市販薬をレビューするブログ

パブロンよりもラクロンゴールド!Amazon限定で格安な総合かぜ薬

パブロンよりもパブロンがおすすめ

どうも、薬剤師でありながらビジネスマンとして働くアツポン( @Atsuponpapa)です。

皆さん、総合かぜ薬の『パブロン』を皆さんご存知ですよね。

パブロンよりもラクロンゴールド

アツポン

風邪ではお世話になるよ〜早めのパブロン♪

アマゾンの風邪薬ランキングでも『パブロン』は常に1位に君臨しています!その人気の理由はこちらの記事「風邪薬ならパブロンゴールド!人気の理由」でどうぞ。

パブロンよりもラクロンがおすすめ

そのパブロンと同一成分で安価な市販薬が『ラクロンゴールド』です!

アツポン

パブロンとラクロン?成分だけじゃなく名前まで似ている…

ラクロンゴールド』はアマゾンがプライベートブランとして販売している市販薬なんです。

アマゾン市販薬【PHARMA CHOICE】が安い!お買い得な理由とおすすめ商品を薬剤師が解説

同じ成分なら安価な後発商品がお得です!皆さんも賢くお得に薬を買ってくださいね。

ラクロンとパブロンとの違い

パブロンよりもラクロンがおすすめ

ラクロンパブロンの違いを徹底的に比較してみました。

アツポン

薬剤師アツポンがそれぞれの添付文書をダウンロードして比較したよ。

有効成分の違い

まず、ラクロンパブロンの主な有効成分の種類はほぼ同じです。

発熱や頭痛、咳止めの成分は含量も同じでした。

成分の比較 ラクロン パブロン
発熱、頭痛、喉の痛み アセトアミノフェン
頭痛 無水カフェイン
去痰 グアイフェネシン
咳止め メチルエフェドリン
鼻水 クロルフェニラミン
その他 チペピジン
チアミン
リボフラビン
ジヒドロコデイン
リボフラビン

むしろ、『ラクロン』のほうが去痰成分(グアイフェネシン)の量が若干多かったり、栄養ドリンクにも含まれるチアミンが追加で入っています。

ラクロンとパブロンの咳止め成分は異なりますが、効果としては大きな差はありません。

 

咳止め成分の違い

  • ラクロンの咳止め成分:チペピジン
  • パブロンの咳止め成分:ジヒドロコデイン

 

薬剤師の視点で比較しても、ラクロンパブロンはほぼ同じと言えます。

アツポン

むしろ、ラクロンのほうが成分の種類も含量も多いよ!

添加物の違い

ラクロンパブロンの添加物には若干の違いがあります。

添加物の違いの1つとして、パブロンには香料が入っています。

アツポン

香料には色つけやフレーバーの意味があるんだよ。

ただ、添加物は有効性や安全性には影響しないので、その違いを気にする必要はありません。

添加物の違いの例は『アレグラと安価な後発商品(アレルビ)』の記事でも紹介しています。

アツポン

添加物の違いよりも有効成分や値段を確認して、コスパが高い市販薬を探すと良いよ!

値段の違い

ここまで読んでいただくと、有効成分と添加物を比較した結果、ラクロンとパブロンはほぼ同じ薬であることが分かると思います。

その一方で、値段はラクロンのほうが安いんです。

販売価格
ラクロン 1,100円/44包
パブロン 1,400円/44包

その差額に伴って有効性や安全性に違いがあるかというと、そうではなく、価格が高いほうにはコストの上乗せ、ブランド力による強気な価格設定があります。

アツポン

市販薬は賢くお得に買おう!

ラクロン』は安くてお得な総合かぜ薬なんですよ。

ラクロンゴールドがおすすめ

ラクロンパブロンはお薬自体に差がないものの販売価格にはしっかり差があります。

アツポン

市販薬は同じ成分なら、安くてコスパ良いほうを買うのがおすすめだよ!

自分はパブロンよりもアマゾン限定『ラクロンゴールド』をオススメします!

もし他の風邪薬(解熱鎮痛剤など)も含めて悩んでいたら、薬剤師アツポンが選んだ総合かぜ薬の記事『風邪薬市販薬ランキング』も参考にしてください。

風邪薬の市販薬ランキング 風邪薬の市販薬おすすめランキング!薬剤師が症状のタイプ別でも選ぶよ

アマゾンのプライベートブランド「PHARMA CHOICE」には様々な種類の市販薬があります。

どれもドラッグストアよりも安いので、家庭の常備薬として購入しておくと良いですよ。

Amazon限定の市販薬