お薬とファッションのレビューブログ

しまじろうコンサートの東京会場でオススメは?座席からの見やすさも

どうも、2018年は子供と共に年2回も「しまじろうコンサート」へ参加したアツポンです。

  • 2018夏:たんけん!うみのワンダーランド(一般枠:八王子)
  • 2018冬:サンタのくにのクリスマスキャンドル(会員販売枠:渋谷)

アツポン

意外と大人も楽しめたぜぃ!

しまじろうコンサートに2回とも参加してみて、意外と大人も楽しめました(笑)さらに、子ども自身も「しまじろう」の影響なのか、勉強に目覚めたようで、2018夏の後にこどもちゃれんじを始めました。


しまじろうコンサートの応募枠と会場

しまじろうコンサートの席には、会員販売枠一般枠の2種類があります。

チャレンジを受講している会員には先行受付(抽選)があり、その残りが一般枠(抽選)になります。当然、一般枠の倍率は高くなります。今回、両方経験したのでまとめてみます。

2018夏:一般枠(八王子)

2018年夏は一般枠で応募しました。このときは、こどもチャレンジを受講していないものの、子供がAmazonプライムビデオYoutubeで「しまじろう」を見ていて、大変気に入っていたので行くことにしました。

一般枠はローソンチケットやチケットぴあ等で申し込めます。既に会員販売枠でほぼ埋まっている会場もあったり、販売開始直後は申し込みが殺到することも多いようです。ただ、抽選なので期間中に申し込めば大丈夫です(2018年時点)。

今回の場合、人気の高そうな都心を避けて「オリンパスホール八王子」へ応募し、一般枠での抽選の結果、無事にチケットを取れました。

2018冬:会員枠(渋谷)

2018年冬は会員枠で先行応募しました。第一希望は中野「なかのZERO」でしたが、結局は第二希望の渋谷「昭和女子大学」になりました。2018年夏も中野は直ぐに売り切れており、人気が高いのかもしれません。

座席数を比べると、他が2000席前後あるのに「なかのZERO」は約1300席なので、予約が取りにくいのは座席数の影響もありそうです。

オススメの会場と座席からの見やすさ

オリンパスホール八王子

劇場感のある音響設備も充実した会場であり、場内は各列ごとに段差があるように傾斜もしっかりあり、子供も非常に見やすそうでした。前の席に大人が座ると、子供は見にくくなりがちですが、ここならそんな心配もありませんでした。

アツポン

八王子駅からも直結で行きやすかったよ!

なかのZERO 大ホール

中野駅から歩いて行ける距離にあります。キレイな施設で見やすそうですね。ただ、「なかのZERO」は座席数が約1300席、他の会場が2000席前後なので収容人数が少なめです。その影響からか、他の会場よりもチケットが完売しやすい傾向です。

昭和女子大学 人見記念講堂

正直、会場としてはかなり渋いな…という印象でした(笑)大学の講堂にしてはとても立派です。三軒茶屋駅から子供と一緒に歩ける距離なので、東急東横線を使う人には便利だと思います!

中央より前方では傾斜がやや緩くなっているので、子供は親の膝の上で見ている子も多かったですね。

会場では後方に空席もあったので、もしかしたら都内では予約が取りやすい会場なのかもです。

まとめ

今回、実際に自分が行った場所以外にも調べてみましたが、オリンパスホール八王子はオススメかな〜と思いました。新しくてキレイ&駅直結はポイント高いですね!そして、子供が楽しく満足して見るには、座席の傾斜も大切だと思いました。

ポイント
・当選確率を上げるなら収容人数の多い会場がオススメ
・子供が見やすい傾斜のある会場、駅近の会場としてオリンパスホール八王子がオススメ
・昭和女子大学はやや穴場感があり、当選確率も高そう

また、夏(一般枠:八王子)は後方のほぼ最後列でしたが、冬(会員先行枠:渋谷)は中央より前方の席でした。なんとなく、会員枠だと優先的に前の座席に割り振られている(?)ような気がしました。