GanRiverのスマートブレスレットを解説!他と比較してみよう

GanRiverのスマートブレスレットを解説

この記事では、「GanRiver(ガンリバー)」のスマートブレスレットを解説します。

まず、GanRiverの特徴は…

安い!シンプル

です。

GanRiverはAmazonでレビュー数が多く、評価も高いのが特徴です。

GanRiverのスマートブレスレット

ただ、中国製スマートブレスレットの注意点(こちら参照 )もあるので読んでみてください。

実際には同じ価格帯で他にもおすすめの大手ブランドの製品もあります。

GanRiverはどんな会社?
他に良い製品はないの?

って方は、ぜひとも本記事を参考にしてみてください。

GanRiverとは?どんな会社

GanRiver(ガンリバー)YAMAY(ヤメイ)という中国メーカーが展開するスマートブレスレットのブランドです。

GanRiverとYAMAYの関係

YAMAYは中国の中小メーカー

YAMAY(ヤメイ)は中国のシリコンバレーと呼ばれる深センを拠点とする中小メーカーです。

実店舗を持たずにAmazonをプラットフォームとして展開しています。

GanRiverはYAMAYのブランド

YAMAY Electronics Co.ltd
スマートウォッチを中心に扱う社員100〜300人の中小企業です。参照:Yamay公式

YAMAYはAmazonに特化した販売戦略により低価格を実現しています。

安いけど分かりにくい製品ラインアップ

ただ、中国の中小企業にありがちなのが…

製品の違いが分かりにくい!

同じ商品なのにYAMAY公式ではYAMAYブランドのSW328として販売し、AmazonではGanRiverブランドとして販売しています。

GanRiverのスマートブレスレットの違いが難しい

さらに、届いた商品もYAMAYとGanRiverのパッケージが混在しているようです。

GanRiverのスマートブレスレットのYAMAYバージョン

Twitter @SilKySiX510

GanRiverのスマートブレスレットのオリジナルバージョン

Twitter @kintoki0822

中身は同じ商品のはずなので…

アツポン
気にしなければ大丈夫。

中国の大手ブランド

近年は中国メーカーがスマートフォン市場で勢いがあり、HuaweiXiaomiがAppleと互角に競っています。

GanRiverと同じ中国製スマートブレスレット

参照:IDC 2019

スマホ市場で勢いのある中国勢は4社あり、これらの大手メーカーなら安心感がありますよね。

GanRiverの親会社のYAMAYは中国大手ではない

中国大手メーカー
  • Huawei
    世界のスマホ市場で現在2位の巨大企業
  • Xiaomi
    中国のアップルとも呼ばれる後発メーカー
  • Oppo
    2018年から日本に進出した後発組
  • Vivo
    日本未進出であるが中国では4番目の実力

ちなみに、YAMAYはこれらのメーカーのような大企業ではなく…

中国においてもマイナーな中国製品です。

中国製スマートブレスレットの注意点

中国製のスマートブレスレットを使う場合には注意点があります。

日本語が読みづらい

まず、中国製品は日本語が読みづらいというデメリットがあります。

GanRiverの広告を見ても想像できますよね…

GanRiverのスマートブレスレットのパッケージ

アツポン
伝えたいことは分かるね。

説明書ディスプレイ表示に違和感がある点は留意しておきましょう。

セキュリティの懸念

GanRIverに限らず、マイナーな中国製品で心配になるのが…

どんな情報を収集してる?

個人情報は守られている?

というセキュリティの点です。

中国の大手アプリでも個人情報の収集と管理が怪しいので、中国の中小企業のアプリでは心配になります。

GanRiverなどの中国メーカーのアプリ

アツポン
IDやパスワードだけじゃなく、位置情報や心拍数も大切な個人情報なんだよ。

意図的に情報を収集していなくても、セキュリティ管理が緩いと個人情報が漏洩するリスクがあります。

大企業なら安心という訳ではありませんが、同じ中国製品でもスマートフォン通信機器で世界規模で展開している大手メーカーの商品がおすすめです。

GanrRiverではなくても、同じ価格帯でXiaomiも購入できますよ。

なぜ安い?中国製スマートウォッチの危険性

スマートウォッチの中国の危険となぜ安いのか解説なぜ安い?スマートウォッチの中国製の危険性と安心できるブランドを解説

GanRiverよりも安心の中国スマートブレスレット

実際のところ、GanRiverと同じ価格帯で中国大手メーカーからスマートブレスレットが販売されています。

アツポン
GanRiverよりも…こっちのほうが良いかも。

GanRiverよりもシャオミ

特にXiaomiのスマートブレスレットは評判が高い製品です。

GanRiverと同じ中国製スマートブレスレット

大手ブランドの製品が3,000円台で購入できるのでおすすめですよ。

実際に自分も使っており、とても気に入っています。

GanRiverと同じタイプのスマートブレスレット

ディスプレイも見やすく、デザインもお洒落ですよね。

GanRiverのスマートブレスレットよりも鮮明

スマートフォンの専用アプリとも連動させることで自分の健康状態を管理しやすくなりますよ。

もちろん、Xiaomiは日本法人もあるのでアプリも日本向けに作られています。

GanRiverのスマートブレスレットよりも読みやすい日本語

スマートブレスレットで音楽も操作できます。

GanRiverよりも操作しやすいスマートブレスレット

XiaomiのMi bandはコスパ抜群のスマートブレスレットです!

GanRiverを検討していたなら、同じタイプの中国大手のMi bandがおすすめです。

他にもスマートブレスレットをまとめた記事があるので、参考にどうぞ。

 おすすめのスマートブレスレットを解説

スマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチの違いを解説おすすめのスマートブレスレット/スマートバンド!スマートウォッチの違いも解説

まとめ:GanRiverのスマートブレスレットを解説

GanRiverは低価格なスマートブレスレットです。

ただ、マイナーな中国製品であり、同じ価格帯に大手メーカーの製品があることを踏まえると…

あえて買う商品ではない!

と自分は考えています。

同じスマートブレスレットならXiaomiMi bandがおすすめですよ。

スマホの専用アプリともスムーズに連携できます。

こちらもぜひ検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です