MENU
アツポン
ゲーミングチェアに妙に詳しいブログ。ゲーミングチェアに1日12時間以上座ることも。ナイキ店舗の全国行脚が趣味。最近はスマートウォッチにもハマってます。
お洒落なゲーム部屋を作ろう!記事を見る

ニトリのゲーミングチェアを徹底レビュー!評判も解説するよ

ニトリのゲーミングチェア
Nitori ゲーミングチェア まとめ

家具大手ニトリではゲーミングチェアも扱っています。近年はゲーミング家具にも注力しており、ニトリだけでゲーム部屋を作れるほど充実。ゲーミングチェアは標準モデル(ヘイデン2)がコスパの良さで高い人気を誇っています。他にも複数のモデルがありますが、注意点もあるので解説していきます。

メリット
  • コスパが高い
    標準モデルは約2万円で購入可能
  • 全国の店舗で試座できる
    実際に店舗で座って試せる
  • ゲーミング家具が充実
    チェア以外にもデスクなども揃う
デメリット
  • 上位モデルは割高
    上位モデルは約4万円で高額
  • カラーの種類が少ない
    各モデルで1~2色のみ

本記事ではニトリのゲーミングチェアを解説します!

ニトリは様々な家具を扱っており、その中の一つにゲーミングチェアもあります。

ニトリでゲーム部屋も作れちゃうね。

ニトリのゲーミングチェアの外観

ニトリではゲーミングチェアを以前から販売していましたが、最近は種類も充実しつつあります。

そのデザインや機能、座り心地も気になりますよね…

そこで、ニトリのゲーミングチェアを徹底解説していきます。

他にも、本サイトには「おすすめゲーミングチェア」を解説した記事や診断ツールもあるので使ってみてください。

診断

あなたにピッタリのゲーミングチェアは?

2問目:予算は?(価格とともに耐久性・機能は向上)
3問目:予算は?(価格とともに耐久性・機能も向上)

診断結果

ブランド名 GTRACING
主力製品 GT002など
価格帯 1万円後半〜2万円半ば
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら
GTRACINGは業界屈指の売上を誇るブランド。 GT002を筆頭にAKRacingやDXRACERの半額以下であり、ゲーミングチェア界のユニクロ的な存在です。 近年は中国の格安ゲーミングチェアが多く流通していますが、その中でも販売実績が豊富。 低価格でゲーミングチェアを求めている人の第一選択です!  

\GTRACINGを見てみよう/

参考記事:GTRACINGゲーミングチェアを解説

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 AKRacing
主力製品 WolfNitroなど
価格帯 4万円〜5万円半ば
取扱店舗 Amazonや家電量販店
公式HP こちら
AKRacingは名実ともにゲーミングチェアを代表するブランド。 CMやTV番組で見かけたり、有名Youtuberも使っており、日本では認知度が高いです。 FC東京やヤクルトスワローズのベンチにも採用され、その耐久性はスポーツ業界でも認められています。 日本に販売代理店があり、電話サポートや修理も親切に対応してくれる安心の老舗ブランドなのでおすすめですよ。  

\AKRacingを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 noblechairs
主力製品 EPICICONHERO
価格帯 5万円〜6万円半ば
取扱店舗 Amazonや家電量販店
公式HP こちら
noblechairsはドイツ生まれの質実剛健なゲーミングチェアです。 メルセデス・ベンツとコラボしたり、牛の本皮を使用したモデルも発売。 ゲーミングチェアの枠を超えた本格派なので、書斎や仕事部屋にもピッタリです。 座り心地は少し硬めで高級感がありますよ。  

\noblechairsを見てみよう/

参考記事:noblechairs ICONをレビュー

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Secretlab
主力製品 Titan
価格帯 5万円半ば〜6万円
取扱店舗 Amazon
公式HP こちら
Secretlabはシンガポールを拠点にするブランドです。 創業者がプロゲーマーであり、ゲーマー目線でのハイスペックなゲーミングチェアを実現。 日本では認知度が低いものの、海外では高機能と先鋭的デザインで大人気となりました。 今後は日本でも人気が出ること間違いなしの注目すべきブランドです。  

\Secretlabを見てみよう/

参考記事:Secretlabゲーミングチェアを解説

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Dowinx
主力製品 LS-6668など
価格帯 2万円前後
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら(英語)
Dowinxは低価格なゲーミングチェアを販売するブランド。 中国の数多くある格安ブランドの一つですが、独自デザインに定評があります。 特にLS-6668はファブリック製で可愛いデザインが女性にもヒット。 予算を抑えたいけど、コテコテなゲーミングチェアが苦手という人におすすめです。  

\Dowinxを見てみよう/

参考記事
Dowinxのゲーミングチェア!読み方や会社、公式サイトも解説 この記事ではDowinxの「ゲーミングチェア」を解説します。 Dowinx(ドウンクス)はAKRacingやDXRACERほど長い歴史はありませんが、最近増えてきた中国の格安ブランドよ...

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 イトーキ
主力製品 クロスフォーカスチェア
価格帯 約4万円
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら
イトーキはイスを中心にオフィス家具を扱う日本メーカーです。 イスのラインナップの一つにゲーミングチェアを「クロスフォーカスチェア」として扱っています。 ファブリック製で優しい色合いでインテリアにも合わせやすいのが特徴。 日本ブランドで安心して長く使えますよ。  

\イトーキを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Razer
主力製品 Razer Iskur
価格帯 約8万円
取扱店舗 ネット通販や直営店
公式HP こちら
Razerは蛍光グリーンが印象的なコアなファンが多いブランド。 ゲーミングデバイス全般を扱っており、その一つとしてゲーミングチェアも扱っています。 Razerらしいデザインとハイスペックな機能を備え、他ブランドとは一線を画しています。 内蔵型ランバーサポートなど機能面でもゲーマーを魅了する製品です。  

\Razerを見てみよう/

参考記事:Razer Iskurをレビュー

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 GTRACING
対象モデル GT901BLACK
価格帯 2万円半ば
取扱店舗 Amazon等のネット通販
公式HP こちら
ゲーミングチェア界のユニクロ!それがGTRACINGです。 コスパが高く、AKRacingやDXRacerと同様な機能とデザインで半額以下。 販売チャネルをAmazonに絞ったD2Cモデルによりコストを抑えて、低価格を実現しています。 ブラックモデルなら書斎や仕事部屋にもピッタリですよ。  

\GTRACINGを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 Corsair
対象モデル T3 RUSH
価格帯 3万円後半〜4万円
取扱店舗 ネット通販が中心
公式HP こちら
Corsairは米国を拠点にしたPCパーツメーカー。 近年はゲーミングデバイスで注目されていますが、SSDも生産していた歴史の長い会社です。 ゲーミングチェアではT3 RUSHというファブリック製モデルで人気が出ました。 ファブリック製に限られますが、落ち着いたデザインで書斎にピッタリです。  

\Corsairを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 AKRacing
対象モデル AKRacing Premium
価格帯 約6万円
取扱店舗 Amazonや家電量販店
公式HP こちら
AKRacingの中でも最上位モデルがPremiumです。 最近のリモートワーク需要で人気が急上昇したAKRacingのオフィスチェア向け製品。 表面に高品質PUレザーを採用し、高い耐久性を実現しています。 デザインも黒を基調としたシリーズであり、オフィス向けなので書斎にもピッタリです。  

\AKRacing Premiumを見よう/

もう一げーm度診断する

診断結果

ブランド名 Cyber Ground
対象モデル スエード調モデル
価格帯 約2万円
取扱店舗 ネット通販のみ
公式HP こちら
Cyber Groundは日本の家具通販会社「タンスのゲン」のゲーミング家具ブランド。 淡いピンク色のスエード生地が柔らかい印象を与えるゲーミングチェアです。 インテリアにも合わせやすいデザインであり、良い意味でゲーミングチェアらしくありません。 機能面ではオットマンが付いており、価格は約2万円でコスパ高めです。  

\Cyber Groundを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 AKRacing
対象モデル Nitro V2/Wolf
価格帯 4万円後半
取扱店舗 Amazonや家電量販店が中心
公式HP こちら
AKRacingは国内人気トップのゲーミングチェアブランド。 その主力製品はPUレザー製がNitro V2、ファブリック製がWolfです。 両製品の機能面に差がなく、表面素材の好みで選びましょう。 初めて買うなら、王道のPUレザー製のNitro V2がおすすめです。  

\AKRacingを見てみよう/

もう一度診断する

診断結果

ブランド名 PAXTON
対象モデル PAXTON
価格帯 約3万円
取扱店舗 ネット通販のみ
公式HP こちら
PAXTONは仕事向けゲーミングチェアを扱う日本メーカー。 2022年から本格的に販売を開始し、Amazonでは高い人気を誇っています。 ゲーミングと言いつつ、仕事や在宅ワークのために特化した製品です。 背もたれがメッシュ製なので蒸れにくく、オットマンも付いています。  

\PAXTONを見てみよう/

もう一度診断する

おすすめゲーミングチェア

本記事では、ニトリのゲーミングチェアについて解説していきます。

ゲーミングチェア選びの参考にしてみてください。

読みたい場所をクリック!

なぜ人気?ニトリのゲーミングチェア

ニトリのゲーミングチェアの外観

ニトリは札幌市に拠点を置く家具を扱う大手企業です。

日本全国に店舗を有し、誰もが1回は訪れたことがあるのではないでしょうか。

このニトリでもゲーミングチェアを扱っており、ここではその人気を解説していきます。

ニトリのゲーミングチェアを解説していくよ。

人気ランキングの上位にニトリ

ニトリのゲーミングチェア

本サイトで独自アンケート調査した結果、お気に入りのゲーミングチェアの人気ランキングでニトリ第4位でした。

これはGAME WATCHなどの各種メディアでも取り上げられました。

ニトリのゲーミングチェアが人気なんだね。

ニトリのゲーミングチェアの人気

ニトリが扱うゲーミングチェアは複数ありますが、その中でもヘイデン2が特に人気があります。

最近はニトリからゲーミングデスクなども販売されており、ゲーミング家具が充実してきています。

店舗にも展示されているよ。

2万円の標準モデルが人気

ニトリには女性向けや上位モデルのゲーミングチェアもありますが、1番人気は標準モデル(ヘイデン2)です。

2万円で買えるのはお得だね。

ニトリのゲーミングチェアの特徴
ヘイデン2の機能
  • リクライニング機能
    最大135度のリクライニング
  • ランバーサポート
    幅広めの腰当てで腰痛対策
  • アームレスト
    上下の昇降機能で高さ調整

ゲーミングチェアの基本機能を有し、それが2万円で買えるのはコスパが良い部類です。

ただ、ヘッドレストが付属していない点には注意が必要です。

上位モデルのヘイデンPRO2になると機能も向上しますが、価格が約4万円と2倍になります。

各モデルの詳細はこちら「★」で解説していきます。

ニトリのゲーミングチェアの特徴/価格/仕様

ニトリのゲーミングチェアとゲーム部屋

ここでは、ニトリのゲーミングチェアの特徴や価格を解説していきます。

読みたいところをクリックしてね。

ニトリのゲーミングチェアの特徴

ニトリのゲーミングチェアの特徴は以下のとおりです。

2万円で買えるヘイデンはお得だね。

ニトリのゲーミングチェアの種類
Nitoriの特徴
  • 標準モデルはコスパ高め
    標準モデルは約2万円で購入可能
  • 特徴的なモデルを展開
    女性向けやワイドモデルも扱う

ニトリでは基本機能を有する標準的なモデル(ヘイデン2)約2万円で購入できます。

さらに、上位モデル(ヘイデンPRO2)もありますが、価格は約4万円と高めの設定となっています。

ニトリで購入する場合、他の家具と同様に5年保証が適用されます。

保証期間が長いのはニトリのメリットだね!

保証期間内に、説明書に準じた使用で故障や不具合が生じた場合に無償で修理・交換してもらえます。参照:公式サイト(品質保証)

価格相場と他ブランドとの比較

需要拡大で格安ブランドのゲーミングチェアが続々と販売されています.

定番ブランドとしてはAKRacingとDXRACERがあり、基本機能を持つ同等なモデルで価格を比較してみましょう。

格安ブランドの相場は約2万円だよ。

有名ゲーミングチェア
標準モデルで比較

  • AKracing Nitro 約4万8千円
  • DXRacer DXZ 約4万円
  • 格安ブランド 約2万円

ニトリはスタンダードモデルが約2万円、その価格は格安ブランドと同等です。

一方、ニトリの上位モデルは約3~4万円であり、格安ブランドと定番ブランドの中間の価格帯です。

格安ブランドの代表格はAmazonで売上数No.1を記録したGTRACINGであり、価格は以下のとおりです。

GTRACINGの価格相場

  • 基本モデル:約1万8千円
  • オットマンモデル:約2万5千円

価格で見ると、ニトリよりもGTRACINGのほうがコスパが高いと言えます。

この価格差には、店舗展開するニトリとECサイトのみで販売するGTRACINGのコストの違いがあると思われます。

他にも、ゲーミングチェアの3大ブランドの記事もあるので参考にどうぞ。

ニトリのゲーミングチェアの仕様・スペック

ニトリのゲーミングチェアには、主に4種類のモデルがあります。

モデルの種類は少ないですが、基本機能を有したうえで、それぞれに特徴があります。

各モデルの共通する仕様を以下にまとめました。

ニトリのゲーミングチェアのモデル
スクロールできます
表面素材PUレザー
重量18-22kg
ヘッドレスト全モデル搭載
※ヘイデン2のみ搭載なし
アームレスト全モデル標準搭載
ランバーサポート全モデル標準搭載
オットマンヘイデンPRO2のみ搭載

ニトリのゲーミングチェアを解説

ニトリのゲーミングチェアのレビュー

ここではニトリのゲーミングチェアをモデル別に解説していきます。

ニトリのゲーミングチェア各モデルの概要、カラー、価格をまとめると以下の表のとおりです。

スクロールできます
モデル名 ヘイデン2ヘイデンPRO2リボークヨウ
写真
概要標準モデル上位モデル仕事向けモデル女性向けモデル

カラー
レッド
グリーン
レッド
グリーン
ブラックホワイト
価格約2万円約4万円約3万円約2万5千円

ヘイデン2:標準モデル

ニトリのゲーミングチェアのヘイデン2
こんな人にオススメ
  • 一般的な製品を探している人
  • 予算が2万円で考えている人

「ヘイデン2」はニトリのゲーミングチェアの中で最安値のモデルです。

カラーは赤と緑の2色展開です。

ゲーム部屋にピッタリだね。

ニトリのゲーミングチェアのカラー展開

ゲーミングチェアとしての基本機能を有していますが、唯一、ヘッドレストが付いていません。

通常、ヘッドレストはゲーミングチェアの基本機能でありますが、ヘイデン2(約2万円)には付いてなく、上位モデルのヘイデンPRO2(約4万円)には付いています。

ニトリのゲーミングチェアのヘッドレスト

ヘッドレストを除けば、他は一般的なゲーミングチェアの機能を有しています。

ニトリなら実店舗で試座もできますし、安心して購入できますね。

ヘイデンPRO2:上位モデル

ニトリのゲーミングチェアのヘイデンPRO2
こんな人にオススメ
  • 高機能な製品を探している人
  • 予算を4万円まで可能な人

「ヘイデンPRO2」はニトリのゲーミングチェアの中では最も高機能なモデルです。

そのため、値段も約4万円という最高額のゲーミングチェアになっています。

標準モデル(ヘイデン2)と比較したときの違いは以下のとおりです。

PRO2には追加機能が多いね。

ニトリのゲーミングチェアのフットレスト
  • 通気性の良いブレスレザー
    空気孔があるパンチングレザーを採用
  • ヘッドレスト
    頭部への枕を搭載
  • 3Dアームレスト
    上下・左右・回転で3方向に動く
  • オットマン
    足置きを搭載

ただ、ヘイデンPRO2は価格が約4万円であり、標準モデル(ヘイデン2)の2倍となり割高感はあります。

この価格帯の場合、AKRacingやDXRACERの定番ブランドも範囲に入ってきます。

もし予算を4万円まで出せる場合には、他ブランドも検討したうえで、ヘイデンPRO2を購入すると良いでしょう。

リボーク:仕事向けモデル

ニトリのゲーミングチェアのリボーク
こんな人にオススメ
  • 仕事に使える製品を探している人
  • 渋いデザインが好きな人

「リボーク」はニトリの仕事向けゲーミングチェアです。

カラー展開はブラックの1色のみ。

渋いデザインなので、在宅勤務のテレビ会議で椅子が映り込んでも違和感ないデザインです。

標準モデル(ヘイデン2)と比較したときの違いは以下のとおりです。

リボークはゆったりしたモデルなんだね。

ニトリのゲーミングチェアのリボークの特徴
  • ゆったりしたサイズ感
    特に座面は幅が広くゆったりめ
  • 高さ調整可能なヘッドレスト
    珍しい可動式で高さを調整可能
  • 3Dアームレスト
    上下・左右・回転で3方向に動く
  • 背もたれに3層クッション
    3分割したクッションで腰痛対策

リボークの価格は3万円であり、仕事向けゲーミングチェアとしてはリーズナブルな分類です。

ゆったりかつ肉厚なデザインであり、座り心地も良好なゲーミングチェアです。

特に黒を基調とした渋いデザインなので、部屋のインテリアに合わせやすい製品です。

ヨウ:女性向けモデル

ニトリのゲーミングチェアのヨウ
こんな人にオススメ
  • 女性向け製品を探している人
  • ピンク色じゃ白色が好きな人

「ヨウ」はニトリの女性向けゲーミングチェアです。

女性向けの理由は、そのカラー配色です。

白色を基調にピンクを差し色として使っており、可愛い雰囲気に仕上がっています。

機能面では標準モデル(ヘイデン2)よりも優れている点があり、その違いは以下のとおりです。

ヨウはヘイデン2よりも高機能なんだね。

ニトリのゲーミングチェアのヨウの特徴
  • ヘッドレスト
    ヘイデン2にはない頭部の枕
  • 2Dアームレスト
    上下の昇降に加えて、左右の回転も

ヨウの価格は2万5千円であり、可愛いデザインながらリーズナブルな価格設定です。

ピンク色のゲーミングチェアを探すと、全面がピンクの製品やショッキングピンクの製品が多いですが、本製品は白を基調としているので柔らかい印象があります。

白色やピンク色が好きな人にはピッタリの製品です。

ニトリのゲーミングチェアの座り心地をレビュー【ヘイデン2】

ニトリのゲーミングチェアの外観

ここではニトリのゲーミングチェア「ヘイデン2」の座り心地をレビューしていきます。

「ヘイデン2」はゲーミングチェアとしての標準モデルであり、典型的な機能かつデザインという印象です。

標準モデル「ヘイデン2」の実際に使用して感じた特徴をまとめます。

ニトリのゲーミングチェアの座り心地をレビューしていくよ。

座面の厚みは十分

一般的なゲーミングチェアの座面の厚さ10cmです。

ニトリのゲーミングチェアは公表データがありませんが、確認した限りでは10cm程度の厚みがある感覚でした。

ウレタンのクッション性でお尻が痛くなりにくいね。

ニトリのゲーミングチェアの座面

また、座面に採用された素材はパンチングレザーであり、通気性が良く、蒸れ対策になっています。

2万円のゲーミングチェアとしては、表面素材にこだわりを感じます。

ヘッドレストの有無に要注意

一般的なゲーミングチェアには基本機能としてヘッドレストが付いています。

これが首にフィットして頭を支えるんだね。

ニトリのゲーミングチェアの注意点

しかし、ニトリの標準モデル(ヘイデン2)にはヘッドレストが付いていません。

この点に注意が必要です。

ニトリのゲーミングチェアのヘッドレスト

私のようなゲーミングチェア愛用者からすると、ヘッドレストがないことに違和感を感じます。

ただ、たしかにヘッドレストを使う頻度は多くありません。

ランバーサポートのほうが腰痛対策に直結するので重要です。

ヘッドレストはなくても良いかもね。

背もたれに背筋をピッタリつけた姿勢で作業する場合、ヘッドレストがあると楽ですが、なくても問題はありません。

もしヘッドレストが欲しい人は、他モデルを検討しましょう。

ランバーサポートは大きめサイズ

ランバーサポートはメーカーによりサイズが異なります。

ニトリの場合、厚みは抑えめですが、面積が広く、背中を広く支えるような設計になっています。

ニトリのゲーミングチェアのランバーサポート

ランバーサポートの厚みは抑えめであるものの、内側にはウレタンがしっかり充填されています。

このクッションが背中を支えてくれて、腰痛対策となります。

ニトリのゲーミングチェアのランバーサポートのサイズ感

全体的な作りは悪くない

ニトリのゲーミングチェアの総評としては、悪くはありません。

標準モデル(ヘイデン2)にはヘッドレストが付いていない点は残念ですが、それ以外はゲーミングチェアとしては十分です。

これが2万円で買えるのはお得だね。

ニトリのゲーミングチェアの外観

安いゲーミングチェアでは背もたれのウレタンの充填が不十分だったりします。

しかし、ニトリのゲーミングチェアは背もたれや側面にもウレタンが詰まっています。

ニトリのゲーミングチェアの骨格

肘を置くアームレストも上下の昇降機能で高さを調整可能です。

アームレスト自体も厚みがあり、肘を置きやすい設計になっていました。

ニトリのゲーミングチェアのアームレスト

リクライニング機能も付いており、可動部も保護されていて安全です。

座面右にレバーが付いており、リクライニング角度を調整可能です。

ニトリのゲーミングチェアのリクライニング

総評としては、2万円のゲーミングチェアとしてはニトリの標準モデル(ヘイデン2)はお買い得であると感じます。

このモデルが2万円なら悪くないね。

ヘッドレストやオットマンが欲しい人は、上位モデルのヘイデンPRO2を検討しましょう。

ただ、値段が2倍に跳ね上がるので(約4万円)、他ブランドも含めて検討するのがおすすめです。

ニトリ以外のゲーミングチェアは?

ニトリ以外のゲーミングチェア

ここではニトリ以外のゲーミングチェアを解説していきます。

ニトリ(ヘイデン2)はゲーミングチェア業界の中では、価格を踏まえると格安ブランドの分類に入ります。

そこで、同価格帯(2万円前後)のブランドに関して紹介していきます。

人気・コスパならGTRACING

日本におけるゲーミングチェアの3大ブランドは、AKRacing・DXRACER・GTRACINGの3つです。

ゲーミングチェアブランドのロゴ

AKRacingとDXRACERは老舗ブランド、GTRACINGは後発ながらコスパの高さで人気を爆発させた格安ブランドです。

本サイトのゲーミングチェアに関するアンケート調査においてもトップ3は同じでした。

GTRACINGが第2位なんだね。

ゲーミングチェアの人気ランキング

格安ブランドでゲーミングチェアを探すと、無名メーカーが大量に見つかります。

基本機能を有する格安ゲーミングチェアの価格相場は2万円前後

多少の価格差がありますが、日本国内の販売実績No.1で選ぶならGTRACINGです。

Amazonで売上数No.1を記録したブランドだよ。

GTRACINGの主力製品GT002

GT002はAmazonのゲーミングチェア売上数No.1を記録しています。

GT002が人気トップの製品なんだね!

ゲーミングチェアの人気製品

GTRACINGは2018年に年間のゲーミングチェア生産台数が76万台を突破し、現在は年間100万台を超えています。

高いコストパフォーマンスを誇るGTRACINGの人気トップの製品がGT002です。

実物を試すならIKEA/ニトリ/ドンキ

基本的に格安ブランドのゲーミングチェアは店舗販売していません。

なぜなら、販売チャネルをECサイト(Amazonや楽天など)に絞ることで低コストを実現し、格安で販売しているからです。

そのため、ゲーミングチェアを試したい場合、類似製品で試してみると良いでしょう。

家電量販店や電気街で試せるよ。

本記事ではニトリを解説しましたが、他にもIKEAやドンキでもゲーミングチェアを扱っているので近くに店舗があれば試してみましょう。

まとめ ニトリのゲーミングチェア

本記事では、ニトリのゲーミングチェアを紹介しました。

ニトリは店舗を全国展開しており、実際にゲーミングチェアを試せるのは大きなメリットです。

ゲーミングチェアを試せる店舗は少ないからね。

ニトリで買うなら標準モデル(ヘイデン2)2万円でコスパが高くて、おすすめです。

ニトリのゲーミングチェアの外観

しかし、ヘッドレストが付属していない点には注意しましょう。

また、上位モデル(ヘイデンPRO2)を買おうとすると、値段が4万円となり高額になります。

その場合はこちら「ニトリ以外のゲーミングチェアは?」で紹介したGTRACINGがコスパも人気も高くて、おすすめです。

コスパで考えると、他にも良いゲーミングチェアがあるので、ぜひ本サイトを参考に選んでみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

読みたい場所をクリック!