東京に暮らすパパのブログ

シンセティックレザーとは?合成皮革と人工皮革の違いも解説

シンセティックレザーを解説!人工皮革と合成皮革の違いも

皆さん、シンセティックレザーをご存知ですか?

英語では”Synthetic Leather”と書きます。

アツポン
本皮ではないことは分かるね。

100均でもシンセティックレザーが販売されており、広く使われる言葉になっています。

シンセティックレザーの商品

シンセティックレザーはフェイクレザーであり、衣服や家具など身近な商品に使われているんですよ。

本記事の内容
 シンセティックレザーとは
 合成皮革と人工皮革の違い
 人工皮革の実用例

本記事ではシンセティックレザーを解説し、合成皮革人工皮革の違いも説明します。

これを読めば、シンセティックレザーのことが理解できますよ。

シンセティックレザー(人造皮革)とは

ここで注意すべき点は、海外と日本でSynthetic leather(シンセティックレザー)の指す範囲が異なる点です。

海外のシンセティックレザーと日本の合成合皮と人工合皮の違いを図解

海外では人工的に作られた革はすべてシンセティックレザー(Synthetic leather)です。

日本では合成皮革(Synthetic leather)人工皮革(Artificial leather)で明確に区別しています。

アツポン
フェイクレザーと呼ばれることもあるよね。

海外ではSynthetic leatherに対してFaux leatherやImitation leatherといった用語も使われています。

シンセティックレザーと合成皮革&人工皮革

海外では人工的に作られた革をシンセティックレザーと総称しますが、日本では合成皮革人工皮革に明確に分けられます。

合成皮革と人工皮革の違い

日本では合成皮革(Synthetic leather)人工皮革(Artificial leather)が明確に分けられています。

そのポイントは 構造 です。

アツポン
人工皮革は動物の皮膚構造から再現しようとしてるんだね。

合成合皮と人工合皮の違いを図解

合成皮革の構造

合成皮革は、を土台に合成樹脂(ポリウレタンなど)を塗布して表面を天然革のように仕上げています。

シンセティックレザーの合成合皮の構造を図解

人工皮革の構造

人工皮革は、天然革の組織構造に似せたマイクロファイバーを土台に合成樹脂を染み込ませ、さらに表面に合成樹脂を塗布して天然革のように仕上げています。

シンセティックレザーの人工皮革の構造を図解

人工皮革のほうが内部構造も含めて天然皮革に近いんですよ。

人工皮革の緻密な構造
人工皮革は超極細繊維(マイクロファイバー)を立体的に絡み合わせることで、天然皮革の表面だけでなく内部のコラーゲン層まで再現しています。参照:日本化学繊維協会

合成皮革と人工皮革の特徴

ここまで合成皮革人工皮革の構造の違いを解説しました。

アツポン
構造が違うと、どんな影響があるのかな。

基本的に人工皮革のほうが合成皮革よりも優れています。

人工皮革が優れている点
 耐久性
 触感
 加工性

土台に布を使う合成皮革よりも、マイクロファイバーで内部構造から天然皮革を再現した人工皮革のほうが耐久性は高いです。

また、値段人工皮革のほうが高いです。

100均や手芸屋のフェイクレザーは?
100均や手芸屋で入手可能なフェイクレザーの生地は基本的に合成皮革です。

シンセティックレザーの実用例

合成皮革は幅広く出回っており、フェイクレザー生地として低価格で手芸屋でも入手できます。

人工皮革は日本を代表する素材メーカーである旭化成、クラレ、帝人、東レが手掛けています。

主な人工皮革
 旭化成:ラムース®
 クラレ:クラリーノ®
 帝人:コードレ®
 東レ:ウルトラスエード®

クラリーノはランドセルで使われたり、コードレはスポーツ用品に使われたりしています。

クラリーノとコードレの実例

参照:土屋鞄、帝人

ウルトラスエードは自動車のシートやスニーカーのアッパー部分などにも使われています。

ウルトラスエードの実例

参照:東レ

人工皮革の加工性の良さを生かして、様々な製品に活用されているんですね。

アツポン
人工皮革の製造から活用まで動画で見れるよ!

表示ラベルの記載
日本では人工的な革は「合成皮革」と記載し、内部に立体構造を有する繊維層をもつ場合に「人工皮革」と記載できます。参照:消費者庁

まとめ:シンセティックレザーとは?

本記事では、シンセティックレザーを解説し、日本における合成皮革(Synthetic leather)人工皮革(Artificial leather)の違いも解説しました。

アツポン
表面だけでなく内部構造まで再現したのが人工皮革だね。

100均や手芸屋で入手できるフェイクレザーは基本的に合成皮革です。

100均で販売されているシンセティックレザーの実例

人工皮革は加工製品の素材として流通しており、私達の身近な商品にも使われています。

日本で「シンセティックレザー」は合成皮革を指しますが、海外では人工的に製造されたすべての皮革を指すことに注意しましょう。

他にも関連する記事があるのでどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です