お薬とファッションのレビューブログ

【SHU・KUMEDA】メガネ好きにオススメ!日本人のためのお洒落メガネ

どうも、一つのメガネを10年以上使い続けてきたアツポン( @Atsuponpapa)です。

今日はSHU・KUMEDAのメガネを紹介します!!

自分はコンタクト派なので、ZoffやJINSで購入した低価格のメガネを時々使う感じで、10年以上を過ごしてきました。

アツポン

そろそろ良いメガネを買おうかな!

ということで、メガネのセレクトショップ、Zoff、JINS、海外ブランドも色々と試着し、自分に合うメガネを探しました。

そして、EROTICA 新宿店で探していたところ、日本製のSHU・KUMEDAのメガネを見つけて、今回購入してみました。

SHU・KUMEDAとは?

SHU・KUMEDAは、自社ブランドのメガネを作る福井県の会社です。

海外ブランドが欧州人に向けてメガネを作る一方で、SHU・KUMEDAは「日本人による日本人のための眼鏡」をコンセプトとし、日本人にふさわしいデザインと機能をテーマにメガネ作りをしています。

アツポン

デザインや機能に日本の技術が活かされてるんやね!

日本人の職人の手により、日本人が満足できる品質を追求しています。

SHU・KUMEDA独自のミルフィーユ構造フレーム

SHU・KUMEDAのメガネは、その基本構造からメガネを日本人の顔の構造にマッチさせています。

日本人の頭部の形に合わせて、それを抱え込むような柔軟性のあるフレームを実現するために独自の多層構造である「ミルフィーユ構造」を採用しています。

 

 

メガネフレームのフロントとサイドは隙間があり、バネ部が内側からフレームを支えています。この構造により、フレーム全体で柔らかなホールド感が実現しています。

 

アツポン

こんな構造のメガネを初めて見た…こだわりがスゴい。

実際にメガネを試着したら、とても掛け心地が良く、フィットしました!

SHU・KUMEDAの日本人に合わせたデザイン

SHU・KUMEDAでは、凹凸の少ない扁平な日本人に合わせて顔を創るという考え方を取り入れています。

実際に掛けてみても、他の海外ブランドよりも顔に馴染む感じがありました!

ミルフィーユ構造による掛け心地だけでなく、デザインとしても各パーツが海外ブランドほど主張し過ぎず、それでいて日本人の顔にも馴染みます。

このデザインは、知的で若々しく凛々しい顔立ちを目指しているそうです。

フロントフレームの下側は、グラデーションでやや透明になっています。

黒も残しつつ透明感があるので、黒の単色のフレームよりも顔に馴染む感じがありました!

サイドフレームの内側にはSHU・KUMEDAのロゴが入っており、MADE IN JAPANと明記されています。

日本の「めがねの産地」で有名な福井県で職人さんが作っていますからね。

アツポン

今回は新宿でセレクトショップやブランド店、ZoffやJINSなど10店舗近く回って、似たデザインをたくさん試着したけど、これが自分には一番やったで!

SHU・KUMEDAのまとめ

今回、色んな店で多くのメガネを試着した上で、SHU・KUMEDAのメガネを買いました!

デザイン機能にこだわりを感じ、日本人に合わせて基本構造から考え、「日本人による日本人のためのメガネ」というコンセプトが実現しているメガネだと思いました。

古舘伊知郎さんや陣内孝則さん、哀川翔さんといったメガネ好きなイメージのある方々も掛けており、大人なメガネって感じもしますね。古舘さんはSHU・KUMEDAのメガネを3本大人買いしたそうです!※SHU・KUMEDAの公式ブログより

SHU・KUMEDAは人にもオススメしたいブランドです!

アツポン

これからはこのメガネを長く愛用するで!