場合の劣化破損も紹介します。

経年劣化も赤裸々に紹介していくよ。

我が家は、男児(3歳と6歳)が引き出しをガンガン開けて、角に物をぶつけているような状況であり、丁寧に扱うオトナとは使い方が異なる点はご理解ください。

まずは開け閉めが多い引き出しの劣化状況です。

引き出しの下部に傷が出来ており、表面がわずかに欠けてしまった部分もあります。

LOWYAのテレビ台の劣化

ダメージを受けやすい天板の角を見てみましょう。

天板の角の塗装がやや剥げてきていますが、許容範囲という感じ。

LOWYAのテレビ台の角の破損

引き出しのガラス部分は、全く傷がありません。

当初、このガラスが破損しそうで心配でしたが、かなり丈夫でした。

LOWYAのテレビ台のガラスは壊れにくい

LOWYAのテレビ台を使用した感想は、表面の板が剥げにくく、想像以上に丈夫でした。

どうしても角は傷が付きやすいですが、ほとんど目立ちません。

子供がいる我が家で1年間使用して、この程度の劣化なので、丁寧に扱う家庭であれば壊れずに長く使えるはずです。

LOWYAのおすすめテレビ台のまとめ

本記事ではLOWYAのおすすめ人気テレビ台を解説し、それを1年間使用してレビューしました。

感想として、耐久性が高く、収納力もあり、見た目も綺麗で最高のテレビ台です!

おすすめはシャビーナチュラルです。

迷ったらシャビーナチュラルを選んでおこう!

サイズは幅140cm/幅180cmが人気ですが、部屋のサイズに合わせて選びましょう。

コーナー専用テレビ台もあり、色は1種類ですが人気のシャビーナチュラルが用意されています。

ぜひLOWYAの人気テレビ台から部屋に合わせて選んでみてください。

スクロールできます
幅120cm幅140cm幅180cm幅200cmコーナー専用
外観
サイズ幅120×奥行42×高さ36cm幅140×奥行42×高さ36cm幅180×奥行42×高さ36cm幅200×奥行42×高さ36cm幅100×奥行42×高さ36cm
重量約23kg約26kg約37kg約42kg21kg
天板の耐荷重約50kg約50kg約50kg約50kg約50kg
カラー展開6種類6種類6種類6種類1種類
価格約3万5千円約4万円約4万5千円約5万5千円約4万円

カラー展開は6種類(シャビーナチュラル/ウォルナット/ダークブラウン/ナチュラル/ブラック/ホワイト)であり、コーナー専用だけシャビーナチュラルの1種類です。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

戻る
読みたい場所をクリック!
閉じる