東京に暮らすパパのブログ

100均ダイソーにSR626SWはある?寿命や互換性の注意点を解説

100均ダイソーのSR626SW

どうも、ボタン電池に詳しいパパのアツポン( @Atsuponpapa)です。

ダイソーには腕時計に使われることが多いSR626 ボタン電池が販売されています。

アツポン
ダイソーで買えるんだね!

ダイソーのSR626SWボタン電池

他のセリアキャンドゥでも買うことができます。

ただ…探しているのはSR626SWだったり、他にもSR626Wがあったりします。

アツポン
互換性はあるのかな。

SR626SWを含めた3種類のボタン電池

本記事では、3種類もあるSR626電池を徹底解説し、実際にダイソーのSR626電池を腕時計(本来はSR626SWを使うべき)へ電池交換してみました。

SR626電池の違い
WとSWの違いにより、供給電力に差があります。詳細は「SR626のW/SWの違いと注意点」で解説しています。

SR626ボタン電池とは

ボタン電池はその組成から3種類(CR、LR、SR)に分けられます。

アツポン
種類の違いで名前の先頭が変わるんだね。
外観電池の種類特徴主な使用製品
酸化銀電池
(SR)
寿命直前まで電圧がほぼ一定であり、
精密機器に使われる。
腕時計、体温計、計測器など
アルカリボタン電池
(LR)
酸化銀電池より安く製造でき、
幅広い分野で使われる。
腕時計、電卓、歩数計など
リチウムコイン電池
(CR)
電圧が高くて自己放電が少ないので、
長期間使用する製品に使われる。
携帯ゲーム機、リモコン、ライトなど

この素材により電池の特性が異なっており、さらに形状やサイズで型番が決まっています。

SR626SWを含めたボタン電池の名称一覧表

SR626は酸化銀ボタン電池に分類されます。

SR626のW/SWの違いと注意点

リチウム電池(CR)やアルカリ電池(CR)は直径厚さのサイズの違いで名前の後半の数字が異なっています。

アツポン
これなら分かりやすいよね。

ダイソーで紛らわしいボタン電池のサイズ比較

酸化銀電池(SR)の場合も数字の部分はサイズを指しています。

SR酸化銀電池のサイズ比較

しかし、酸化銀電池(SR)では末尾にSWWアルファベットも付いています。

アツポン
この末尾が重要ポイントです。

ダイソー以外のホームセンターでのSR626電池の販売状況

この末尾の違いは電解液の違いを示しています。

電解液の違いにより、供給電力に差があり、用途も異なっています。

酸化銀電池のWとSWの違い

SR626W

SR626SW

供給電力の違い

ハイパワー

電解液に水酸化カリウム水溶液を使用

ローパワー

電解液に水酸化ナトリウム水溶液を使用

用途の違い

デジタル時計

バックライトやアラーム機能などの消費電力の高めな多機能時計

アナログ時計

文字盤の針を継続して動かす程度の消費電力の低めなアナログ時計

サイズは同じ

SR626の規格

直径6.8mm、厚さ2.6mm

SR626の規格

直径6.8mm、厚さ2.6mm

SR626はどっち?WもSWも付いてない!

SR626の解説

ダイソーを中心とした100均で販売されているタイプはSR626です。

SR626の電解液は水酸化カリウム水溶液です。

つまり、電池の種類としてはハイパワーのSR626Wと同じはず。

SR626SWとSR626は同じように使える可能性

ただ、説明書にSWWまで指定されている場合は基本的に指定の電池を使うようにしましょう。

パナソニックのQ&Aにも種類の違いと用途は下記のとおり書かれています。

記号電解液用途
W水酸化カリウムデジタル時計
SW水酸化ナトリウムアナログ時計
なし水酸化カリウム一般機器

互換性は?3種類の違いと実際は…

SR626は同じ酸化銀電池で同一サイズが3種類もあることになります。

ただ、実際はタイプが違っても使えそうな気がしますよね…

そこで、WSWを気にせず使った場合にどうなるのか解説していきます。

SR626WとSR626SWの実情

パナソニック公式のQ&Aを参考にすると、W指定の機器にSW電池を使うと電力不足に、SW指定の機器にW電池を使うと短寿命になる可能性があります。

SR626SWとSR626Wを実際に使った場合の図解

ただ、注釈に加えたようにW指定のアナログ時計にはSW電池も使えたり…なんともスッキリしない感じです。

アツポン
結局は機器の使用電力によるわけだね。

SR626の実情

ソニー公式のボタン電池互換表を参考にすると、ソニー製のSR626はSR626WとSR626SWの両方に使えます。

ソニー製SR626はどちらにも使える

ただ…これはソニー製の場合であり、他メーカーのSR626が同じように両方に使えるとは限りません。

電池の組成の観点では、SR626SR626Wと同じなのでハイパワー向けと考えておくと良いでしょう。

アツポン
酸化銀電池の違いは…本当にスッキリしないな。
基本は指定の電池を使うべき
説明書でSやSWまで電池のタイプが指定されている場合は従いましょう。

ただ、SR626SWがないからSW626を妥協して使いたい…そんな状況もありますよね。

まさに自分がその状況だったので、アナログ腕時計(SR626SW指定)にSR626電池を交換した流れがこちらです。

ダイソーのSR626SWとSR626Wの実情

まず、ダイソーではSR626WSR626SWを扱っていません。

ダイソーにSR626SWがない

ただ、ダイソーにはSR626というSR626WでもSR626SWでもない悩ましいタイプが販売されています。

SR626SWの代わりに使うダイソーSR626

SR626の他店舗での販売状況、さらに実際に腕時計の電池をSR626へ交換した手順も解説します。

  • 100均と他店のSR626の品揃え
  • 腕時計をSR626へ交換

ダイソーと他店のSR626の品揃え

ダイソー、セリア、キャンドゥなどの100均ではSR626WとSR626SWは販売されていません。

同じサイズのSR626なら販売されています。

ダイソーのSR626の販売状況

時期や店舗で異なる

同じ100均でも時期や店舗により品揃えが異なります。また、SR626SWが今後発売される可能性もあるかもしれません。

ホームセンターではSR626SWが販売されていますが、値段は結構高めです。

ホームセンターではSR626SWがある

そして、ダイソーのアナログ腕時計(SR626SW使用)のテスト電池をダイソーで購入したSR626電池へ交換してみました。

ダイソー腕時計にSR626を電池交換

テレビリモコンやLEDライトなら電池交換しやすいですよね。

腕時計の電池交換は時計店や家電量販店に依頼するべきですが…

今回は自分でアナログ腕時計を電池交換(SR626SW → SR626)してみました。

ダイソーSR626を使用して電池交換

100均ダイソーの腕時計に最初から入っているテスト電池(SR626SW)を新品(SR626)に交換していきます。

同じくダイソーの精密ドライバーを使いました。

SR626SWの電池交換に使用する工具

実際にSR626電池交換に挑戦しましたが、手先の器用さが求められる作業です。

アツポン
なんとかSR626SWを取り出せたよ!

ダイソー腕時計から取り出したSR626SW

そして、本来の指定ではないSR626へ電池交換しましたが、ちゃんと動いています。

SR626SWからSR626へ電池交換後の時計

高級腕時計の場合は傷つけたり故障させる可能性もあるので自分での電池交換は避けましょう。

SR626SWの交換にはリスクがある

腕時計のSR626電池交換の作業はこちらの記事を参考にどうぞ。

 ダイソーの腕時計の電池交換を実践

ダイソー腕時計の電池交換ダイソー腕時計の電池交換を実践!全パターンを100円、300円、500円で工具を使ってやってみた

まとめ:100均ダイソーのSR626電池を解説

本記事では、100均ダイソーのSR626電池を解説しました。

酸化銀電池(SR)は身近で使われる電池ですが、似た型が3種類もあって奥が深いです…

SR626SWなどの酸化銀電池は表示が複雑

一部では互換性もあって使えるようですが、故障や短寿命の原因になる可能性もあるので、指定された電池を選ぶのが無難です。

アツポン
買う前にSR626の型番をチェックしてね。

ダイソーなどの100均にSR626WとSR626SWはありませんが、SR626なら扱っています。

ホームセンターならSR626SWもありますよ。

Amazonや楽天ならどのタイプも揃っているのでおすすめです。

アツポン
型番をしっかりチェックしよう。

他にもダイソーの電池に関する記事があるので参考にどうぞ。

100均ダイソーのSR626や他の電池と腕時計

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です