東京に暮らすパパのブログ

徹底解説!スマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチの違い、おすすめ商品も解説

スマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチの違いを解説

どうも、スマートウォッチ好きのアツポン( @Atsuponpapa)です。

最近、健康管理や活動量の記録を目的としたスマートバンドスマートブレスレットが増えてきましたよね。

アツポン
値段も低価格でお手頃だよ。

スマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチの違いを解説

スマートバンドなら1万円以内で購入できる商品も多くあります。

しかし、スマートウォッチとは何が違うんでしょうか。

本記事では、スマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチの違いを解説していきます。

スマートバンドとは?スマートウォッチとの違い

スマートバンドとは、スマートブレスレットウェアラブルブレスレットとも呼ばれますが、いずれもフィットネスや健康管理に重点を置いたウェアラブル端末です。

その名のとおり、バンドやブレスレットのように細身なデザインが特徴です。

スマートバンド/スマートブレスレットの特徴は細身のデザイン

そして、スマートウォッチに比べて機能が抑えられているので低価格という点が嬉しいですよね。

スマートウォッチとの違い

まず、スマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチはディスプレイのサイズが異なります。

低価格で人気のMiスマートバンドApple Watchを比較してみます。

スマートバンドとスマートウォッチのディスプレイを比較

このようにスマートバンドのほうがディスプレイが小さく軽量という特徴があります。

ベルトもスポーツバンドでフィット感があります。

スマートバンドとスマートウォッチのバンドの比較

フィットネス時に着用したり、長時間着用しても違和感ない製品となっています。

ディスプレイはスマートウォッチに比べて小さいものの、縦長なデザインを活用して情報をしっかり表示してくれます。

スマートバンド/スマートディスプレイのディスプレイの特徴

いずれのブランドでもカラー展開が豊富で可愛らしいデザインも多くなっていますよ。

スマートバンド/スマートウォッチのカラーバリエーション

機能面の違いも解説していきます。

機能面の違いを比較

スマートバンドはコンパクトなデザインで軽量であり、フィットネス日々の活動の記録に重点を置いた機能になっています。

様々な機種がありますが、共通している機能は以下のポイントです。

アツポン
もちろん、スマートウォッチとしても使えるよ!
スマートバンドの特徴
  • 歩数や心拍数の計測
    光学式センサー(LED)により心拍などを計測
  • カロリー消費量や移動距離の表示
    GPS非搭載でも歩数と身長・体重も考慮して表示
  • 電話着信やメール・LINEの通知
    基本的に音声での通話や入力はできない
  • 音楽の操作
    スマホ側の音楽再生を操作可能
  • 天気予報、ストップウォッチ、アラーム
    機種により様々な追加機能が搭載

スマートウォッチとの機能面の違いとして、電子マネー音声による通話・メッセージ送信に対応していない機種が多いです。

ただ、機能が抑えられているので低価格なのにバッテリー持ちが長いという特徴もあります。

スマートバンド/スマートブレスレットの充電風景

バッテリー持ちが長い
Apple Watchはフル充電しても1日持ちませんが、スマートバンドはバッテリーが1週間程度持つ製品が多いです。

他にも中国製のスマートバンドでは血圧や体温を測定できる製品もありますが、注意点もあるので理解したうえで購入しましょう。

スマートバンドの選び方の注意点

スマートバンドの機能は各社で似ています。

アツポン
歩数や脈拍などカラダから得られる数値は同じだからね。

GPS搭載の有無

スマートバンドではGPS搭載の有無で値段が大きく変わります。

アツポン
GPS搭載モデルだと5千円くらい高くなるよ。

ただ、GPSが非搭載の場合でも、スマートフォン側から位置情報を取得し、歩数計機能で移動距離を推定するので、特に不便さは感じません。

スマートバンド/スマートブレスレットのフィットネス機能

そもそもApple Watchの画面ですら地図を見るには小さいので、スマートバンドの場合には割り切ってGPS非搭載のモデル低価格で購入しましょう。

スマホとの相性

ほとんどのスマートバンドがiPhoneAndroidを問わずに問題なく使えます。

ただ、同じメーカーで揃えると機能が使いやすかったり、便利な点もあります。

iPhoneとApple Watchの関係がまさに典型例です。

スマートバンド/スマートブレスレットはスマホとの相性も大切

他にも、ファーウェイのスマホなら同社のスマートバンドHUAWEI Band、サムスンのGalaxyシリーズなら同社のGalaxy Fitです。

Appleからスマートバンドタイプは販売されていないので、人気のシャオミの格安スマートバンドもおすすめですよ。

スマートバンド/スマートブレスレットの外観

実際に自分もApple WatchよりもシャオミのMiスマートバンドを使っています。

アツポン
安いのに防水性だから汚れも気にせず使えるんだよ。

スマートバンド/スマートブレスレットのおすすめ商品

スマートバンド/スマートブレスレットはスマートフォン大手の中国メーカーや米国のフィットビットから販売されています。

スマートバンドのおすすめ商品を紹介していきます。

シャオミ Xiaomi

シャオミはスマホメーカーとして成長し、現在はloT家電も扱う総合メーカーになっています。

シャオミのMiスマートバンドを解説

スマートウォッチではMi スマートバンド(Mi Band)があります。

この商品の最大のメリットは3,000円台で購入できる 低価格 な点です。

スマートバンド/スマートブレスレットのシャオミ

低価格の理由としてGPS機能が搭載されていないことがあります。

それがデメリットでもありますが、スマホと連動して位置情報を取得したり、歩数計測機能により移動距離を推定してくれます。

アツポン
GPS非搭載をカバーする充実ぶりだね。

スマートバンド/スマートブレスレットを楽しむ

Mi スマートバンドは軽くて付け心地も良いんですよ。

ファーウェイ Huawei

ファーウェイは通信機器メーカーとして急成長し、現在はスマートフォンやウェアラブル端末も扱う大手ブランドです。

HUAWEIのスマートバンド

ファーウェイからはスマートウォッチのHuawei Watch GT、スマートバンドのHuawei Bandが販売されています。

HUAWEIのスマートバンド/スマートブレスレットとスマートウォッチ

Huawei Bandの競合はまさにXiaomiのMi スマートバンドです。

Xiaomiの製品と比較しても機能的に大きな差はないので、デザインや値段で決めると良いでしょう。

ちなみに、Huawei BandはGPS機能の有無で値段が異なるので注意してください。

フィットビット Fitbit

Fitbitはスマートバンド型のウェアラブル活動量計の元祖です。

米国のメーカーであり、フィットネス向けの機能に定評があります。

スマートバンド/スマートブレスレットのFitbit

中国製品に比べると若干高めの価格設定であり、Fitbitの高価格帯のモデルでは機能も多いのでApple Watchのように使えます。

スマートバンド/スマートブレスレットの高機能なFitbit

低価格帯のモデルにInspireがありますが、値段は約1万円でHuaweiやXiaomiよりも高めです。

スマートバンド/スマートブレスレットのFitbit Inspire

Fitbitの特徴はフィットネスの強みアプリの充実です。

特にFitbitは睡眠のトラッキングに力を入れており、アプリでスコア化された睡眠データを見ることができるんですよ。

Fitbitの睡眠計測機能

また、睡眠などのデータやトレーニングの記録を管理しやすく、楽しみながら続けられるアプリになっています。

スマートバンド/スマートブレスレットのFitbitの特徴

健康管理やフィットネスが主目的ならFitbitもおすすめです。

まとめ:スマートバンドとスマートウォッチの違い

本記事では、スマートウォッチとスマートバンド/スマートブレスレットの違いを解説しました。

明確な違いは見た目着け心地であり、スマートバンドは細身のコンパクトなデザインです。

スマートバンドとスマートウォッチを並べた外観

スマートバンドとスマートウォッチで機能面の明確な線引きはありませんが、スマートバンドはフィットネス機能を重視している傾向があります。

アツポン
スマートウォッチにも搭載されていることが多いけどね。

そして、スマートウォッチよりもディスプレイを小型化し、機能を抑えることで低価格を実現しています。

スマートバンドを身に着けた写真

値段を重視するなら中国製(Huawei、Xiaomi)フィットネス機能アプリを重視するならFitbitもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です