パパブロガー アツポンの休日

【Cocoon】初心者ブロガー&雑記ブログにおすすめ!メリットを総まとめ【WordPressテーマ】

Cocoonは初心者ブロガーと雑記ブログにおすすめなWordpressテーマ

どうも、薬剤師パパブロガーのアツポン( @Atsuponpapa)です。

レンタルサーバーと独自ドメインの契約後、初めて導入したWordpressテーマが「Cocoon(コクーン)」でした。

Cocoonは使いやすいWordpressテーマ

現在は「SANGO」でブログ運営していますが、Cocoonの凄さを改めて実感しています。

自分の場合、SANGOのデザイン性が気に入ってテーマ変更しており、Cocoonの機能に不満があったわけではありません。

アツポン
最初に出会ったWordPressテーマがCocoonで良かったよ!

もしブログ初心者の方でWordPressテーマに悩んでいたら、まずは無料かつシンプルな「Cocoon」をオススメします!

本記事の内容
Cocoonは初心者ブロガーに最適

 機能面の高さを解説

 シンプルなデザインの活用法

Cocoon」の最大のメリットは有料テーマに負けない機能を誇りながら無料である点です。

アツポン
お金がないパパブロガーには無料は嬉しいよね。

また、幅広いジャンルを扱う雑記ブログとして運営を始める初心者ブロガーの方にも「Cocoon」はおすすめです。

アツポン
シンプルなデザインはどんなジャンルにも使いやすく、途中で路線変更もしやすいよ。

本記事では、パパブロガーが雑記ブログや初心者ブロガーさんに「Cocoon」をおすすめする理由、その高機能かつシンプルなデザインの活用事例を紹介します。

Cocoonは初心者ブロガーにおすすめ

Cocoon」はシンプルなデザインで使いやすく、無料のテーマであることから、これからブログを始める初心者ブロガーさんにおすすめです。

アツポン
実際に使ってみて感じたよ。

自分はITやパソコンに強いわけでもなく、本業も全然関係ない業界で働くパパブロガーです。

そんな自分がブログ開始初期に「Cocoon」を使い、その後に運営が軌道に乗り始めた頃に有料テーマの「SANGO」へ移行して改めて感じたCocoonの良さがあります。

Cocoonのメリット

  • ビジュアルエディターが使いやすい
  • 機能面の守備範囲が広い
  • SANGO風やJIN風にカスタム可能
  • 無料なのに有料テーマと遜色ない

では、超初心者であったパパブロガーのアツポンが実体験から1つずつ説明します。

Cocoonのメリット

初心者パパブロガーの自分が感じたCocoonのメリットは4つあります。

① エディターが使いやすい

HTMLやCSS、ショートコードを知らなくてもCocoonは大丈夫!

ネットを調べると、SANGOやJINも初心者向けと書かれていますが、そのデザイン性や機能性を引き出すにはHTMLやCSSの知識は必要であると感じました。

アツポン
CocoonからSANGOに移行した直後は難しくて記事をまともに書けなかったよ。

吹き出しと商品リンクでCocoonとSANGOを比較してみます。

吹き出しの比較

記事中の吹き出しはテンポを良くし、文章が読みやすくなりますよね。

アツポン
キャラから感情も伝わるしね。

Cocoonのビジュアルエディターでは吹き出しは完成イメージ通りの表示です。

CocoonとSANGOの比較

一方、SANGOではコードが表示されて、その間に文を記載します。

CocoonとSANGOの比較

自分はこれまでに仕事やプライベートでもこのようなコードに触れたことがなく、SANGOにテーマ変更した直後は後悔しました。

アツポン
これで記事を書けるかな…完成が想像できない…

そう感じる人であれば、まずはCocoonでブログ運営にチャレンジしてみるのがおすすめです。

Cocoonであれば予め設定しておくことで、ビジュアルエディターの画面から吹き出しを簡単に挿入できます。

商品リンクの比較

収益化を考えると、Googleアドセンスだけでなく、Amazonや楽天アフィリエイトの商品リンクも使いたいですよね。

Cocoonは予め商品リンク機能が付いています。

アツポン
プラグインなしで商品リンクも作れるよ!

Amazonや楽天のIDを設定しておけばビジュアルエディターから簡単に商品リンクを作成できます。

Cocoonで商品リンクの作成

一方、SANGOでは別途プラグインが必要になります。

SANGOで必要になるプラグイン

  • 吹き出しの管理:AddQuickTag(ショートコードの保存)
  • 商品リンク作成:Rinker

SANGOでもプラグインを使えばCocoonと同じことができますが、ブログ開始当初の自分にはオールインワンで使えるCocoonがピッタリでした。

アツポン
いずれはコードに慣れたほうが良いんだろうけどね。

Cocoonの機能は多彩であり、わいひらさん(Cocoon作成者)のマニュアルを見ることで不明点を解決しながら進めることができます。

 Cocoon公式サイト

② 機能面の守備範囲が広い

Cocoonは多くの機能が装備されており、必要なプラグインは最小限で済みます。

必要なプラグインが最小限

他の有料テーマでは以下のプラグインが必要になることがあります。

Cocoon以外のテーマで必要になるプラグイン

  • Table of Contents Plus:目次作成
  • WordPress Popular Posts:人気記事の表示
  • All in One SEO Pack:SEO対策

プラグインが多くなると、初期設定や使い慣れるのに時間が掛かりますし、サイト速度を低下させる要因にもなります。

特にWordPress Popular Postsは速度を低下させるプラグインとして有名です。

また、CocoonはSEO対策も充実しているので、All in One SEO PackといったSEO対策系のプラグインも不要です。

アツポン
プラグインが多いと自分は管理しきれなかったよ。
プラグインでの失敗談
WordPressテーマとプラグインの両方でGoogleアナリティクスを設定してしまい、PV数の急増と直帰率の激減を経験。また、プラグインの機能が競合して表示崩れやエラーで焦る。Cocoonはテーマ側で一通り設定できるので便利ですよ。

失敗を経験したからこそ、はじめから機能が備わっているCocoonは初心者に優しいWordPressテーマであると感じています。

Cocoonを導入すると、ブログ初心者も記事の執筆作業に集中できます。

アツポン
Cocoonで早めに記事執筆の習慣を身につけよう!

 

Cocoonで使っていたプラグイン

  • Akismet Anti-Spam:スパム対策
  • Google XML Sitemaps:サイトマップの作成と送信
  • Broken Link Checker:リンク切れの把握
  • Contact Form 7:問い合わせフォームの設定
  • Regenerate Thumbnails:画像サイズの調整

③ スマホやモバイルに優しい

Googleは利用者が急増しているスマホやモバイルでの見やすさを重視しています。

参考 モバイルファーストインデックスの開始Googleウェブマスター向け公式ブログ

Cocoonはモバイルフレンドリーなサイトを重視しており、その1つであるAMP対応も簡単に設定可能です。

AMPとは?
AMPはGoogleが推奨しているコンテンツを高速に表示させる手法です。独自のHTMLの記述ルールやキャッシュの仕組みを使うことで、モバイルサイトが一瞬で高速表示されます。

SANGOJINはAMPに対応してなく、プラグインを入れる必要があります。しかし、AMP対応にすると特有なデザインや装飾が崩れる可能性があるので注意が必要です。

アツポン
このブログもAMPには対応していません。

CocoonはシンプルなデザインだからこそAMPに対応でき、その設定も簡単です!

AMPへの対応は設定画面の「AMP」タブから「AMP機能を有効化する」にチェックを入れるだけです。

CocoonでAMP対応

AMPの注意点
AMP対応によりページ表示速度の高速化という大きなメリットがありますが、トラブルが多いのも現状です。コンテンツや広告も含めて対応している必要があり、こだわった装飾は崩れやすく、デザインの修正は初心者には難しいというデメリットもあります。(参考:AtoOne AMP対応とは?概要と対応方法や導入の注意点)

④ カスタマイズで自分好みに

Cocoonの特徴はシンプルなデザインカスタマイズのしやすい設計です。

雑記ブロガー初心者ブロガーが幅広いジャンルを扱いながらブログを続けていき、自分好みのテイストを見つけてからカスタマイズすることも可能です。

アツポン
自分好みのカスタマイズを探しながら、HTMLやCSSを学ぶのがおすすめだよ!

SANGO風JIN風のカスタマイズが様々なサイトで公開されているので紹介します。

SANGO風にカスタマイズ

CocoonをSANGO風にカスタマイズ

SANGO」はGoogleのマテリアルデザインを採用しており、可愛くて優しい雰囲気があるWordpressテーマです。

SANGOはお洒落なWordpressテーマ!カスタマイズやプラグインを紹介 【SANGO】お洒落なWordPressテーマ!おすすめのカスタマイズサイトやプラグインも紹介

CocoonをSANGO風にカスタマイズするコードはこちらの各サイトで紹介されています。

SANGO特有なマテリアルデザインへ
参考 「Cocoon」まるごとカスタマイズ講座【簡単】リスブロ

SANGO風なタイトルや見出しへ
参考 Cocoon SANGO化計画ゴブゴブログ

SANGOの目次デザインを導入
参考 Cocoonの目次をSANGO風にカスタマイズして有料テーマに空目させる方法ReMeMoRe

JIN風にカスタマイズ

CocoonをJIN風にカスタマイズ

JIN」は使いやすさとデザイン性を兼ね備えており、初心者にも扱いやすいWordpressテーマです。

CocoonをJIN風にカスタマイズするコードはこちらの各サイトで紹介されています。

JIN風なサイドバーへ
参考 Cocoonのプロフィールボックスを有料テーマJIN風にカスタマイズPLUSPLUS

JIN風な箇条書きへ
参考 コピペで簡単JIN風のカワイイ箇条書きを作ってみた!おおもとブログ

Cocoon限定カスタマイズ

ぽんひろ.com」ではCocoonに特化したカスタマイズが紹介されています。

アツポン
Cocoonユーザーは必見だよ!
参考 Cocoonカスタマイズまとめ!ぽんひろ.com

SANGO風やJIN風に限らず、Cocoonには様々なカスタマイズが公開されています!

初心者ブロガーさんは記事執筆を積み重ねながら、自分好みのデザインを探してHTMLCSSにもチャレンジしてみましょう。

コーポレートサイトの作成にも

Cocoonはシンプルでカスタマイズしやすい設計であることから、コーポレートサイト作成にも活用できます。様々なスキンから好きなデザインも選べるのが特徴です。(参考:ゆりブログ サクッとコーポレートサイトを作成できる!無料テンプレート3選)

⑤ 価格は無料!Wordpressテーマとの比較

WordPressで人気のテーマ(SANGO、JIN、STORK)と価格を比較します。

アツポン
Cocoonは圧倒的に安いね。違う、無料だ!
テーマCocoonSANGOJINSTORK
値段無料¥10,800¥14,800¥10,800

人気の有料テーマは1万〜1万5千円が多く、さらにSANGOはその良さを引き出すために子テーマ「PRIPU」やプラグイン「SANGOサポーター」も有料で販売されています。

その有料テーマにも負けず、シンプルさ機能の高さを有する「Cocoon」が無料というのは大きいですよね。

雑記ブログにもおすすめ!PV数や収益化の手応えを掴む

Cocoonは雑記ブログを始めるブロガーさんにもおすすめです。

自分の場合、ジャンルを定めないまま雑記ブログとして開始し、ブログ運営を進める中で得意なジャンルが分かってきました。

アツポン
ブログ開始当初は手応え探しだよね。

「Cocoon」を使用した最初の5ヶ月間で、PV数収益化の手応えを掴みつつ、HTMLCSSにもカスタマイズで触れた上で、次のステップとして次のテーマ「SANGO」を選びました。

Cocoonを使った5ヶ月間
PV数と収益化の手応えを掴む

HTMLやCSSに触れる

自分好みのデザインを探す

ブログ開始時期に設定やデザインのカスタマイズに時間を費やすよりも、「Cocoon」を使って色んなジャンルの記事作成にチャレンジしましょう。

アツポン
シンプルなデザインだから雑記ブログにも合うよ!

月間10万PV&収益10万円までのパパブロガーの道のりはこちらを参考にどうぞ。

副業ブログで初心者パパブロガーが月間10万PVと収益10万円を達成した道のり 【副業ブログ】初心者パパブロガーが月間10万PV&収益10万円を達成した道のり

Cocoonのまとめ

Cocoon」で雑記ブログを始めたパパブロガーが「SANGO」へ変更して改めて感じたCocoonのメリット雑記ブログ&初心者ブロガーへおすすめする理由をまとめました。

Cocoon」の良さはシンプルさ高い機能、そして無料という点です。

SEO対策も十分に備わっているので、自分のような初心者ブロガーが最初に使うWordPressテーマにはピッタリです!

アツポン
無料だからパパブロガーの懐にも優しい!

ぜひぜひ「Cocoon」を活用して、ブログ生活を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です