ビジネスにもApple Watchが使える!仕事用おすすめバンドも解説

ビジネスにApple Watchを使う

仕事にもApple Watchを使っているアツポン( @Atsuponpapa)です。

職場でApple Watchを付けても良いのか、ビジネスの場で着用するのに抵抗がある人もいますよね。

ビジネスで使うApple Watchとその他の機器

高機能でビジネスにも活用できるシーンがあるので、仕事でもぜひ着用してみましょう。

アツポン
最近では職場でも見かけることが増えたよ。

本記事では、仕事でのApple Watchの活用方法や注意点、さらにビジネスシーンにも合うおすすめバンドを解説していきます。

ビジネスシーンに合わせるApple Watch

Apple Watchはランニングや健康管理で使うイメージがありますよね。

ビジネスにApple Watchを使う

たしかにスマートウォッチは心拍や睡眠を計測できるので健康管理は基本機能の一つになっています。

しかし、Apple Watchは他のスマートウォッチよりも仕事に使いやすく、ビジネスシーンにも合わせやすいんですよ。

ビジネスに浸透するApple Watch

最近では仕事にApple Watchを使う人も増えてきました。

私の職場でも見かけますし、実際に私自身も仕事で使っています。

ビジネスに浸透するApple製品

以前から研究職やプログラマーにはMacBookが多いですよね。

一般企業ではWindowsのパソコンが多いですが、社用携帯にはiPhoneが増えています。

ビジネスシーンに浸透するApple Watch

2020年時点の日本におけるスマホのシェアでもiPhoneが過半数を超えています。

参照:bitwave

ここまで普及したApple製品がビジネスシーンに登場するのは当然であり、Apple製の腕時計も違和感なく浸透しつつあります。

仕事にも使えるApple Watchの機能

メモ帳アプリカレンダーアプリはiPhoneと同期することでApple Watchからも確認できます。

Evernoteのアプリもあるので、Apple Watchでノートを確認することもできますよ。

ビジネスに使えるApple WatchアプリのEvernote

そして、会議や面談で重宝するのがボイスメモです。

iPhoneが手元になくてもApple Watchで録音できます。

議事録担当や聞き漏らしたくない会議なら便利な機能ですよ。

ビジネスに使えるApple Watchアプリのボイスメモ
ビジネスに使えるApple Watchアプリのボイスメモ

シンプルに駅すぱあと天気予報も便利です。

iPhoneを取り出さずに情報を確認できるので外出時に使いやすいですよ。

ビジネスに使えるApple Watchアプリの乗換案内
ビジネスに使えるApple Watchアプリの天気予報

ニュースアプリも豊富なので「AppleWatchで一番使いやすいニュースアプリを解説」も参考にどうぞ。

アプリの豊富さはApple Watchの特徴であり、仕事に使えるアプリも多いんですよ。

仕事のシーンで使い分ける

Apple Watchはビジネスシーンにも浸透しつつあり、違和感を感じる人は少ないでしょう。

仕事に使うApple Watchを解説

職場ではiPhoneを使って仕事のスケジュールやメールを確認したり、調べ物をすることも多いですよね。

同様な機能があるApple Watchに対しても身に付けていること自体をマナー違反と感じる人は少ないです。

ただ、面接商談の場、新入社員の研修など、馴染みのない人から評価を受ける場では避けたほうが良いとも感じます。

ビジネスシーンでのApple Watchの使い分け

特に年配の人の中にはスマホやガジェットに嫌悪感をもつ人もいるかもしれません。

アツポン
ギラついた時計よりも好感あるけどね。

また、バンドやディスプレイ表示の工夫でフォーマルな雰囲気に合わせることもできます。

バンドやディスプレイの工夫

アナログ腕時計でも文字盤の種類を買えたり、バンドなら付け替えることができますよね。

Apple Watchも同じ感覚でディスプレイ表示やバンドを変更できます。

ビジネスに合うディスプレイ表示

デジタル表示とアナログ表示があるので、シーンや好みに合わせて選びましょう。

ビジネスに合うApple Watchのディスプレイ表示

自分は仕事と兼用しているので、デジタルとアナログの要素を兼ね備えた時計表示にしています。

Apple Watchのディスプレイをアナログ時計と比較

正直なところ…

スマートウォッチは一定時間が経過するとスリープモードで消灯する製品が多いので、ディスプレイは自分好みで良いと感じます。

フォーマル向けなバンド選び

Apple Watchに付属しているバンドはスポーツバンドです。

アツポン
ランニングやフィットネスにピッタリなバンドだね。

Apple Watchの外観

Apple Watchでは様々なメーカーからメタルバンドレザーバンドが販売されています。

ビジネスに使うなら金属やレザーがおすすめですよ。

ビジネスに合うApple Watchのバンド

使うシーンや自分の好みに合わせて選んでみましょう。

ビジネスシーンに合うApple Watchのバンドを紹介していきます。

ビジネス向けApple Watchおすすめバンド

仕事でApple Watchを使う場合、スーツやビジネスカジュアルに合うバンドにしたいですよね。

仕事に使えるApple Watchのバンドを紹介

スポーツバンドはランニングや運動時にピッタリですが、スポーティーな印象が残ってしまいます。

ここでは3種類のおすすめバンドとコーディネートも解説していきます。

メッシュバンド

メッシュバンドは軽量で通気性が高いという特徴があります。

スペースグレイブラックのメッシュバンドの組み合わせはスタイリッシュな印象です。

ビジネスに合うApple Watchのメッシュバンドのブラック

ビジネスカジュアルとプライベートの両方に使いやすい組み合わせです。

また、Apple Watchとメッシュバンドをシルバーで組み合わせるとクラシックな印象になります。

ビジネスに合うApple Watchのメッシュバンドのシルバー

シルバーなら落ち着いた雰囲気になるので仕事にも使いやすいですよね。

メッシュバンドはApple Watchのカラーに合わせるとしっくりきますよ。

正式名称はミラネーゼ
金属がメッシュ状に編み込まれたミラネーゼはメッシュバンドとも呼ばれます。フィット感と耐久性の高さが特徴です。

おすすめのメッシュバンド

メッシュバンドならドイツに本社があるLAUTがおすすめです。

ビジネスに合うApple WatchのLAUT製品

LAUTのメッシュバンドであるSTEEL LOOPは強磁力バックル(マグネット)により簡単かつ無段階でサイズ調整可能です。

ビジネスに合うApple Watchのメッシュバンドの特徴

メッシュバンドの軽量かつ良好な通気性、さらに無段階で調整可能という高機能なLAUT製品はおすすめです。

Amazonの人気商品で1,000円程度で購入できる低価格なメッシュバンドもあります。

こちらも同様にサイズ調整はマグネット式で簡単ですよ。

金属バンド

金属バンドはビジネスシーンの腕時計のバンドとして見かけることが多いですよね。

Apple Watchでも金属バンドが販売されています。

ビジネスに合うApple Watchの金属バンドの単連タイプ

仕事で使う場合はシルバーが無難な印象ですが、ビジネスカジュアルが許されているならブラックもクールな印象でおすすめですよ。

ビジネスに合うApple Watchのメタルバンドのブラック

女性ならブレスレットと合わせることでエレガントな雰囲気にもなります。

女性向けのApple Watchの金属バンド

金属バンドの色選びは本体のカラーに合わせると良いでしょう。

おすすめの金属バンド

金属バンドで最初に確認しておきたいのはApple公式の金属バンドです。

Apple Watchのデザインに合った単連タイプのバンドが販売されています。

Apple純正の金属バンド

金属バンドの種類
金属のコマを1列に並べた単連、幅の狭いコマを複数並べた3連や5連のタイプがあります。

ただ、Appleの金属バンドは約5万円と高額なのがデメリットです。

同じ単連タイプでも3,000円程度で購入できる製品がHaotopから販売されています。

また、パソコンの周辺機器を扱うエレコムからは5連7連の金属バンドが販売されています。

ビジネスに合うApple Watchの金属バンドの5連と7連のタイプ

エレコムの金属バンドはビジネススーツに合わせるイメージで作られています。

ビジネススーツに合わせたApple Watch

5連と7連、シルバーとブラックの種類があり、金属バンドは選ぶ楽しみもありますよ。

レザーバンド

レザーバンドもビジネスシーンに合う組み合わせです。

シルバーの本体とブラウンのベルトの組み合わせはクラシックで渋い雰囲気が出ます。

ビジネスに合うApple Watchのレザーバンドのブラウン

ブラックのベルトもフォーマルにもカジュアルにも使えそうですよね。

ビジネスに合うApple Watchのレザーバンドのブラック

レザーベルトを装着可能なスマートウォッチは少なく、Apple Watchだからこその選択肢です。

レザーバンドの個性
レザーバンドは革の質感やバンドの厚み、縫い目の有無で印象が変わります。

おすすめのレザーバンド

レザーバンドなら米国カリフォルニアのNOMADがおすすめです。

ビジネスに合うApple WatchのNOMAD製品

NOMAD モダンストラップという製品名のとおり、スタイリッシュで現代風なデザインです。

Apple Watchの雰囲気に合うレザーバンドですよ。

ビジネスに合うApple WatchのNOMADののレザーバンド

白シャツやジャケットのコーディネートに合いそうなデザインですよね。

iPhoneの本皮ケースを扱うGRAMASからは低価格なレザーバンドが販売されています。

ビジネスに合うApple WatchのGRAMAS製品

カラーが豊富なのも特徴です。

高品質のイタリアンレザーを使用しているのに4,000円程度でお得ですよ。

まとめ:ビジネスにApple Watchを使う

本記事では、ビジネスシーンにも使えるApple Watchを解説し、仕事に合うおすすめバンドも紹介しました。

Apple製品はビジネスで使われることが多く、Apple Watchも違和感なく浸透しつつあります。

また、Apple Watchはバンドの種類が多いので、職場の雰囲気やシーンに合わせて使い分けることもできますよ。

アツポン
好みのバンドを探してみよう。

バンドを変えることで自分らしいApple Watchに仕上がるので、ぜひ試してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です