PUレザーとPVCレザーとは?劣化は?ポリウレタンとポリ塩化ビニルを比較解説

PUレザーとPVCレザーの違いは?ポリウレタンとポリ塩化ビニルを比較解説

人工皮革にはポリウレタン製(PU)ポリ塩化ビニル製(PVC)があります。

皆さん、PUレザーとPVCレザーの違いをご存知ですか?

アツポン
見た目では判断できないよね。

どちらのレザーも構造は同じであり、布の表面に合成樹脂(PU/PVC)を塗布することで合成皮革にしています。

PUレザーとPVCレザーの違い

見た目だけでは区別しにくいですが、PUレザーPVCレザーの違いもあります。

本記事の内容
 どっちが新しい?PUとPVC
 質感や外観で見分けられるのか
 特徴や劣化速度の違いを解説

本記事では、PUレザーとPVCレザーの違いを徹底解説していきます。

 

PUレザーとPVCレザーの歴史

PUレザーの表面の質感

現在も合成皮革の素材であるポリウレタン(PU)ポリ塩化ビニル(PVC)はどちらも 歴史が古い です。

最も古いのはPVCであり、1940年代に米国で合成皮革の素材として使われるようになりました。

その後、1960年代にデュポン社がPUを合成皮革の素材として使用しました。

PUレザーとPVCレザーの歴史ただ、当時の合成皮革では耐久性が低く、革靴では天然皮革の代わりとして使用できませんでした。

そこで、1964年に日本企業のクラレが世界で初めて人工皮革を開発しました。

PUレザーとPVCレザーを比較!劣化も

ポリウレタン(PU)ポリ塩化ビニル(PVC)はどちらも合成皮革です。

その構造も類似しており、土台の布地の表面に合成樹脂層としてPUまたはPVCを塗布しています。

PUレザーとPVCレザーの構造を解説

PUレザーとPVCレザーの合成樹脂層の違いを解説

そのため、PUレザーPVCレザーの特徴には合成樹脂層のポリウレタンとポリ塩化ビニルの特性が反映されています。

外観や質感の違い

まず、天然皮革の外観や質感に近いのはPUレザーです。

PUレザーは製造工程で表面に微細な凹凸をつけることで天然皮革の質感に似せています。

アツポン
よ〜く見ると、天然皮革と区別できるよね。
PUレザーと天然皮革の質感の違い

参照:BTOD.com

ポリウレタンは伸縮性がある素材であり、それがPUレザーの柔らかさに繋がり、天然皮革に近い質感になります。

一方、PVCレザーは表面がツルツルしており、PUレザーよりも硬さがあります。

ポリウレタンの質感は本格派
ポリウレタンは柔らかさがあり、質感も天然皮革に近いため、ジャケットなどの服に使われることが多い素材です。

耐水性の違い

PUレザーPVCレザーはどちらも水を弾きますが、PUレザーは濡れた状態で放置すると加水分解によりボロボロと剥がれたり、ベタつきます。

PVCレザーは湿気に強く、表面を水や中性洗剤で拭くこともできます。

ポリ塩化ビニルは湿気に強い
ポリ塩化ビニルは耐水性があり、水拭きなどの手入れもしやすいので、ソファやバッグに使われることが多い素材です。

劣化の違い

天然皮革は経年変化を楽しめますが、合成皮革(PUレザー/PVCレザーレザー)は経年劣化が進むとボロボロになります。

PUレザーは湿気による加水分解によりベタベタになって剥がれることがあり、PVCレザーは長年の使用により硬くなってカチカチとなりヒビ割れます。

アツポン
こういう劣化したソファは見たことある!

劣化していくと、合成樹脂層がボロボロと剥がれてしまい、土台の布地が見えてきます。

PUレザーもPVCレザーも耐用年数は3年程度とされていますが、使用頻度や環境により異なってきます。

ポリウレタンの加水分解

ポリウレタンは空気中の湿気により水分子と化学反応(加水分解)し、徐々にボロボロになって劣化していきます。

まとめ:PUレザーとPVCレザーの違い

本記事ではポリウレタン(PU)レザーポリ塩化ビニル(PVC)レザーの違いを解説しました。

PUレザーとPVCレザーはそれぞれの特性を生かした合成皮革として製品に使われています。

それぞれの特徴をまとめました。

PUレザー
  • 質感が天然皮革に近い
  • 通気性と柔軟性がある
PVCレザー
  • 湿気に強い
  • 水拭きなど手入れがラク

PUレザーはフェイクレザーのジャケットで使われることが多く、PVCレザーはソファやバッグに使われることが多い素材です。

どちらも3年程度で劣化する点も共通しています。

それぞれの特徴を把握しながら、好みの商品を探しましょう。

 

他にもフェイクレザーに関する記事があるので参考にどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です