お薬とファッションのレビューブログ

睡眠薬/睡眠改善薬の市販薬おすすめランキング!薬剤師がコスパで選んだよ

睡眠改善薬の市販薬おすすめランキング

どうも、薬剤師でありながらビジネスマンとして働くアツポン( @Atsuponpapa)です。

不眠症の悩みや寝つきにくさで苦労されている方は多いと思います。

最近は睡眠改善を目的とした市販の睡眠薬(睡眠改善薬)が増えてきました。

アツポン

でも、種類が多くて選び方が分からないよ。

今回は睡眠改善薬の効果を踏まえてランキング形式で紹介します。

必ずしも値段が高ければ良い薬ではないんですよ。その一例として、花粉症市販薬の記事で『アレグラと安価な後発商品(アレルビ)』を比較しています。

アツポン

派手な箱やブランドの認知度は値段に比例するけど、効果とは比例しないんだよ。

今回はコスパの観点から睡眠改善薬を選び、安い後発商品も一緒に紹介します!

不眠の原因と対処法

不眠の原因には過度なストレス生活リズムの乱れ生活環境の変化などが挙げられており、これら複数の要因が重なって不眠が引き起こされます。

それにより、なかなか寝付けない夜中に何度も目が覚めてしまうといった不眠の症状が現れます。

アツポン

大事な試験やイベントの前には眠れなくなるよね。

快適な睡眠のためには、生活リズムを整えることが大切であり、普段から生活習慣の改善が推奨されています(厚生労働省 健康づくりのための睡眠指針)。

睡眠改善薬の前に生活習慣の整え

くすりと健康の情報局

寝つけない熟睡感がない、といった不眠の症状が現れる場合には睡眠改善薬を使うという選択肢があります。

睡眠薬と睡眠改善薬の違い

まず,知っておくべき点として睡眠薬と睡眠改善薬の違いを説明します。

睡眠薬(医療用)と睡眠改善薬(市販用)の違い

インターネット上では混同して使われていることもありますが,医師から処方される医療用医薬品を「睡眠薬」,ドラッグストアで購入可能な市販薬を「睡眠改善薬」と呼びます。(睡眠改善薬 日本OTC医薬品協会

睡眠薬」は日常的な不眠(不眠症)を対象としており,「睡眠改善薬」は一時的な不眠症状を対象としています。

アツポン

ドリエルが睡眠改善薬として有名だよね!

医療用と市販用の睡眠薬/睡眠改善薬の違い

ドリエル」は抗アレルギー薬の成分(ジフェンヒドラミン)の副作用である眠気を逆手にとって開発された睡眠改善薬であり、これまでの長い使用実績を踏まえて市販薬として販売されています。

睡眠改善薬のほとんどはジフェンヒドラミンを主成分としており、その効能・効果は「一時的な不眠の症状の緩和」とされています(ドリエル添付文書)。

アツポン

ちょいと待って…一時的な不眠って、なんぞや?

⼀時的な不眠症状」とは旅⾏や⼼配事などで数⽇程度眠れないことを指します。⼀⽅、「不眠症」は普段眠れないために⽇中の眠気や倦怠感など⼼⾝の不調が現れたときに診断されます(日本睡眠学会 ガイドライン)。

そのような「⼀時的な不眠症状」に対して市販薬である睡眠改善薬(ドリエルなど)で対処でき、「不眠症」に対しては医師の診断の上で医療用医薬品である睡眠薬よる治療が行われます。

 

ドリエルの効能・効果

  • 一時的な不眠による次の症状の緩和: 寝つきが悪い・眠りが浅い
不眠症状が長引く場合
不眠が⻑引く場合には市販の睡眠改善薬による対処は推奨されていません。 不眠の原因は⼈によって様々であり、医師に診察してもらう必要があります。また、医療用医薬品の睡眠薬は長期間(6ヶ月以上)の治療効果や安全性も確認されており、継続的な治療が可能です。

睡眠薬/睡眠改善薬のおすすめランキング

今回はドラッグストアで購入可能な市販の睡眠改善薬をランキング形式で紹介します!効果を踏まえて選び、コスパの良い後発商品も一緒に紹介しています。

1位 ドリエル

睡眠改善薬の市販薬おすすめランキング1位

ドリエルの成分

  • ジフェンヒドラミン

ジフェンヒドラミンを含む市販薬として『ドリエル』を選びました。

ドリエル』は市販の睡眠改善薬として有名ですよね。

エスエス製薬から2003年に発売されて、医師の処方なしで買えることから大ヒット商品となりました。

アツポン

市販の睡眠改善薬のほとんどは同じ成分(ジフェンヒドラミン)、1日の成分量も同じなんだよ。

ジフェンヒドラミンを成分とする睡眠改善薬は寝つきが悪い眠りが浅いなどの「一時的な不眠症状」に効果があります。

ドリエルの効果は30分から1時間で現れ、持続時間は7時間前後と考えられています。

お得なドリエル後発商品

ドリエルの後発商品

ドリエルと同じ成分の『リポスミン』なら、お得に低価格で購入できます。

アツポン

リポスミン…メッチャ安いやん!

リポスミンはドリエルの半額以下なんですよ。

販売価格1回あたりの価格
ドリエル1,600円/12錠約266円
リポスミン350円/12錠約58円

医療用のジェネリック医薬品を製造している皇漢堂製薬の商品であり、実績もある会社なので安心です。

ドリエルとの比較はこちらの記事「リポスミンで睡眠改善!ドリエルよりもリポスミンがお得」をどうぞ。

リポスミン リポスミンで睡眠改善!ドリエルよりもリポスミンがお得な理由、効果や成分も解説

2位 ウット

睡眠改善薬の市販薬おすすめランキング2位

ウットの成分

  • ジフェンヒドラミン
  • ブロモバレリル尿素(鎮静成分)
  • アリルイソプロピルアセチル尿素(鎮静成分)

ウット』は他の市販薬(ドリエルなど)に比べてジフェンヒドラミンの含量が半分ですが、鎮静成分が追加されています。

鎮静成分がストレスによるイライラやドキドキ感を抑えてリラックスさせてくれます。

鎮静成分とは?

鎮静成分は中枢神経に働きかけて不安や緊張状態を和らげる効果があり、穏やかなリラックス状態に導いてくれます。「ウット」に含まれる鎮静成分は古くから使われてきた成分であり、ロキソニンSの上位製品である「ロキソニンSプレミアム」にも痛み止めの補助成分としても含まれています(参考記事「ロキソニンSが頭痛や生理痛におすすめ!効果や副作用のまとめ」)。

3位 パンセダン

睡眠改善薬の市販薬おすすめランキング3位

パンセダンの成分

  • パッシフローラエキス
  • セイヨウヤドリギエキス
  • カギカズラエキス
  • ホップ乾燥エキス

パンセダン』はハーブ由来の植物性鎮静薬です。

植物性の鎮静成分によりストレスやイライラ感を軽減することで穏やかな睡眠が期待できます。

アツポン

植物性の鎮静薬だから穏やかな効果で副作用も少なく、初めて使うにはいいかもね。
パンセダンで睡眠改善 パンセダンで穏やかな睡眠!植物性でストレスやイライラ感を軽減

睡眠薬/睡眠改善薬のまとめ

市販の睡眠改善薬ではブランド力からも「ドリエル」の人気が高いですが、コスパを意識するなら同一成分の「リポスミン」がおすすめです!

アツポン

ジフェンヒドラミンを主成分にした商品が多い中で、リポスミンの安さはダントツだよ!

ジフェンヒドラミンに鎮静成分を加えた「ウット」、ハーブ由来の植物性鎮静薬の「パンセダン」もあるので、その特徴を知った上で、自分に合いそうな薬を選びましょう。

Amazonのプライベートブランドから格安な市販薬が発売されているので、賢くお得に購入して下さい!
どれもドラッグストアより安いので、家庭の常備薬を購入するのにオススメです。

Amazon限定の市販薬

アマゾン市販薬【PHARMA CHOICE】が安い!お買い得な理由とおすすめ商品を薬剤師が解説