お薬とファッションのレビューブログ

チャップアップやフィンジアの通販育毛剤を薬剤師が徹底比較!効果や成分も解説

チャップアップなど通販育毛剤の成分と効果を薬剤師が解説

どうも、薬剤師パパブロガーのアツポン( @Atsuponpapa)です。

ネットで育毛剤を探すと、口コミやブログで通販育毛剤(チャップアップ、ポリピュア、フィンジアなど)が出てきますよね。

アツポン

ドラッグストアで販売されている育毛剤と何が違うんだろう。
チャップアップやフィンジアの通販育毛剤を薬剤師が徹底比較

出典:各メーカーサイト

通販育毛剤を選ぶ場合、正しい育毛剤の選び方を知った上で、通販育毛剤の位置付けや特徴を理解する必要があります。

本記事では、通販育毛剤の位置付けや特徴を薬剤師の観点から解説し、その上で科学的根拠に基づいた最新の診療ガイドライン(日本皮膚科学会ガイドライン)で推奨されている育毛剤を紹介します。

通販育毛剤の注意点
育毛剤市場は医薬品や医薬部外品、化粧品が非常に近い感覚で使われている独特な市場です。特に通販育毛剤メーカーはネット上での露出を高めるために、口コミやアフィリエイトを利用したウェブマーケティングを活用しています。ネット媒体では医薬部外品や化粧品の区分を越えた過剰な表現も散見され、さらにアフィリエイト報酬を高めた定期購入の縛りが顧客トラブルの一因にもなっています。

通販育毛剤とは

店頭では買いにくい商品や身体的な悩みを解消する商品は「コンプレックス商材」と呼ばれており、ダイエットや育毛剤、美容に関連するグッズは通販で人気があります。

育毛剤の場合は「リアップ(大正製薬)」や「アデノゲン(資生堂)」もAmazonや楽天市場で購入可能ですが、本記事では「通販育毛剤」をウェブ中心に展開する育毛剤と定義します。

チャップアップ,フィンジア,プランテル,ポリピュアの通販育毛剤の広告

出典:各ブランドサイト

ウェブを中心に展開する育毛剤メーカーはインターネットの広告ネット媒体(SNSやブログなど)を介して顧客にアプローチし、さらに育毛ケアの啓発を通じて新たな市場を創出しています。

アツポン

YahooやGoogleでも育毛剤の広告を見たことあるかも!

本記事では「通販育毛剤」にフォーカスして薬剤師の観点から商品を解説します。

通販育毛剤の売上ランキング

育毛剤/発毛剤市場は全体で約700億円であり(矢野経済研究所)、通販育毛剤は約100億円の規模になっています(下表)。

アツポン

通販育毛剤ではチャップアップとポリピュアが人気なんだね!
チャップアップとポリピュアが通販育毛剤で売り上げランキング上位

出典:通販新聞

通販育毛剤の売上額人気はウェブを中心としたマーケティングの特徴から広告投資額訴求の展開に依存しやすい傾向がありますね。

アツポン

商品を買う側が正しい知識をつける必要があるね。

通販育毛剤の成分と効果を解説

通販育毛剤の売上額で上位の「チャップアップ」と「ポリピュアEX」、ネット媒体で人気の「フィンジア」と「プランテルEX」を薬剤師の観点で解説します。

チャップアップ

チャップアップの成分と効果を薬剤師が解説

チャップアップ」は3種類の有効成分(医薬部外品成分)を配合しています。

アツポン

頭皮の血流増加や炎症(フケやかゆみ)抑制を目的とした配合だよ。

定期購入と都度購入でも返金保証制度があるので安心感があります。

約80種類の成分の配合意義
「チャップアップ」の特徴として豊富な成分数が挙げられています。しかし、有効成分(医薬部外品成分)は3種類であり、その他の成分(植物エキスやアミノ酸)を含めた総成分数が約80種類です。その成分はオレンジやレモンの果汁、栄養ドリンクのようなアミノ酸で構成されていることを知っておきましょう。

ポリピュアEX

ポリピュアEXの成分と効果を薬剤師が解説

ポリピュアEX」は4種類の有効成分(医薬部外品成分)を配合しています。

その成分は「チャップアップ」と共通するものがあり、下記2つが同一成分です。

  • センブリエキス
  • グリチルリチン酸

センブリエキスは頭皮の血流増加、グリチルリチン酸は抗炎症作用によるフケやかゆみを抑えて頭皮環境を整えます。

アツポン

センブリエキスとグリチルリチン酸は育毛剤に共通して含まれることが多い成分だよ。
ポリピュアEXの独自成分「ポリリン酸」
ポリピュアEXの製造元(リジェンティス社)の社長が「ポリリン酸」の研究から事業展開まで携わっており、大学発ベンチャー企業としてポリピュアEXを販売しています。広告ではポリリン酸が「独自成分」として強調されているものの、ポリリン酸は化粧品成分であり、有効成分(医薬部外品成分)はニンジンエキス、センブリエキス、グリチルリチン酸、パントテルエチルエーテルであることに注意が必要です。

プランテルEX

プランテルEXの成分と効果を薬剤師が解説

プランテルEX」は医薬部外品成分のリデンシルを配合した育毛剤です。

本製品で注意が必要なのは、ミノキシジルは医薬品の化合物ですが、リデンシルは植物エキス(茶葉や松かさ)の混合物です(Redensyl®)。

アツポン

リデンシル…名前で得してない?お茶と松ぼっくりでしょ。
リデンシルとは?
セイヨウアカマツ球果エキス、チャ葉エキスなどから構成される植物エキスを主体とした混合物の商標であり、化粧品に該当する成分です。成長期の毛髪伸長促進や休止期の脱毛抑制を目的に配合されています。出典:マツモト交商

ヒト由来の毛母細胞を用いた実験(ex vivo実験)の結果では、リデンシルがミノキシジルよりも毛髪を伸ばす傾向が示唆されています(Redensyl®)。

育毛効果はヒトを対象とした大規模比較臨床試験で検証される必要があり、この細胞実験データでは科学的根拠が弱いのが現状です。

本試験では患者さん2名から毛母細胞を採取し、その細胞を培養した上で未処置群、リデンシル群、ミノキシジル群に分けて処置を行い、「毛髪の伸長」を確認しています。

細胞培養10日目のデータで比較すると、リデンシルのほうが毛髪が伸びたように見えますが、統計学的な検定結果は示されていません。

プランテルの育毛効果のデータを検証

出典:Redensyl®

これまでにミノキシジルでは数百名の患者さんを対象とした比較臨床試験(半年〜1年間の観察期間)が複数行われており、ミノキシジルの実績に比較すると、リデンシルの科学的根拠は明らかに乏しい状況です。

アツポン

このデータでは実際にヒトに使ってミノキシジルより効くとは言えないんだよ…データの解釈には要注意だね。
科学的根拠が高い臨床試験とは

細胞や動物ではなく、実際にヒトへ成分を投与した試験で有効成分とプラセボ(偽薬)の効果を比較可能な大規模臨床試験が科学的根拠が高い試験とされています。育毛剤の場合、検証する効果として「毛髪数の増加」を設定している臨床試験が多く(日本皮膚科学会ガイドライン)、そのような綿密に設計された臨床試験で効果が検証されたものが「医薬品」になります。

フィンジア

フィンジアの成分と効果を薬剤師が解説

フィンジア」は化粧品であり、ここまで紹介した3製品(医薬部外品)とは区分が異なります。

アツポン

化粧品…どんな成分が入っているんだろ。

フィンジア」の特徴として挙げられるのは下記2成分を含んでいる点です。

  • キャピキシル(英名:Capixyl)
  • ピディオキシジル(英名:Kopyrrol)

キャピキシルは「アカツメクサ花エキス」と「アセチルテトラペプチド-3」を配合した混合物です。

ピディオキシジルは医薬品のミノキシジルと似た構造の化合物です。

フィンジアの成分を薬剤師が解説

出典:PATIENCE

類似の構造なら効果も似てる?
ピディオキシジルはミノキシジルに化学構造が似ています。化学構造が似ている場合、体内での作用メカニズムが似ていることがありますが、その臨床効果は予測できません。ミノキシジルと構造が似ていることを特徴として打ち出していますが、ミノキシジルとの効果の比較は臨床試験で検証される必要があります。

アツポン

フィンジアは日本で臨床試験が実施されているんだよ。

フィンジア」は他の製品と同様に細胞や動物を用いた実験データ(Capixyl, Kopyrrol)もありますが、日本において臨床試験も実施されています(臨床試験登録情報)。

臨床試験の結果、「フィンジア」の毛髪に対する良好な作用が示唆されました(産経Biz)。

しかしながら、試験は10名程度の小規模であり、フィンジアが化粧品の区分であることから育毛効果を謳うことはできません。

フィンジアの臨床試験

「フィンジア」の発売元のユーピーエス社と日本薬科大学が主導し、10名の被験者を対象にフィンジアを頭皮へ半年間塗布した効果を確認しています。結果は化粧品の国内雑誌(Fragrance Journal)に掲載されています。効果をプラセボと比較した臨床試験ではありませんが、患者アンケートでフィンジアに対する満足度が高い傾向や毛髪に良好な傾向が確認されています。

通販育毛剤 主力4製品を徹底比較

通販育毛剤は医薬部外品が多く、本記事で紹介した通販育毛剤も3製品が医薬部外品です。

医薬部外品
  • チャップアップ
  • ポリピュアEX
  • プランテルEX
化粧品
  • フィンジア

医薬部外品は効能効果を表示できますが、化粧品はその効果を表示できません。

アツポン

育毛剤なのに効果がうたえないのは販売戦略上でデメリットだね。

一方、医薬部外品は認可成分しか使用できないために商品間で差別化しにくいのですが、化粧品は成分の新規性や独自性を打ち出しやすいというメリットがあります。

医薬部外品
  • 認可成分に限られる
  • 効能効果を表示できる
化粧品
  • 新規成分を使いやすい
  • 効能効果を表示できない

この両者の特徴を補い合うように医薬部外品化粧品の両方に該当する商品が登場しており、購入者は誤解しないように注意する必要があります。

例えば、チャップアップポリピュアEXプランテルEX医薬部外品成分は商品間で類似しています。

チャップアップ,ポリピュア,プランテルの成分と効果を徹底比較

そして、この3製品は化粧品成分で新規性や独自性を打ち出しています。

アツポン

医薬部外品成分で育毛効果を表示し、化粧品成分で独自性を打ち出しているんだね。

独自の化粧品成分

  • チャップアップ:約80種類の成分
  • ポリピュアEX:ポリリン酸
  • プランテルEX:リデンシル
どの成分に育毛効果がある?
化粧品成分により新規性や独自性を特徴づけることができ、医薬部外品成分により育毛効果を表示できます。そのため、広告やネット媒体では独自成分(化粧品成分)に育毛効果があると受け取られやすい誤った表現が散見されます。通販育毛剤は医薬部外品の成分に大きな違いはなく、そもそも医薬部外品の成分自体に育毛効果の科学的根拠が乏しいというのが状況です。購入者もこの現状を把握した上で、育毛剤を選ぶ必要があります。

科学的根拠に基づいた育毛剤の選び方

医薬部外品の育毛剤は認可された有効成分の組み合わせや含有量の違いにより種類が豊富になっています(育毛剤の開発と評価)。

しかし、医薬部外品には育毛効果が証明されていない成分も多く、さらには科学的根拠に乏しい民間療法が横行している現状もあります(脱毛症診療ガイドライン2017)。

アツポン

医薬品と医薬部外品、さらに化粧品が混在しているから、広告に惑わされず、自分で知識を身につけないとね。

科学的根拠に基づいた育毛剤の推奨度

専門医が集まる日本皮膚科学会から脱毛症診療ガイドライン2017が発表されており、国内外での臨床試験や薬剤の使用実績を踏まえて、科学的根拠に基づいた育毛剤の推奨度が示されています。

日本皮膚科学会 ガイドライン2017
※主に薬剤を抜粋
男性女性
推奨度 A

フィナステリド
デュタステリド
ミノキシジル

ミノキシジル

推奨度 B

アデノシン

該当なし

推奨度 C1

カルプロニウム
フラバノン
サイトプリン
ペンタデカン

アデノシン
カルプロニウム
フラバノン
サイトプリン
ペンタデカン

ガイドラインを踏まえた育毛剤の詳細は育毛剤のおすすめ人気ランキングの記事をどうぞ。

 育毛剤の市販薬おすすめランキング

育毛剤と発毛剤の市販薬おすすめ人気ランキング 育毛剤/発毛剤の市販薬おすすめ人気ランキング!薬剤師が効果で選んだよ【2019年最新版】

推奨度が最も高いミノキシジル

ガイドラインで最も推奨度が高い有効成分は医薬品であり、私達が市販薬として購入可能な製品はミノキシジルです。

市販薬
  • ミノキシジル
医療用医薬品
  • フィナステリド
  • デュタステリド

リアップX5

チャンプアップよりもリアップのほうが効果は確実

日本で初めてミノキシジルの承認を取得した製品が「リアップ大正製薬)」であり、豊富な臨床試験データや他社よりも長い使用実績があります。

アツポン

育毛剤ではトップシェアの製品だよ!

現在は「スカルプD メディカルミノキANGFA)」や「リグロ EX5ロート製薬)」などのリアップの後発商品も発売されていますが、いずれも有効成分はミノキシジル5%であり、効果は同じです。

 リアップX5の詳細記事
リアップの効果と成分を薬剤師が解説!おすすめの後発商品も紹介

お得なリアップ後発商品

お買い得なリアップ後発商品のミノグロウ

リアップ X5」と同じ成分(ミノキシジル5%)の後発商品が各社から販売されています。

その中でも特に安い商品が「ミノグロウ」です。

アツポン

広告費などが抑えられていて、低価格な育毛剤だよ!
ミノグロウ【第1類医薬品】
岩城製薬

 ミノグロウの詳細記事
ミノグロウの効果と成分を薬剤師が解説!リアップ後発商品の口コミも

通販育毛剤のまとめ

本記事では、通販育毛剤の売上額で上位の「チャップアップ」と「ポリピュアEX」、ネット媒体で人気の「フィンジア」と「プランテルEX」を薬剤師の視点で解説しました。

アツポン

正しい情報を知った上で購入してね!

日本皮膚科学会から育毛剤のガイドラインが発表されており、科学的に育毛効果が認められた成分が示されています。

通販育毛剤は医薬品の「リアップX5」に比べると明らかに科学的根拠が弱いものの、植物由来成分で副作用の懸念が少なかったり、返金保証制度による安心感もあります。

いずれの成分も有効性には個人差があることからも、通販育毛剤も選択肢の一つです。

アツポン

自分にあった育毛剤を選ぼう!
ミノグロウ【第1類医薬品】
岩城製薬

日本皮膚科学会のガイドラインを踏まえた育毛剤ランキングも参考にどうぞ。

 育毛剤の市販薬おすすめランキング
育毛剤と発毛剤の市販薬おすすめ人気ランキング 育毛剤/発毛剤の市販薬おすすめ人気ランキング!薬剤師が効果で選んだよ【2019年最新版】